« 出っ張ってきた! | トップページ | 後講釈 6月6日(火) »

2006/06/06

アクロポリス・ラリー

先週末、WRC第8戦 ギリシャ アクロポリス・ラリーが開催された。
今年から、サービスパークなどラリーの本拠地が首都アテネに置かれ、スーパーSSはオリンピックスタジアムで行なわれた。
確かに、生のWRCを多くの人に見てもらう、という点でこの選択は間違っていないと思う。

結果は
1位はフォードのグロンホルム。
レグ1から安定して首位を独走。
前回サルディニアでは惜しくも優勝を逃していただけにグラベルのグロンホルムの面目躍如、といったところ。
2位はローブ、3位はヒルボネン。

スバルのペター・ソルベルグはレグ2でまさかのリタイア。状況があまりに驚く内容で「ありえねー」と思わず声がでた。
それまではローブと2位争いをしていただけに惜しい。復活したレグ3では最後のスーパーSS以外のグラベルステージすべてトップを取っているだけにさらに悔しい。今年は勝利の女神から嫌われてしまったのか。結果7位に終わっている。

これから9週間、長い休養を取って次戦第9戦ラリードイツ は8月に行なわれる。

|

« 出っ張ってきた! | トップページ | 後講釈 6月6日(火) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクロポリス・ラリー:

« 出っ張ってきた! | トップページ | 後講釈 6月6日(火) »