P+燃費

2015/11/26

燃費にやさしい走り方

急に寒くなってきました。
23時過ぎの外気温が8℃台前半。朝は10℃台でした。
うひー、さみー。
このまま週末の土曜日くらいまでが寒さのピークで、その後は少し寒さが緩むようです。

11月も今週で終わりって考えると、寒さも季節相応ですかねえ。
コンビニでは年賀はがき、ホームセンターでは来年のカレンダーや手帳が並んでいますよ。。。。

さて、これまでも何度か書いてますが、プレオプラス(元車はダイハツ、ミライースのスバルOEM)は、燃費の良い、お財布や地球環境にやさしい乗り物です。ただし、

・走らせ方(運転の仕方)によって燃費が変動します。
・走る道の状態によって燃費が大きく変動します。
・走る際の外気温によって燃費が大きく変動します。

140817pleop02
道の状態や外気温は選択できない場合があるので多くは書きませんが、
・道はすいているほうが燃費向上
・信号や交差点が少ない道(つまりブレーキを踏む頻度が少ない道)は燃費向上
・カーブが多い道より直線の道のほうが燃費向上
・気温は15~25℃くらいが燃費向上
・雨天より、晴天のほうが燃費向上
というところです。
道順が選べる場合は上記を目安に走ったほうがいいでしょう。
もちろん、大幅な遠回りをするのは無意味です。

さて、走らせ方によって改善する燃費は個人の力で(ある程度)コントロールできます。
・停止状態からのスタートでは、アクセルの踏み方は極力やわらかく、時速30kmまで5~8秒(じんわり)、時速50kmまで15秒かける。
・(前走車次第なところもあるが)目標の速度(目安は時速50km)に近づいたらアクセルを少し抜く。
・前走車との車間距離は車一台が割りこんでも気にしない程度に開ける。(こうすることで自分の走行ペースを極力保持可能。安全面や精神衛生面もメリット大)
・目標の速度になったら前車との間合いを計りながら、アクセルに軽く足を乗せて一定の速度を維持する。
・ブレーキをなるべく使用しない。
・前の車のさらに前の車のテールランプや車列、道の先の信号を見ながら車間距離を開ける。(離れた前車との車間をあわてて詰めようとしない。)
・前方の様子(前の車ではなく更に前の方の状態)を見て動きが止まりそうであれば、早めにアクセルから足を離して、惰性で走りエンジンブレーキで減速。ここでもなるべくブレーキを使わないようにするのが良い。
・ブレーキを踏むのは惰性による減速で時速30km前後になってから。(状況によりけり)
・自車が完全に停止する前に、前方に動きが現れたら流れを見ながらゆっくりアクセルを踏み始める。(むしろ、すぐに踏まなくていい。縮まった車間が少し開いたな、と思うくらい待つが良)
・暖機運転はほとんど必要ない(これはWRX STIの時も感じた)。但し、走り始めの10分(時間は外気温度で多少前後する)はやさしく走る。
・アイドルストップ(アイスト)の活用は時と場合によりけり。前の信号が赤に変わってすぐの場合は、アイスト有効のまま。停止するのが分かっているけど、横の信号や歩行者信号で「もうすぐ青に変わりそう」だったらシフトレバーを「D」から「S」に下げて停止。これでアイスト無効になるため、エンジンは止まらない。
・タイヤの空気圧はなるべく高めをキープ。ドアに指定の空気圧が表示されていてプレオプラスは260kPa。これを300kPaくらいにする。(ただし、乗り心地は若干悪化する。が、コーナリングはしやすくなる。)

こんなところでしょうか。プレオプラスに限った話ではない燃費改善策のほうが多いかもしれません。
プレオプラスに限らず、どんな車でも運転中は「前の前を見ること」は運転の大前提と言ってもいいです。そのために、前の車との車間距離はある程度必要です。
この車に限って言えば、時速50kmからアクセルオフにしてからの減速が緩やかなため、惰性走行でかなり走行距離が伸びます。この間、当然のことながら燃料カットしており燃料ゼロで走ってます。
プレオプラスは平均燃費しか表示せず、瞬間燃費を出しませんし、タコ(回転計)も付いていないので、あくまで想像ですが、1000回転以下になるまで燃料カットしているんじゃないですかね。

こんな「ちんたら」した走りをしていると、どうしても「煽り」を入れるやからが出てきます。
これは、事情があってよほど遅い運転になっている場合は、警告灯点滅させ、ゆっくり停止して道を譲ります。
もしくはゆっくり減速して危険のない範囲で左によって追い抜かせます。
ですが、こちらが法定速度(+少しαくらい)で走っている時に後ろにくっつかれたらあえてガン無視です。
「煽り」にあわせてスピード上げて、仮にそれでこちらが事故っても煽ったほうの車は責任を取ってくれるわけではありません。
自分が住んでいる地域では、ぴったりくっつくのは女性ドライバーかホンダ車の場合が多いです。(ホンダの車が嫌いなわけではないのですが、アオリ車率が非常に高いです。)
まぁ、その気になれば煽ってきた後ろの車は追い抜いていくでしょう。んで、次の信号で追いついちゃうってのがパターンです。
以前乗っていた車(WRX STI)で煽られることはめったにありませんでした。
黄色ナンバーの軽(プレオプラス)に変わって煽られる機会が増えました。走り方はそんなに変わっていないはずですが。
自分も気をつけようと思いました。

エコ運転の参考
「ECCJ 省エネルギーセンター / ふんわりアクセルEスタート」

以上、参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/24

プレオプラスの燃費(28,29回目の燃費と、まとめ)

乗り換えてしまったのですが、プレオプラスは燃費と街乗りのみにこだわれば最高の車だったように思います。
プレオプラスの前車が2001年型インプレッサWRX STI(GDB-B)だったので、いろんな意味でGAPは大きかったです。
中途半端な車を選んでどっちつかずになるよりは、よっぽど良い選択だったと今は思います。
さて、今の車を契約しプレオプラスを手放したのが6月の終わりでした。
2015年6月の燃費は以下のようになっていました。

2015年6月
日付 2015/6/16 2015/6/29
走行距離(km) 692.8 550.05
ODO 17829.1 18380
累計距離(km)
給油量(L) 25.3 19.83
燃費(km/L) 27.4  27.7 
ガソリン単価 ¥137  ¥140 
ガソリン代 ¥3,466  ¥2,776 
累積Cost ¥102,647  ¥105,423 
月毎走行距離 1242.85
(km)
月毎ガソリン代 6242
(円)
月毎平均燃費 27.6 
(km/L)

最終的に、1年と8ヶ月乗って走行距離は19000km近く。
まぁ標準的な走行距離ですかね。自分の走行ペースから考えるとやや少なめと思います。
この車で遠出、ってあまりしてなかったからですねえ。
1万5千を越えた辺りで、エンジンにあたりがついて来たかな?と思った矢先の乗り換えでした。CVTの退屈さに耐えられなかったのです(苦笑
そして最終的な(1年8ヶ月間の)平均燃費は26.3km/Lでした。
カタログ値が33.4km/Lなので、現実度はカタログ値の78.6%ということになります。
まぁ7がけ8がけは当たり前の日本のカタログ燃費(JC08)なので、それほど特殊でもありません。
外気温の影響があり、Max記録は5月の30.0km/L、Min記録は2月の22.6km/Lです。

これまでの全記録は以下。いやー、こうしてみるとレギュラーガソリンの価格とは思えませんな。

2015_pleo_plus_fuel_cost
1年8ヶ月(20ヶ月)で1万9千km、約10万円。一ヶ月あたり950km、5000円くらい。
前のインプレッサは9年(108ヶ月)で11万キロ、約165万円。一ヶ月あたり 1018km、1万5千円くらい。
さて次の車はどうなりますか、、、?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/16

25-27回目の燃費

Pちゃんの4月、5月の燃費状況です。

暖かくなって、いや、暑くなってきて燃費も順調に伸びてきました。
2シーズン目の春です。
まずは4月

2015年4月
日付 2015/4/25
走行距離(km) 707.8
ODO 15610 
累計距離(km)
給油量(L) 25.9
燃費(km/L) 27.3 
ガソリン単価 ¥127 
ガソリン代 ¥3,289 
累積Cost ¥92,208 
月毎走行距離 707.8
(km)
月毎ガソリン代 3289
(円)
月毎平均燃費 27.3 
(km/L)


昨年同時期と比較すると
2014年4月 燃費25.1km/L
改善が見られます。昨年に比べて気温も早めに上昇していることが原因と思います。
2014年4月の平均気温 15.7℃ MAX21℃ MIN10.4℃
2015年4月の平均気温 17.1℃ MAX22.4℃ MIN12.5℃

5月も同じです。

2015年5月
日付 2015/5/10 2015/5/28
走行距離(km) 774.3 752
ODO 16384  17136 
累計距離(km)
給油量(L) 25.79 25.49
燃費(km/L) 30.0  29.5 
ガソリン単価 ¥132  ¥140 
ガソリン代 ¥3,404  ¥3,569 
累積Cost ¥95,612  ¥99,181 
月毎走行距離 1526.3
(km)
月毎ガソリン代 6973
(円)
月毎平均燃費 29.8 
(km/L)

この時期に、いやこの時期だからこそかもしれませんがついにリッター30kmの大台。
5月後半の燃費も29.5km/L。これらは歴代記録1位2位を記録。
昨年6月に出した28.93km/Lという記録を更新です。
Pちゃんのこの型(平成25年式)のカタログ燃費は33.4km/Lなので、カタログ比89.8%です。カタログ比で90%近い数値が出るなんてすごいです。
走行距離が1万5千キロを超えて、エンジンにあたりがついてきたんですかねえ。
この時期だからこそというのは、暖かい時期以降の燃費悪化要因のエアコン使用がまだそれほど多くないことを指しています。
加えて、今年の4月5月は雨も少なかったです。(昨年に比べても)
この30km/Lの記録には大宰府・国博への長距離移動が含まれている、と言うのもありますが、実はPちゃんは高速はあまり燃費が伸びません。
自分の印象として、時速50~60km程度でアクセル開度一定に保つことが燃費を伸ばすコツではないかと思います。
高速では時速ぬわわkm前後で走りますが、この速度域は燃費的には宜しくないようです。
あと、アクセル離した後の惰性で走ることも重要です。
この場合、遠い先の信号や先行車(先行車のさらに向こう)のテールライトを注意深く観察し、加えて周りの状況から惰性で走ることができる車の移動距離を測り、アクセルを緩める直前のスピードと、アクセルから足を離すタイミングを洞察する必要があります。
未だに絶妙なタイミングでコントロール出来た試しはないのですが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/28

23, 24回目の給油

Xi’an記事も残すところ2回。(あと2回もあるのかよ)
基本的に旅記事はまとめて書くので、いつアップするか、だけの状態になっています。
最近ちょっと体調が悪く、実際にはここ数日自動でアップされるだけで自分はほとんど作業していません。久しぶりに、と考えたら結局機械的にアップする定期的な記事になってしまいました。

そんなわけで4月も終わりかけですが、Pちゃんの3月の燃費状況です。

3月。暖かくなってきました。
燃費も伸びて平均26km/L超え。

2015年3月
日付 2015/3/8 2015/3/28
走行距離(km) 602.5 671.7
ODO 14230  14902
累計距離(km)
給油量(L) 23.03 25.88
燃費(km/L) 26.2  26.0 
ガソリン単価 ¥131  ¥131 
ガソリン代 ¥3,017  ¥3,390 
累積Cost ¥85,529  ¥88,919 
月毎走行距離 1274.2
(km)
月毎ガソリン代 6407
(円)
月毎平均燃費 26.1 
(km/L)

 

原油価格を考えるとなぜレギュラーが131円なのか、全く納得がいかない。
全国規模でガソリンの消費も下がっているはず。ガソリンスタンドの数も減少の一途です。
街中を見渡すとハイブリッド車か軽かというくらいガソリン消費の少ない車が走っているというのに。タダでさえ税金2重取りで、さらに不当価格というのはどうなんでしょうね。
政権と業界が癒着しているから是正措置も起きないんだ。そーにちがいない(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/16

17-22回目の給油

燃費記録の更新をすっかり忘れてました。
前回は昨年11月分でした。

16回目の給油

さてこのときにかいた12月に試したこととは、

『燃費走行を気にしない走りをしたらどうなるか?』

です。
そういった目で12月分を見ると、

17回目、18回目。

2014年12月
日付 2014/12/4 2014/12/21
走行距離(km) 620.3 582.6
ODO 10630 11213 
累計距離(km)
給油量(L) 25.11 24.35
燃費(km/L) 24.7  23.9 
ガソリン単価 ¥147  ¥144 
ガソリン代 ¥3,691  ¥3,506 
累積Cost ¥66,744  ¥70,250 
月毎走行距離 1202.9
(km)
月毎ガソリン代 7197
(円)
月毎平均燃費 24.3 
(km/L)

思ったほど下がりませんでした。
参考として昨年12月の記録を見ると23.9km/Lでした。

そして燃費走行に戻した2015年1月

19回目、20回目。

2015年1月
日付 2015/1/2 2015/1/20
走行距離(km) 516.4 639.4
ODO 11729 12368 
累計距離(km)
給油量(L) 21.13 24.4
燃費(km/L) 24.4  26.2 
ガソリン単価 ¥136  ¥131 
ガソリン代 ¥2,874  ¥3,196 
累積Cost ¥73,124  ¥76,320 
月毎走行距離 1155.8
(km)
月毎ガソリン代 6070
(円)
月毎平均燃費 25.3 
(km/L)

1月2日は大宰府の国立博物館に行った帰りに筑紫野で入れました。正月休みがあった(出勤もあった)けど大宰府往復入ったりして月間の走行距離伸びてます。
そして1月20日には26.2km/L出ました。冬にしてはちょっと良すぎ。

同じく燃費走行した2月。土日祝日も通勤があったので走行距離伸びてます。

21回目、22回目。

2015年2月
日付 2015/2/8 2015/2/21
走行距離(km) 634.7 625
ODO 13003.1 13628 
累計距離(km)
給油量(L) 25.05 24.5
燃費(km/L) 25.3  25.5 
ガソリン単価 ¥121  ¥129 
ガソリン代 ¥3,031  ¥3,161 
累積Cost ¥79,351  ¥82,512 
月毎走行距離 1259.7
(km)
月毎ガソリン代 6192
(円)
月毎平均燃費 25.4 
(km/L)

1月20日から一気に10円もガソリン単価安くなったんですが、すぐに8円戻し。上がるときは早い!!先週末のWTIは44ドルくらいだったんやけん、120円くらいにせいよー。
燃費は25超え。
走行のしかたも重要な燃費要因ですが、それよりも気温影響が大きいと思いました。この冬は本当に驚くほど暖かかったです。
気温が5℃以下だとCVTがやや空回り感あり、エンジンがうなっています。
気温が10℃を超えて、雨でなければ走り始めからのエンジン回転数が低めに推移するような感じです。(プレオプラスにはタコメーターがないので、音や振動で知るしかないです。ですが、この車、案外静かなのでその微妙な差を拾い上げるのが難しいです。)

エンジンの回転数とCVTの変化点をつかみながら走行をコントロールできれば、もう少し燃費改善できるような気がします。(無駄なアクセル踏まないとか)
本来はそのうっとうしさをなくすためのCVTなんでしょうが、マニュアルトランスミッション派な私には、思うようなシフトチェンジになっていないのでCVTはストレスたまります。(CVTのコントロールが、アクセルコントロール以外にないので)

後付タコメーターを検討していますが、・・・たぶんそこまではしないと思う(○゚ε゚○)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/10

16回目の給油

気がつくと12月も1/3過ぎました。気を取り直して?先月の燃費情報。
まだそれほど寒くもなかったので、比較的ベストに近い燃費です。
(Best1は2013年6月の28.9km/L)

2014年11月
日付 2014/11/8
走行距離(km) 719.8
ODO 10010
累計距離(km)
給油量(L) 25.49
燃費(km/L) 28.2 
ガソリン単価 ¥150 
ガソリン代 ¥3,824 
累積Cost ¥63,053 

 

P+ちゃんに乗り始めて1年になりました。(昨年11月2日納車)
走行距離も1万km越えましたね。でも車運転好きな割りに、距離が伸びていないと感じています。長期出張が多かったですからね。
この11月に給油後、ひとつの試みをしてみましたがそれは来月のお楽しみということで。

この前の月(10月)に比べるとガソリン価格は下げ幅が大きく6円ほど下がりました。その後の下がり幅はかなり緩やかになってますね。現在(12月)近所ではまだレギュラー1L=150~147円くらいです。
11月に給油した頃、黒田バズーカ第2弾があって為替は113円で円安が進んだ、と言ってました。
今は120円近いところに居ます。
自分は150円があってもおかしくない、と見ていますが。・・・おっと、その話はまた別項で。
おあずけ記事ばかりですな・・・w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/04

15回目の給油

今日はザ・秋、というような真っ青な空でしたねえ。

今朝は急激に冷えたようで、朝晩の気温が一ケタ台に入ってました。朝の通勤時は8℃でした。寒さがこたえます。

こう寒くなってくると、燃費への影響も大きいです。

今回アップデートする燃費情報は、そんな寒さの影響がまだ入ってなさげな先月10月の記録です。

2014年10月
日付 2014/10/20
走行距離(km) 705.6
ODO 9290
累計距離(km)
給油量(L) 25.72
燃費(km/L) 27.4 
ガソリン単価 ¥156 
ガソリン代 ¥4,012 
累積Cost ¥59,229 

P+ちゃんこと、プレオプラス(元車はダイハツ ミライース)には燃費対策としてCVTのオイルを早く暖めるようにCVTサーモコントローラーなるものが付いている、らしい。これは気温が下がってくると余計に効果を出すしくみのはず。
ま、気温が高くなればその分効果も早く出る。その機能が付いている車に乗っている以上、機能をOFFに出来なければ効果をうかがい知ることは難しいのでした。

この機能が付いていない車に比べればCVTの変速効率は早く高くなる=燃費向上というわけです。いくら寒さが厳しくなっても20km/Lを下回ったことがないので、効果は大きいということにしておきましょう。

ガソリン価格が下がってきました。昨日、街中で151円/Lの看板を見かけました。それでも以前に比べたら高額です。プレミアムハイオクか?と思うような価格です。為替が円安に進むと価格高騰につながるので心配です。
先週末の黒田バズーカの影響で今日の為替は113円台後半まで円安が進みました。一方で株価も激上げしました。為替はどこあたりが終着点になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/29

13, 14回目の給油

 

2014年9月
日付 2014/9/3 2014/9/28
走行距離(km) 706.8 707.5
ODO 8583
累計距離(km) 7876
給油量(L) 24.79 25.73
燃費(km/L) 28.5  27.5 
ガソリン単価 162 ¥158 
ガソリン代 4016 ¥4,065 
累積Cost 51152 ¥55,217 
月毎走行距離 1414.3
(km)
月毎ガソリン代 8081
(円)
月毎平均燃費 28.0 
(km/L)

 

9月の燃費をあげ忘れてました。
9月は2回給油しています。
走行距離700km越えたあたりで給油するパターンになってました。
この時、画面表示では29~30km/Lになっています。
実際に満タン法で計算すると27~28km/Lになっているので1~2km/Lくらいの誤差はあるようです。
給油間隔は22~25日くらいです。
さすがに一ヶ月=30日をワンタンク=25L前後保たせるのは厳しいです。
前回の給油後タイヤ空気圧を見たらメーカー推奨の260kPaより下でした。なんとなく乗り心地がふわふわしてたので、空気抜けてるなぁと感じていたのですが、ついチェックを怠っていました。
このときの給油時にスタンドのおねーさんに300kPaにあげてもらいました。
次回給油時の燃費は寒さに負けず、前回より伸びていると思われます。(現在の平均燃費水準が高いので)
気温が下がっていても、現在程度(朝方20度以下、ここ数日は15度以下)ならタイヤの空気圧が燃費に与える影響のほうが大きいようです。

10月の給油は先週行きました。これは次回載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/01

12回目の給油

8月の給油状況です。
盆前に1ヵ月半ぶりに給油しました。
前回給油は6月末でした。
その後、休暇で海外に出かけたり、与論に行ったりして車に乗らない時期がひと月弱あったので、久しぶりの給油でした。

この車、乗らない時期というか動かさない時期が長いとバッテリーの電圧が下がってしまうため、アイドリングストップ機能の「エコIdle」が、走り出してしばらく作動しません。
今回は2日間くらい会社の往復では復活しませんでした。3日目にしてようやく「ECO Idle」ランプが点灯。走った距離は100kmくらいか???
加えて、暑い日にたまらずエアコン使ったりしました。いつもは窓半開なんです。
そんなわけで、今回の燃費は26.29km/L

2014年8月
日付 2014/8/11
走行距離(km) 707.5
ODO 7170
累計距離(km)
給油量(L) 26.29
燃費(km/L) 26.9
ガソリン単価 ¥163 
ガソリン代 ¥4,285 
累積Cost ¥47,136 

 

お盆中は大して走っていませんが、現在燃料計の最終目盛りが点滅中(w
あと100kmくらいで給油予定。3日後くらいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/29

11回目の給油(冷や汗)

梅雨というのに、熊本は今までのところ空梅雨に近い日々が続いています。

さりとて晴れた日が多いかというと、そうでもなく曇りの日が多いですね。

さて今日給油しました。もうすぐワンタンク走行距離800kmに届きそうだったのですが。

今すんでいるところはちょっとした丘の上で、どこかに出かける場合は一回坂を下る必要があります。

もちろん、帰宅するときは坂を上る必要があります。

今日プールから帰りにこの坂でガス欠になりかけました。

アクセル踏んでも回転があがらない感じ。あぁ、バイクや前のインプレッサでも覚えのある、この感じ・・・。

この自宅付近の坂は結構きつい勾配なのです。

恐らくこの勾配を登る際にタンク内のガソリンが偏り、供給ポンプ吸い込み口のガソリンがなくなったためガソリンを送ることができなくなったんでしょう。

やべー

冷や汗ものでした。

ひとまず帰宅。

その後坂を下ってガソリンスタンドまでは難なくいけました。

点滅開始から150km超えていました。もうすぐワンタンク800kmだったのですが・・・

無理は禁物ですね。メーター表示されている平均燃費は29.6km/Lでした。

2014年6月
日付 2014/6/4 2014/6/29
走行距離(km) 714 787.5
ODO 5675 6462
累計距離(km)
給油量(L) 26.19 27.22
燃費(km/L) 27.26 28.93
ガソリン単価 ¥162 ¥164
ガソリン代 ¥4,243 ¥4,464
累積Cost ¥38,387 42,851
月毎走行距離 1501.5
(km)
月毎ガソリン代 8707
(円)
月毎平均燃費 28.1
(km/L)

 

6/4の給油は前回載せてます。この時、次回給油は7月頭かなーと予想してましたが、前回給油後、玉名の菖蒲祭りに行ったので給油タイミングが早くなりました。

この期間の平均最低気温は20.1度。
暑く、蒸し蒸ししてきたのクーラー使った日は2~3日くらいじゃないかな。ただ、雨が少なかったので燃費が伸びたんでしょうね。

[今回分かった事]
満タン給油で27.2L給油。(ノズル差し込んで、自動で止まった時の量)
点滅開始は残量6Lのサイン。平均燃費計29km/Lならあと174kmくらい走れる計算。しかし点滅開始後155kmくらいのとき、自宅付近の急坂道でガス欠になりかける。この時、計算が正しければあと650ccくらいはタンクに残っているはず。
(実際にタンクに入ったガソリンは27.2L。予想との差は2.15L。)

少なくとも車についている平均燃費計はかなり正しい値を示す。
点滅開始(6L)から5L分くらい走ったら給油するべき。この時の計算では、平均燃費計をあてにして良い。
実際のタンク残量はどうあれ、坂道などタンク内ガソリンの偏りなどを考えると、点滅開始後の計算残量1L未満では自宅に帰れない恐れあり(苦笑

教訓:点滅開始後残量1Lで給油。(平均燃費計から給油するべきタイミングを計っていい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)