« 城の話のついでに | トップページ | 酒と仕事と車(男の人生、一生懸命!) »

2008/04/28

ナスカ遊覧飛行機、緊急着陸

今日、ネットニュースを見ていたらこんな記事がありました。

-------------------------
ナスカ遊覧飛行、邦人機緊急着陸・ペルー、けがなし

 【リオデジャネイロ=共同】鳥や動物などの絵で知られる南米ペルーのナスカの地上絵を見るため
、日本人12人を乗せて遊覧飛行していた地元航空会社アエロコンドルの小型機が27日午前(日本時間
同日午後)、エンジントラブルを起こし、地上絵わきの幹線道路に緊急着陸した。
在ペルー日本大使館によると、日本人乗客にけがはなかった。
 12人は地元旅行代理店が手配した車に移り、観光を続けたという。
 地元ラジオ局RPPは、操縦士がエンジンの異常音に気付いて着陸したと報じている。
ペルーの運輸・通信省は同日、アエロコンドルに当面の運航停止を命じた。
 ナスカの地上絵は、日本人観光客も多く訪れる南米有数の観光地。遊覧飛行では今月9日、別の航
空会社の小型機が墜落、乗客のフランス人5人が死亡する事故があったばかり。(12:27)

-------------------------

きっと地上絵脇の幹線道路って「パンアメリカンハイウェイ」でしょう。
自分が乗った飛行機もアエロコンドルでした。
パイロット含めて4人乗りの小さな飛行機でした。
操縦機器が目の前にあって、かなり楽しかったです。
今回、トラブルがあったとはいえ乗客が無事で何よりでした。
多少のトラブルがあっても、旅の思い出は安全であってこそだとおもいます。
アエロコンドルや他の航空会社の整備状況が改善され、ナスカの地上絵のすばらしさがより安全に体
験できることを望みます。

 

 

080428nasca_monky_080126

(2008年1月26日 サルの地上絵 ナスカにて by Powershot710IS

大きさは110mと巨大。マリアライヘ女史は天体との関連を指摘し、サルの地上絵に大熊座を重ねたらしい。)

|

« 城の話のついでに | トップページ | 酒と仕事と車(男の人生、一生懸命!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナスカ遊覧飛行機、緊急着陸:

« 城の話のついでに | トップページ | 酒と仕事と車(男の人生、一生懸命!) »