« 至近 | トップページ | 韓国の海運業者の倒産 »

2016/09/11

不具合対応

少し早いのですが、車の1年点検に行ってきました。
不具合と言えるようなものは特になかったのですが、始動時にMMI(Multi Media Interface ナビ、Audio、TV、携帯電話などをコントロールする機能)がフリーズすることがたまに(これまで2~3ヶ月に一回の頻度。累計4回)あったことだけ告げました。(ブレーキダストがひどい、間欠式ワイパーが雨センサーのせいでコントローラブルじゃないとかは、ごにょっとだけ言った)

すると、他の車(A1)でもかなり発生しているらしく、MMIのバージョンによってはアップデート対策できるかもしれません、と言われました。

んー。

自分の車は2015年に購入していますが、形式的には16年式なので、アップデートは恐らく可能だろうケド、それで仮に直っても微妙だな、と思いました。

なぜなら、

1)まずそんなにトラブルが発生しているなら、リコール案件ではないか。

2)アップデート可能ではない形式だったら対応はどうするのか、明確ではなかった。

リコールとしないまでも対策がある時点で、客(所有者)には知らせるべきですよね。点検でディーラーのところに来て、不具合を告げられたら案内するっていう消去的な対応は、顧客対応としてはNGです。

仮に形式的対応付加な場合、ソフト(MMI)の入れ替えが可能なんでしょうか。
システム丸ごと入れ替えとなるとかなり大変そうです。その辺を丁寧に対応するのかどうか、ってあたりに客商売の質が問われると思うのです。

この不具合、自分の場合はリセット(Tone+決定+右上の同時押し)で解決するレベルだったので正直、「不具合」というほどの認識はありませんでした。
対応可能なバージョンだったのでアップデートしてもらいました。
このほか、走行距離が1万4千を超えていたのでオイル・フィルター交換(Audiは1万5千キロごとの交換、もしくは減ってきたら足す)、ワイパー交換をしました。
タイヤの空気圧も調整したらしいのですが、あとで自分が見たら微妙な調整。
そのほか諸点検。

今回(も)、営業は顔を見せず。メカニックの方が丁寧に対応されていました。
車の購入した際の営業さんが車の引き渡し時期に退社されたんで、今の営業氏とは引渡しのときにしか顔を見ておらず、最近では顔を忘れてしまいました。
多分、今後二度とこの営業氏に会う事はあるまい。。。

1年点検の費用はAudi Freeway Planのため、ゼロ円でした。

|

« 至近 | トップページ | 韓国の海運業者の倒産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不具合対応:

« 至近 | トップページ | 韓国の海運業者の倒産 »