« 11/30 日経平均15000円達成 | トップページ | 今日、明日は研修です »

2005/12/01

日経平均終値で15000円突破。

現在値 15,130.50(大引)
前日比 + 258.35 (+ 1.737%) 
始値 14,914.75
高値 15,130.50
安値 14,880.18

騰落レシオ            133.65% +1.41%

いやはや、すごいね、強いねぇ(この台詞ばっか言ってる気がする)
銀行も強かったようなので、不動産もまだ上昇余地アリかな?
待ち伏せしてたらそのままつい寝込んでしまって失敗したのかな、って感じ。
クリード(+7.46%)とかエスコン(+11.85%)とか。

 
明日は金曜。
んーどしよかな~様子見ながら今日下げてた(25日線タッチ)(株)菱和ライフクリエイト (東証2部:8896)あたりを打診買いしよかな。

|

« 11/30 日経平均15000円達成 | トップページ | 今日、明日は研修です »

コメント

こんにちは

米国のクリスマス商戦如何によるけど、来年2月ぐらいにGやFがこける可能性が有るんじゃないかと思ってます。

投稿: ナッシュマルクト | 2005/12/04 11:08

こんばんは
んーFとかGって、企業か国名か、はたまた米か日の業種なのか?

ナッシュさんの守備範囲が広いせいで絞れません。(なんて人のせいにしています。(^^ゞスンマセン

FとかGでまず思ったのは国でした。FranceとGermany
でもなー、もうユーロなんだし。いまさら個別国名もなー・・・
そしてアメリカのクリスマス商戦如何によるなら企業か業種か?
FはFood、食品関係? Gは???

続きは明日、乞うご期待!(って誰も期待してないって?

投稿: ポン吉 | 2005/12/05 03:21

ヒント:車

投稿: ナッシュマルクト | 2005/12/06 00:46


んーよくわかりませんが
まずはGのドイツDAX
2003/3/14に安値2403.19
2005/12/5は5307.99
ずっと上げ1本調子のようですが、現在の大きな波は2004年8月末から続いているようです。

そしてF、フランスってなんだっけ・・・


とここまで書いててナッシュ先生からヒントが。

うほっ!さすがにこのヒント、あっしにはピンときました。
そうですか・・・。トヨタが値上げ、とか言ってるそばから値下げ商戦してウォール街の人々から顰蹙(ひんしゅく)買ってるのでは?とか懸念してますが、やっぱ危なそうなんですね。

経済ではなく、車、という観点からすると、GとFは消費者のつぼを押さえた車作りがまだまだ出来てないので、今しばらく低迷が続くとみてます。
日本の会社の場合(あえて三菱とは言いませんが)、それがすぐ倒産ってならないけど、米はドライだからトコトン落ちちゃうかもしれないですね。

んーそうなると余波がどのくらいこちらにくるか?世界的に見てどうか?それがプラスかマイナスか。
考える事はたくさんありそうです。

2月頃って、Gスパンの退任後なのかぁ、たまたまその時期なのかナ・・・?

投稿: ポン吉 | 2005/12/06 01:38

例えば主要Airが乗客などのインセンティブとしてマイレージがあり、諸事情により顧客減があり、止めは年金であった様に同じ構図が出てくるでしょうね。CP市場などを見てると如実に判ります。

投稿: ナッシュマルクト | 2005/12/06 02:01

諸事情、ってところが全体なのか個別なのか、ですごく興味を引かれますね。
AirもCarも基本的には個別だと思いたい。
米国で景気が浮揚されている中で人の行き来が減っている、ってのは考えにくい。
ひょっとしてIT化、Net高速化が人の動きを封じているのか。
米国の不動産価格伸び率が西海岸と東海岸で同じ時期に上げ下げしているそうです。(NHK-BSより)
昔同じような不動産バブルがあったときには、時間差があったそうな。
これもNetのなせる業かな、と考え込んでしまう。
心配性かもしれませんが、Net社会が先々「レミング」現象を引き起こすのではないか、って不安が頭をよぎるんです。

ちょっと例えが極端でした。(^^ゞ

投稿: ポン吉 | 2005/12/07 01:59

ヒントしょの2:ミーム

昔、幸島の猿が海水で芋を洗った。しょの時あらゆる処で海水による芋洗いが始まった。
これを、伝播(ミーム)と呼ぶ。
個体連鎖形質なのか、ツールによって加速するのか孵化器となるのか?

最近確認されたことだが、あの海豚でさえ子殺しを行なう。

今の日本はどうだ?

投稿: ナッシュマルクト | 2005/12/07 02:20

こんばんは

ミームについてちょっと調べてみました。
伝わる媒体がなければ成立しないもの、として考えました。

>今の日本はどうだ?

は難しい命題です。

都市化が進んだり、IT化が進んだり、ニートが増えたりして媒体間の関係(コミュニケーション)が希薄になりつつある中で、ちょっとしたことが伝播率の高い媒体にする可能性もある。(表現が矛盾しているのですが、人間の心理の多様性からすると矛盾では無いと考えます)

ミームが秩序正しく働く為には何がひつようなのか?
「教訓」や「経験」?
それは媒体のどちらか一方側にありさえすれば良いのか、媒体が共通して備えている必要があるのか。

そんなものがなくても勝ち残り、生き残る破滅的なミーム(一意的に動いてしまう集団心理、それが悪い方向で示現されたものを、自分が例えに使ったレミング現象)も事実であり現実。

今日のジェイコムショックで対象がわからず売り叩かれた証券株(みずほ以外)、という現象はミームの結果でしょうかね。

**********

「ミーム」が「ネットバトン」と表現しているサイトもありました。
ナッシュさんとオイラのかけあいも、ミームの生み出したもの、といえますね。

すいません。勝手に思考を広げてしまってます。

投稿: ポン吉 | 2005/12/09 01:02

ヒントしょの3:DNAとRNA
ドーキンスが利己的としたが、相互干渉の結果は?

投稿: ナッシュマルクト | 2005/12/09 04:03


DNAとRNAがヒントですか・・・
物理専攻の自分にとっちゃ、ちと難しいですが。
生物学的なアプローチを説明しているサイトもありました。
文化・情報の伝わり方を遺伝子的に説明しよう、ということらしいですね。
これがその「DNA・RNA」につながるんでしょうね。
「種の起源」的な考えでいけば、数ある情報の中でも信じやすい、理解しやすい情報だけが伝わっていく、ってことでしょ。
優性遺伝みたいな。

それは、ユリウス・ガイウス・カエサルの言った、
「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。 多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない。」
と言う事と同じなのかなぁ。

ひっくるめて、人間やそれを取巻く文化や情報は常に利己的(しか生き残れない)、ってことでしょか。

相互干渉・・・んー・・・。
ナッシュさんが先に書いた幸島のサルの芋洗いは相互干渉の産物ですよね。
はじめのサルが真に利己的で芋洗いの行為を独占しようとしたら広まらないし、周りのサルも利己的で自分のやり方に満足していたら他者の真似をしようとしない。

不思議だけど、利己的なものは結局突き詰めていけば自分だけがかわいいのであり他は必要としないのに、比較対照がなければ利己的を利己的として確認できない。

他のサイトにこんな記述がありました。(やや表現変えています)
「ミームによる文化の進化と、遺伝子による人間の進化とが、相互に影響を与えあって共進化するという考え(二重伝承理論)」


投稿: ポン吉 | 2005/12/10 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均終値で15000円突破。:

« 11/30 日経平均15000円達成 | トップページ | 今日、明日は研修です »