« 気象庁から | トップページ | 九州外の人にはわかるまい( ̄ー ̄)ニヤリ »

2016/08/15

終戦の日 (2016)

今日は終戦の日です。

自分達の世代からすると嘘みたいな話ですが、「終戦」といって、何の戦いが終わったのか知らない人が増えてきてるようです。

とはいえ、自分もその戦いを実際には経験してはいません。

自分の親が、満州で生まれたとか、大分空襲に遭った、という話を聞くくらい。

自分が生まれ育った場所が、かつての帝国海軍の基地だったため、そこかしこに戦跡があったり、「防空壕」が遊び場でした。

時は過ぎてゆきます。

記憶もいずれ薄れていくことでしょう。

ただ、戦争という外交の最終手段は悪であり、それを選ばざるを得ない、という思いに至った時点で恥ずべきことであることを、伝えていくしかありません。

戦いというのは勝ちがあって負けがあります。

スポーツの戦いならばいざしらず、現代の人を殺しあう戦いにおいて勝っても負けても双方大きな痛手を被ります。

領土のためとか、民族の誇りのためとか、信じる神のため、というような理由で戦争をし、殺しあうなんて、まったく計算が合わないことです。

どこの国も、表向きは国を守るために軍隊を持ちます。

日本ですら、憲法で禁じているはずの軍隊を持っています。

「じえいたい」なんて言葉遊びをしながら。

今日、お天ちゃんが「深い反省」という言葉を使い、これからの平和な未来を願う想いを語りました。

なぜ反省すべきなのか、あの時代の「日本人」がの大人たちが何をしてきたのか。

平和を求めつつ伝えていくべきことをしっかりと認識していきたい、と思います。

|

« 気象庁から | トップページ | 九州外の人にはわかるまい( ̄ー ̄)ニヤリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日 (2016):

« 気象庁から | トップページ | 九州外の人にはわかるまい( ̄ー ̄)ニヤリ »