« 今日から | トップページ | 歯医者 »

2010/06/03

日本のリーダー役を翻弄するアメリカの影?

今日の熊本は一日中天気よかったみたいな・・・
相変わらず外の様子がわからないまま一日が過ぎていく日々です。
まぁ、だから休日になると余計に外に行きたくなるんでしょうね。
結果的に家の中にいる時間は少ないです。
さて夜8時でも外気温計28℃でした。
きっと真夏日だったんでしょうね。

帰宅してTVを見ると次期首相の話題で持ちきりです。

沖縄の話はどうなるんですかね。
考えてみれば、

実行不可能な日米合意
をしてしまった後に、結果的にはその片方の責任者がその影響もあって辞めざるを得なかったわけだから、
この日米合意は無かったようなもんじゃないだろうか。
そこまで言うのは言い過ぎかもしれないが、
到底実行不可能
なことを承知で結んだアメリカ側にも責任はあるわけだしね。
もしそれが判ってなくて、本気で次期政権は合意内容を遂行すべし、なんてのんきなことを言っているならアメリカの分析能力もたいしたはないし、到底有事に通用する能力が無いとわかる。
まぁ、のんきというか、傍若無人だからこそ、世界の嫌われ者になりうるんだけど。
 
普天間の件は簡単じゃないよ。
つか、このまま簡単に終わらせちゃいけないことです。

 

一方、大陸のほうでは。
中国は少しづつ変わってきているようです。
そんな事件がありました。

ホンダの系列(中国でも「ケイレツ」ってあるんでしょか?)部品工場で激しい暴動を伴う賃上げ目的のストライキがあってた模様。
日本人の駐在社員と現地の工員の所得格差が50倍とか・・・
向こうの工員の手取り1万3000円に対し、駐在日本人社員は66万か・・・
ホンダの海外駐在ってもらえるなぁ。
ホンダの場合がすごいのか、報道が誇張されているのか、はっきりしたことはわかりません。
ですが、今後確実に中国の経済成長と共に、国民ひとりひとりの収入水準も上がってきます。
これは、中国はいつまでも格安工場じゃないぞ、ということ。
世界の工場、といわれる中国の製造コストが上がれば、世界で物価高が起こります。

となると・・・
インフレ?

|

« 今日から | トップページ | 歯医者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のリーダー役を翻弄するアメリカの影?:

« 今日から | トップページ | 歯医者 »