« ペルーのガソリンスタンド | トップページ | ペルーの側面 »

2008/02/01

ペルーの車

ペルーの車はパラオに劣らず古い、と書きました。

いきなりですがフォルクスワーゲンのビートル。
今は洗練されコンパクトな感じに生まれ変わっています(ニュービートル)が、この先代のビートルは世界で最も多く生産されたモデルとしてギネスに載っています。

エンジンはインプレッサと同じく水平対向4気筒で、駆動系レイアウトはポルシェとおなじくRRです。
自分は今のニュービートルよりも、この先代ビートルの形が好きでした。

1938年から2003年まで長きに渡って生産されたこのモデルは世界中で愛された名車中の名車といってもいいんですが、リマ市内ではわんさか走っていました。

080201beetle

いやもう、懐かしいッたらありゃしない。
しかも路肩に止まってエンスト起こしている車の多くも、このビートルでした。(笑

ペルーには車検がないそうです。
車検を法制化しようという動きはあるらしい(過去にもあったらしい)のですが、多分通らないでしょうね、とはあちらのツアー会社の方のコメント。

ビートルに限らず、とにかくぼっろい車が町中を駆け巡っています。
いや、ひょっとするとビートルは綺麗なほうかもしれない。(汗
あっちこっちぶつけた後があったり、パネルやバンパーなんかが外れかかってたりしてます。
ホントによう走っとるなーと思いました。

国籍で言うと日本車よりも韓国車が多く、特に大宇(デウ)の車がかなり多い気がしました。
日本で言うと多分旧型アルトのようなデザインの黄色いタクシーが走っていますが、これもデウ製。
マイクロバス風のバスもデウ製。ヒュンダイのバンやバスも多く走っていました。
旅行期間中、リマからナスカまで陸路を片道7時間かけて走っていきましたがこのときの車はヒュンダイ製のミニバンでした。
車種はよく分からんけど、車格に対してエンジンがいまいち非力な感じ。内装はまぁまぁ立派。

080201hyundai

日本車は日本から中古車を輸入して右ハンドルを安価に左ハンドルに変えて販売されているらしいです。
社会インフラが左ハンドル向けオンリーなので右ハンドルではどうにもなりそうにありません。
もともと左ハンドル車仕様で安い韓国車が多く出回っている理由もここにあるのでしょう。
ハンドル変える手間まで含めて日本車もそこそこの数が走っているのはすごいことかもしれません。
日産やトヨタのピックアップトラックも多かったですがこれは北米から回ってきた中古車でしょうか。
あとトヨタ・ヤリス(日本名はヴィッツ)とかターセル(特にセダン型が多かった)とかもありました。
日本車(スズキとかダイハツ)の軽っぽいのも走っていますが排気量や車種がいまいち分かりませんでした。

この辺の車がまた古いだけじゃなくてチョーボロイ。「チョー」が一個だけじゃ全然足りないかも。
前述のようにパネルは外れかかっているわ、傷だらけだわ、どっかのジャンク屋からスクラップ寸前のものを持ってきたのか、と思ってしまいます。

マフラーから真っ黒い排煙を吐き出しながら、クラクションをブーブーけたたましく鳴らして走る姿は唖然とします。
日本ではありえないでしょう。
そんなぼろい車にぎゅうぎゅうづめで人が乗っています。
ワゴンのタクシーなんかもあって後ろの荷台にも人を乗せるらしいです。
とにかくまぁ車を酷使しております。

タクシーも一般的な車の範疇から外れた車も数多くあります。
いわゆる3輪車タイプの車、形は今のミゼットⅡみたいなんですが幅は広めで当然複数人乗り仕様です。
正式な名前がなんていうのか知りません。
上とは別にバイク風で後輪が2台のバイクを並べた3輪車にしたようなものも多いです。
ホンダの看板の前にズラーッと並んでいましたから、ホンダ製であることは間違いないんですが。

080201honda

これ、考えたのってやっぱ日本人なんですかねえ。

ペルーくんだりまで行って車だけ見てきたのかよ、って言われそうですが外国の車事情って見ているとけっこう面白いですよ。

さてさてペルーの首都リマでいっぱい見かけたいろんな形のタクシー。
これらのタクシーやバスは運賃がすごく安いらしいです。
タクシーはともかく、マイクロバスを利用した乗り合いバスなんかは運転主とは別に客の呼び込みする人も乗っています。
街角でバス待ちの人がいると、「~へ行くよ~」と行く方面(土地の名前よりも通りの名前を言うらしい)を大声で叫びます。
行き先が合う人はそのバスに乗り込み、1ソル(3~40円)払います。あとは降りる場所が近づいたら運転手に言うだけ。
です。つまり全線共通運賃でしかも3~40円の値段でどこでもいけちゃうんですね。

安い。

ガソリンスタンドの項でも言いましたがこれらの車は最安のガソリンを入れます。
それでも11ソレス/ガロンくらいはかかるわけですから常に満員にしてないと元が取れないのでは?と思うのですがねえ。
あんな車じゃ燃費もよくないだろうしねえ。

|

« ペルーのガソリンスタンド | トップページ | ペルーの側面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルーの車:

« ペルーのガソリンスタンド | トップページ | ペルーの側面 »