« 評価損率(多分2回目) | トップページ | 荒海誌、週間交易帳より »

2006/01/19

過剰反応

日経平均株価、2日で926.85円の下げ。
日本市場、日本の投資家、日本市場への投資をしている人々、
それらの見識が問われている気がする。

ちょいと皆さん、過剰に「びびり過ぎ」なんじゃありませんかい?!

今回の下落、巷で言われているように単にライブドアのせいとかマネックスによる追証不安だけが原因では無いと思っている。
信用取引が過大になっていたことや、初心者の多い市場だったこともあるんだろうと思う。
これまでの上昇のピッチの早さも大きく影響しているのではなかろうか。
そう思えば、一時の押し目、という気もする。

心配はいらんかな。

こんな時に株は放置で相場・経済のお勉強♪

ちなみにこの『押し目』だが、
問われた見識を正しく、速やかに、公平に使わないと長くなりそな悪寒~
アメリカのエンロン問題とかを思い出すね。

|

« 評価損率(多分2回目) | トップページ | 荒海誌、週間交易帳より »

コメント

押し目には、紙押し目と布押し目がある。(違うてば)
皆さん早くオシメが取れる市場にしましょうね。特に東証にはきつく申しておきます。

こらー、マーケットメンテナンス怠ると鉄筋のしっかりと入ったコンクリでオシメするぞー。

投稿: ナッシュマルクト | 2006/01/19 01:58

オシメしょの2

S信、去年600円台で拾い、1200円台でカラ売り、1000円台で買い戻し、税引き後取得原価ゼロになりました。めでたしめでたし。

投稿: ナッシュマルクト | 2006/01/19 22:50


オイラはその昔、「布」のほうだったらしいッス<押し目

なんだ、もう反発しちゃったのか。<闘将
でもライブドアの件解決してないですのよねん(#^.^#)

投稿: ポン吉 | 2006/01/20 01:36

こんばんは。
ナッシュさん、東証オシメ、座布団一枚♪
東証が止まったとき、掲示板に書いてくださったこと一番に思い出しました。海外の方から見ればお子ちゃまなんでしょうね。

今回の件で、追証でまた元の木阿弥になった方がいます。
株を始めたのはITバブルの終わりがけ、資金600万で始めたそうです。ソフトバンクを8000位で安いと思って買って、その後ナンピン3回、底で手放し、資金は3分の1。
仕事の傍らバイトして再度の資金を増やし、ようやく今回の上げで総資産が元に戻ってたって喜んでた。その後一進一退。
一気に資金を増やそうと信用開始したのが去年の10月。くれぐれも枠一杯に買ってはいけないと忠告したんだけど、ダメだったみたいで枠90%ぐらいまで新興銘柄中心に買って、急落1日目ストップで売れずに2日目に追証発生。ライブドア関連買ってたわけじゃないんだけどね。
現金がないため利の乗った現物を売り清算。現物株の残りと清算した金額の残りを合わせて200万ぐらい。

かなり落ち込んでいたけど、それでも神様が守ってくれたんだって励ましました。来週の下げもかなりきついはず。現物分が残っていれば何とかなると言いました。

信用で家を売った話とか聞くけれど、実際にこういう体験をした人が身近にいると本当に怖い。
別に変な人ではない普通の人なんだけどね。地味に暮らしてるし。

急落する前日、信用の含み益だけで結構な金額になるって自慢してた。正直書くとちょっと羨ましいところもあったの。独身で親と同居してるしね、私よりずっとリスクがとれるのが羨ましかった。

ゆっくりでいいやって思う。
攻めるばかりじゃなく、守ることだって同じくらい大事なんだって。私という器に応じたやり方で資産を守り暖めていけたらいいと思っています。

ちょっと感情的になってしまった!!
長くなってごめんなさい。

投稿: Poket | 2006/01/22 00:48

Poketさん
失礼を承知であえて言いますが、その人株にむいてません、センスもテクニックもありません、お止めになったほうがいいです。

投稿: ナッシュマルクト | 2006/01/22 15:45

こんばんは

個々人の投資に関してはいろいろ異見があるかと思います。
私が「思いやり」を重視している事は既にご存知の事と思っております。
私の知っている方々のいろんな異見の底流には「思いやり」ベースでかかれているものと信じていますので、そこんとこよろしく。
とくに私にはね。
え?、とか言わんでよぉ♪ ^ ^


さて、
Poketさん
株は怖い一面を多分に持ってますね。
信用取引はもっと怖くてあっしはまだ手出しが出来ておりません。

>私という器に応じたやり方で資産を守り暖めていけたらいいと思っています。

守り暖めていけたらいいと~、の表現が特に素敵だな、って思いました。


ナッシュさん
あっしに引導渡す場合はメールでお願いします
京都で美味しいお酒でも一緒に飲みながら、ぐさりと止めを刺すのもアリ、です(^o^)

投稿: ポン吉 | 2006/01/23 02:12

ポン吉さん
私は昔フランクフルト大学教授だった是川銀蔵さんのご子息にたいへんお世話になりました。そのご縁でお父上是川銀蔵さんとは何度かお話する機会があった中で、「世の中には酒を飲まずに飲まれている人が見受けられる
酒飲みが酒飲みに忠告するのは心苦しい極みであるが、株の世界も同じで株に飲まれている人がでる。信用取引で損が出ても笑いとばしている人は見込みがあるが含み益を吹聴する人は見込みが無い。大切な友人なら、お止めなさい、と言ってあげるのが思いやりです。」とお聞きしました。住友鉱山の折に産金地の取得に住友を喝破した氏の言葉だけに重みがあると思いますよ。
Poketさんやポン吉さんは大丈夫ですよ。

投稿: ナッシュマルクト | 2006/01/23 03:13

こんばんは

ナッシュさん
ありがとうございます。
是銀さん、こと是川銀蔵さんのことは昔、IRネットよく見てたので知ってましたが、大学教授だったんですか。
世の中狭いんだか、ナッシュさんの顔が北の大地ほども広いのか・・・(^^ゞ

株とお酒。
どちらも、飲まれたら痛い目にあうことでは共通してますね。
今の市場参加者は酩酊しているのでしょうか。

かくいう自分も泥酔いして、大切な友人、とまではいかなくても、呆れ果ててかける言葉すらない、とならないように慎まねば。

投稿: ポン吉 | 2006/01/24 00:12

ポン吉さん

是銀さんおの息子さんは鉱物分析のご専門で私の先輩でもあり、とてもよい方でしたが、残念ながら早世されました。

北の大地→南のリゾートぐらいにして置いてください。

飲んでもいいけど飲まれてはいけません。
酔ってもいいけど酔っ払ってはいけません。
そして誰かの負けは誰かの利益です。

投稿: ナッシュマルクト | 2006/01/24 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過剰反応:

« 評価損率(多分2回目) | トップページ | 荒海誌、週間交易帳より »