«  大家好!  | トップページ |  『リコーの憂鬱』   »

2005/05/09

 インプレッサのある風景  

050509imprezac

GWが終わって、一ヶ月ぶりくらいに自分の車に乗り込む。
窓もボディもやや汚れが目立つようになっている。遠目にはわからないだろうが。
キーを回し、イグニッションをかける。小気味良いスターターの音と共に一発でエンジンが回りだす。
久しぶりに聞く水平対向エンジンの音や振動が懐かしい。
エンジンの調子は悪くなさそうだ。
少しばかり間をおいて、ゆっくり走り始めた。
すこし目線を上げれば街路樹のハナミズキがピンクの花(ホントは花じゃないらしいが)を咲かせ、目線を下げるとツツジが満開だ。
木々や花たちが鮮やかな初夏の香りを漂わす中、青いインプレッサは道路をひたすら走る。

シフトチェンジの流れ、クラッチのつなぎ方は実は自分はあまり上手くない。
ギアチェンジのタイミングはこうだ、と教えるサイトもあるがあまり参考にならない場合が多い。
何故なら、車の運転技術は常にその時の状況に応じたベストな方法があり唯一の方法などない、と思っているからだ。
それはゲームの経験値のようなものなので、場数を踏んで徐々にレベルアップしなければならない。

さておいて、しばらく走って見て、上手くはないにしろギアの調子も悪くないようだった。
ブレーキがすこしごつごつしていたが、それも何度か街中のストップアンドゴーを繰り返すうちにスムーズになった。
走り始めたときにはフューエルメーターの針が一番下の目盛りの上にあったが、程なく警告ランプが点いた。
インプレッサWRX Stiは満タンで60リッターのガソリンが入るが、残りおよそ15リッターになると警告ランプが点灯する様になっている。
残量15リッターで点灯、って早すぎないかーとは最初思った。誰もがきっとそう思うはずだよ。
リッター7~8キロ走っても100km以上は走れる事になる。いくら燃費が悪くったってこれはちょっと慎重過ぎだと思う。
ちなみにこれまでの平均燃費は9.0km/L、である。

ガソリン入れなければと思い、いきつけのGSに行く。
またガソリン価格が値上がりしていた。

あ痛たたぁ・・・

|

«  大家好!  | トップページ |  『リコーの憂鬱』   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  インプレッサのある風景  :

«  大家好!  | トップページ |  『リコーの憂鬱』   »