« 英世君は大勢いらない | トップページ | 福井の原発再稼働 »

2012/07/09

国会事故調の最終報告書

国会事故調の最終報告書が出ました。
巷間のニュースの解説は踏み出し方が弱いです。もしくは方向が間違っている。

ポイントは

○事故の直接的な要因は津波だけではない。地震そのものによるダメージも考慮せよ。
○事故防止に対する対策検討が先送り・骨抜きになったになったこと。(人災、とする所以)
○事故が起こった際、政府の介入は不要。命令系統は明確にせよ。

でしょうか。
人災、となっているので災害を導いた人(たち)がいるわけですが・・・
一番の悪人は誰か、といえば「東京電力」となっています。
(大きなくくりで言えば、原子力ムラ、となるのでしょう。規制当局、すなわち原子力安全・保安院の罪も非常に重い。)

対策の仕方 ⇒ 東電の見識の甘さが原因。
対策検討の先送り・骨抜き ⇒ 東電の都合優先が原因。
政府の介入を導いた ⇒ 東電の拙劣な事故対応が原因。

東電(その他の現行の電力会社)だけに原子力発電を運営維持させることは、非常に危険なことです。
この検証を受けて、もう一度事故に対する東電の賠償や今後の対応ついて考え直す必要があると思います。

今回の報告書に対して、物足りない部分がいくつかあります。
原発そのものは地震、津波に対して、当時出来うる限りの対応を取っていれば今回の事故が防げたのかどうかについて。
突き詰めれば、原発の是非について。
この点に関しては触れていません。
畑村さん達が行っている、政府事故調の報告が待たれます。(7月下旬に報告予定)

さて、ニュースによると、国会ではこの報告書を受けて、どうすべきか検討に入ったそうです。
順序が逆じゃないですか。
報告書内容によって対応を変える、と言うことがあってはならないはずです。
この調査を行う前に目的は決まっていたのではないですか?。
報告書にはいくつか提言があるので、その提言を実行する(立法化する)にはどうすべきか、が検討されるべき内容では?
それが「国会」事故調の報告書を受けた、国会議員のあるべき姿だと思うのですが。

日本の政治家が馬鹿にされよるんは、こういう当たり前のことができんけんじゃと思いますね。

|

« 英世君は大勢いらない | トップページ | 福井の原発再稼働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会事故調の最終報告書:

« 英世君は大勢いらない | トップページ | 福井の原発再稼働 »