反戦・反核

2016/11/22

福島県沖 M 7.3

テレビは朝から地震一色だったようです。

自分んちにはTVはありませんが、朝から病院に行くと待合室のテレビが東北の地震を伝えていました。

午後から高圧酸素治療でしたが、酸素カプセル内から外のテレビが見えるようになっていたので、地震報道を見てました。

地震そのものよりもやはり「津波」への扱いが一番大きかったようです。午後には全ての注意報が解除されてました。
最も大きな震度は、5弱でこれによる被害はあまりなかったようです。5年前の被害を振り返ると、この地域の地震では揺れよりも津波による被害が大きかったので、今後は5年前の教訓がが今回どのように生かされたか、改善点はどうしていくか、が議論されていくでしょう。

さて、それよりも原発です。

「確認されたなか」では、被害はほとんどなかったようです。

映像を見ると、福島第一原発には1000を超える汚染水のタンクが並んでいました。

16112201
これを全部確認したのか? 数時間程度で出来るものではないでしょう。
原発は一旦事故が起これば、すべてのことが異常事態のもとで進行します。
東電の広報の人が「問題ありません」とか「異常はありません」と言っているのが、甚だ白けさせました。
地震がなくても、今は異常状態じゃないのかよ?表現おかしいだろ?と。
あの大量の汚染水タンク、どうやって管理して、処理していくんだよ。

第2原発では、使用済み核燃料の冷却プールにつながっているポンプが一時間半ほど停止したそうです。

政府は、福島原発は「制御下」にある、と世界に公言しています。
そんな虚言は国外には通用するかもしれませんが、国内では少なくない人が不安を感じています。

横暴な政府と九州電力によって再稼動されてしまった出水原発のある鹿児島知事選で、原発反対派の知事が勝利したのはまぎれもなく、この不安を政府に突きつけた国民の意思です。政府も九州電力もこのことをかなり軽く見ています。

南米あたりでふんぞり返っている安倍君には、今回の地震を見て、「制御下にある」という言葉の本来の意味を学びなおして欲しいものです。

16112202_130822
(2013年8月22日の新聞記事より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/15

終戦の日 (2016)

今日は終戦の日です。

自分達の世代からすると嘘みたいな話ですが、「終戦」といって、何の戦いが終わったのか知らない人が増えてきてるようです。

とはいえ、自分もその戦いを実際には経験してはいません。

自分の親が、満州で生まれたとか、大分空襲に遭った、という話を聞くくらい。

自分が生まれ育った場所が、かつての帝国海軍の基地だったため、そこかしこに戦跡があったり、「防空壕」が遊び場でした。

時は過ぎてゆきます。

記憶もいずれ薄れていくことでしょう。

ただ、戦争という外交の最終手段は悪であり、それを選ばざるを得ない、という思いに至った時点で恥ずべきことであることを、伝えていくしかありません。

戦いというのは勝ちがあって負けがあります。

スポーツの戦いならばいざしらず、現代の人を殺しあう戦いにおいて勝っても負けても双方大きな痛手を被ります。

領土のためとか、民族の誇りのためとか、信じる神のため、というような理由で戦争をし、殺しあうなんて、まったく計算が合わないことです。

どこの国も、表向きは国を守るために軍隊を持ちます。

日本ですら、憲法で禁じているはずの軍隊を持っています。

「じえいたい」なんて言葉遊びをしながら。

今日、お天ちゃんが「深い反省」という言葉を使い、これからの平和な未来を願う想いを語りました。

なぜ反省すべきなのか、あの時代の「日本人」がの大人たちが何をしてきたのか。

平和を求めつつ伝えていくべきことをしっかりと認識していきたい、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/12

蜘蛛の糸のコートを着つつ星を眺めるようになる?

本当は、今日大宰府の国博に行って今日が最終日の兵馬俑展を見ようと思ったんですが、いまいち体調が良くないのであきらめました。先週から頭痛がひどいです。

蜘蛛の糸でできた洋服というものが実際に売られる日も遠くありません。
Bolt Threadsという名のスタートアップが蜘蛛が作る繊維を生成し、クラウドファンディングで5000万ドルを調達。
そしてあの、パタゴニアと共同で製品開発を開始したそうです。
蜘蛛の糸で出来たパタゴニア製のコートとか、気になります。

「Gravity(邦題:ゼロ・グラヴィティ)」という映画を見ました。
以前、国際線で機内上映をしていたんですが、見そびれてました。
自分はこの映画の主演をやっているサンドラ・ブロックがあまり好きではありません。
中身に触れるのはやめときますが、2時間はあっという間でした。たいへん興味深く、考えさせられる映画です。
初めの導入部以外はサンドラ・ブロックの独演で進んでいきます。
出演者がほんとに少ない。
この映画を見た後でも、サンドラ・ブロックを好きになることはありませんでしたが、この映画の求めている役を彼女なりに果たしています。
こんなんで、オスカー(アカデミー賞)は取れないよね。(彼女はノミネートはされた。監督とカメラマンはオスカーを取った。)
まぁ、ジョディちゃん(J・フォスター)が適役だったかな、と思わないでもない。
宇宙空間での出来事とか、行動は、宇宙のことを知っていれば荒唐無稽以外の何者でもないんですが、それでも映像は美しく面白かったです。

この映画の冒頭、主人公たちはハッブル宇宙望遠鏡を修理していますが、今は宇宙には別の望遠鏡が大活躍しており、ケプラーもそのひとつです。
そのケプラーの主なミッションは系外惑星の探索や研究ですが、これまでに2000個を超える惑星を発見しています。

「ケプラー宇宙望遠鏡ができるまで、銀河系の中で太陽系外惑星が稀なのかありふれているのか知らなかった。ケプラーや研究コミュニティーのおかげで、現在われわれは惑星の方が恒星よりも多いかもしれないことを知っている」
-NASA本部の天文物理学部門長のPaul Hertz-

2018年には、「トランジット」系外惑星探索衛星が打ち上げられる予定で、ケプラーから得た知見に基づき、20万以上の星の中からさらに地球に近い地球型惑星を探す予定。そして同じ年にハッブル望遠鏡の後継となる ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打ち上げられます。
これは、遠くの惑星の表面に生命が存在する化学的特徴を探せる能力を持つとされています。

少し前になりますが、三重県の伊勢志摩方面でサミットが開かれました。
その際に、アメリカ合衆国のオバマ大統領が広島を訪れたことが大きなニュースになりました。
彼は大統領就任時から核兵器に対してはネガティブで、自国はもとより世界の核兵器をなくしたい、と思っていた(アメリカ大統領としては)珍しい政治家です。
恐らくオバマ氏の個人的な広島への想いは大きなものがあったはずです。そして、アメリカ大統領として広島を訪れることの意味がどういうものになるか、ということを慎重に考えて来たに違いありません。
そういった意味で、自分は彼の勇気に賞賛を送りたいと思います。

アメリカという国に接し、その地に行けば分かりますが、彼の国はえげつないほど自国の国益を最優先に考えます。
「世界の警察」を標榜していた時期ですら、あれはあくまで建前で自国の利益に合わない軍事行為などはしませんでした。
そのアメリカにとって「核兵器」は過去の大戦において戦争を早期に終えさせた「英雄」であり、現代においてはアメリカの力の象徴です。
大多数のアメリカ人がそう思っており、世界で評価されたオバマ氏の発言はややしらけたムードで受け取められています。
今回のメディアの中には、そんなアメリカも少しづつ変わってきている、とする記事もありましたが、そう、まだ「少し」でしかありません。
あの国は自国の利益のために、中東に無用で義のない戦争をしかけ、いまだに混乱を収束できないでいます。
日本も巻き込まれました。
アメリカ、という国そのものが独裁者のような気がしてなりません。

アメリカの謀略
[1] 1953年のイランのクーデターの黒幕。
[2] ベトナム戦争枯葉剤問題
オバマ大統領は日本より先にベトナムに訪問しています。
彼はそこでベトナム戦争について、『戦争はどんな意図があろうとも、苦しみや悲劇をもたらすということを、我々は学んだ』と述べています。
[3] 1961年コンゴ動乱後の独裁国家への加担
[4] 1973年のチリのクーデター。
[5] 1988年イラン航空機655の誤爆
[6] 2003年のイラク侵攻

さて、今年秋にはG20首脳会談が中国杭州であります。南京はすぐそばですね。
(といっても200キロ以上あります。高速鉄道で1時間ちょい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/13

たいへんだよ、なんとかしようよ

今週は体調を崩して二日間ほど会社を休みました。
熱が下がらなくて、しんどかったです。今は回復しています。
今日は、2月としては恐ろしいほど暖かい日でした。
午後には22℃くらいまで気温が上がって、空気が「ぬるい」感じ。
天気は雨模様だったから余計にぬるかったのかもしれません。
夜には春一番?のような風と雷鳴と共に大雨が降ってました。
明日も暖かいみたいです。
これが、週明けからは寒波が来るみたいで火曜日は雪マーク&予想最低気温がマイナスという、まさにジェットコースター天気。
激しいっすなあ。

「戦争のつくりかた」、という絵本があります。
2004年に作られたこの絵本は、この日本という国の平和の危機を感じた人たちによって製作されたものです。
この年はアメリカの私戦(イラク侵略)への協力として自衛隊がイラクに派遣されました。
戦後初めて日本が戦争に加担した年でもあります。
そしてこの戦争は結局、アメリカ政府の「うそ」から始まったことが後で分かります。
しかも、うそだったことはアメリカ自身が良く知っていました。
今に至るまで、この「うそ」について、アメリカの謝罪はありません。
多くの日本人も、この「うそ」から始まった妙な戦争をしっかりまっすぐ見つめようとしていません。
むしろ、血による「国際貢献」が出来たからよかった、なんて思っている人のほうが多いのではないでしょうか。
うその国際貢献にどれだけ意味があるのか、なんて考えもしない人のほうが多数派です。

そして昨年、絵本に書かれたような恐ろしいことが起こっているさなかに、短編のアニメになりました。。

たしかに、私たち日本人の多くは直接戦争にかかわっていないため、戦争がどういうものか分からなくなっています。
イラク戦争に加担したことですら、「何それ?」という感覚でしょう。
でも、今現在世界のどこかで「戦争」は起きていて、多くの人が死んでいます。
それを毎日テレビで見ているでしょう?
戦争を知らない、なんて事はないはずです。想像できるはずです。

NYやパリで、多くの人が亡くなりましたが、中東でも毎日大勢の「普通の一般市民」が亡くなっています。
NYとパリの人々の命の重さと、中東の人々の命の重さは同じです。
悲しみの深さ、重さも同じです。
70年前に大きな悲しみを経験した日本人が今、戦争はだめだ、と世界に声をあげていかなければならないんじゃないかと思います。

わたしたちは未来を作り出すことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/20

強行採決された戦争法案

安倍、自民、公明が推す戦争法案。
法案の作り方は独裁的でしたが、それを国会に通すやり方もこれ以上ないあくどい方法でした。
国民の多数が、明らかにこれに反対の声をあげているにもかかわらず。
ただ、大手マスコミの論調は2分されています。
大手5紙のスタンスはたぶん以下のような感じ。

150720_senso

安保法案に関する、16日全国紙朝刊社説の見出しはこんな感じ。

 毎日新聞=民主主義揺るがす強行
 朝日新聞=戦後の歩み 覆す暴挙
 読売新聞=首相は丁寧な説明を継続せよ
 日本経済新聞=合意形成力の低下示した採決
 産経新聞=与党の単独可決は妥当だ

NHKは安倍自民が政権を取って以降、あからさまに政府の傀儡になりつつあります。
今回の件でも安倍の主張を説明するにとどまっています。
昔のリベラルな雰囲気は残念ながら失われてしまったようです。

マスコミの論調は2分されているとはいえ、反対派側の踏み込み不足は否めません。
おっかなびっくりな論調で何かを怖がっているような雰囲気です。
これだけ各地で反対派のデモが行われているにもかかわらず、扱いが小さくはありませんでしょうか。
自民党が政権を取って以来、マスコミへの圧力(や操作)は、ひどすぎるものでした。
はたして、この状態はいつまで続くでしょうか。
自民、「日本会議」なる怪しげな団体、アメリカ政府。
この三つが圧力の黒幕で国を危うくしている根幹です。

自民党の副総裁である高村君は戦争法案を「支持率下げても必要」と、この期に及んで開き直りました。まさに独裁者の論法です。そして、くだらない議論です。自民きってのインテリと呼ばれる高村君もヤキがまわったようです。民主主義を馬鹿にしています。
「支持率を犠牲にしてでも、国民のために必要なことはやってきたのがわが党の誇る歴史」
安保にしろ、原発にしろ、そうして取り返すのが大変な事態を招いてきたんじゃないか。
彼らは反省しないのでしょうか。サル以下ですか、自民は。

ただ残念なことに、今の野党にはこれを打ち破る求心力が働いていないことです。
野党に求心力を求めているうちは、何も変えられないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/18

日本は民主国家、法治国家ではなくなったのか

衆議院には憲法審査会、なるものがあります。つい最近制定されていたんですね。

憲法審査会は、日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、憲法改正原案、日本国憲法に係る改正の発議又は国民投票に関する法律案等を審査する機関です。 本審査会は、第167回国会の召集の日(平成19年8月7日)から、国会法第102条の6の規定に基づき「(衆議院に)設ける」とされています。

先日、この憲法審査会の参考人質疑があり、憲法学者の多くが安倍が推進している戦争法案を「憲法違反」と非難しました。
出席した憲法学者は与党の推薦者もいました。
このときの参考人を選んだ自民党の船田氏は「あまり調べていなかった。正直(人選の)ミスだった」とコメントしています。
あまり調べず無作為に選んだ人選は言ってみれば、公平に選んだ、と言えます。
公平に無作為に選ばれた学者が、戦争法案は憲法に反していると述べた意見は、反対派の野党の色に染まっていない意見と言うことです。
期せずして公平な意見が聞けた、と言って良いでしょう。

憲法審査会の与党筆頭幹事、船田元氏は、憲法審査会をしばらく開かないと言ったそうな。
安倍が成立を目指している戦争法案審議に影響が出るので、安倍が圧力をかけているのでしょう。
今、民主国家・日本で恐るべき事態が進行しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/14

集団的自衛権行使法案=戦争法案を閣議決定(独裁じゃん)

「安倍政府は14日夕、集団的自衛権の行使などが可能になる安全保障の関連法案を閣議決定」

集団的自衛権、なんていうのは態の良い言い方で、持っている武力を使いたいときに使える権利、ってことです。
つまり、この法案は戦争への参加(武力行使)を「比較的ゆるい許容範囲で」可能にする法案。
これを、首相とそのお友達だけで作っちゃいました。
法案策定の是非から国会で議論すべきです。
この人はもう独裁者といって良いでしょう。

この人、アメリカの戦争に付き合うことになる、ということは「絶対に」ない、と嘯いてました。

政治家の言う、「絶対」という言葉ほどあてにならないものはないし、そういう表現をすること自体、すでに聴衆をこけにしようという気持ちの表れとしか思えませんね。ありていに言えば、そういう言葉を発することは「誠意」がない、ということです。
戦後から、これまでの間に政治家だけでなく民間も一緒になって築いてきた「平和を希求する日本」のイメージを勝手に、そして無責任に崩そうとしています。

この人、危険すぎます。

せめてこの法案が国会で廃案になることを祈りたいですが、今の自民政権に良心が残っているだろうか。
そもそも武力行使を禁じている憲法に違反しているんです。
国民と野党、最高裁、がまとまって、No!をたたきつけるべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/18

安全でないとも言ってません。安全だとも言ってません

帰宅時、まだ夜の8時台でしたが、外の気温はー1℃。
さぶい。。。

昨日、「原子力規制庁」なる、怪しげな団体による高浜原発の審査(何のためかは不明の審査)が終了し了承され、規制委員会トップの会見がありました。

原子力規制委員会、は少し前まではまぁまぁまともでしたが、自民党が権力の座についてから、怪しげな団体に墜ちていきました。
元地震学会会長の島崎さんがいる頃は、少しはましでしたけどねえ。(自民党が煙たがって、挿げ替えられました)
さてその原子力規制委員会のトップ、元原子力学会会長(これは原子力ムラのドン、と呼び変えてもOK)の田中氏が昨日開いた会見では、

高浜原発3、4号炉の審査書案で、田中委員長が「新しい規制基準に適合しているということを認めた」と記者からの質問に答えたことに対し、さらに「それは安全なのか、安全でないのか」と記者がさらに質問。
委員長は「そういう表現の仕方は私は基本的にとらないと言ってます」「安全でないとも言ってません。安全だとも言ってません」「○か×かという言い方はしません」などと答えた。

なんじゃそれ。
法律では、
「原子力規制委員会は、国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資するため、原子力利用における安全の確保を図ること(原子力にかかる製錬、加工、貯蔵、再処理及び廃棄の事業並びに原子炉に関する規制に関すること、並びに国際約束に基づく保障措置の実施のための規制、その他の原子力の平和的利用の確保のための規制に関することを含む)を任務とする(法3条)。」
となっているので、田中氏の発言は法律を犯していることになります。安全の確保を図ることは、安全かどうか判断することです。こんなの小学生でもわかることなのに、それが出来ない、っていうのは委員会として機能不全に陥っていることになりますね。(その前に、人間性すら疑われますが)

科学者として、自然界に100%はない、と言いたい気持ちはわかります。
ならば、規制委員会なり、時の権力者なりが、原子力の安全には80%とか90%の確立以上の安全性を「安全」とする、という判断基準を示した上で、審査の結果が81%安全を確保できる結果だったので、規制委員会は安全と判断します、という会見があるべきではないでしょうか。

そういう意味で、田中という人は大学生か高校生並みのシロウト科学者かな、と思いますね。
そんな人が原子力利用における安全の確保を図る団体のトップとはね。
お寒い内容すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/30

福島原発事故から3年半、今なお終息できず継続中

2011年3月12日、自分は仕事で台湾にいた。

この前日、尋常ならざる地震が東日本の広い範囲を襲った。

福島県にある、東京電力福島第一原子力発電所は他の地域同様激しい津波の被害にあっていた。

110312_fukushima_1_exp01
そして翌日の12日。上の映像は定点観測カメラの映像。建物は右から4号機、3号機、2号機があり、1号機は2号機の奥にあり重なっていて大部分は影になっている。

110312_fukushima_1_exp02
上は爆発の瞬間。

110312_fukushima_1_exp03
白い煙は爆発の衝撃波による水蒸気と思われる。

110312_fukushima_1_exp04

110312_fukushima_1_exp04_5_2
飛び散る建屋の外壁。この映像を最も早く伝えた日本テレビのニュースが台湾でもネットを通してみることが出来たが、そのとき東工大の有富教授が、「これは中の圧力を抜くために最終手段として意図して行ったもの」と熱弁してたのを覚えている。

この映像を見たら誰が見ても建物が爆発し、しかもその建物は原子力発電所の建物だ、という異常性に気づくはずだった。
日本テレビのキャスターはその突込みをしなかった。

110312_fukushima_1_exp05_2

この爆発した第1福島原発は廃炉が決定されている。 

今日、1号機にある、使用済み燃料プールからの燃料取り出し開始時期が2017年から2019年へ、溶け落ちた溶融燃料回収は早くて2020年から開始される予定が2025年以降へ、それぞれ従来計画より遅れるらしい。

こういうことは急いで行う必要がある。付近住民は未だに自宅のある場所へ帰還できていない。
急いで行えないのは技術力がないせいだ。日本にはそういった技術すら満足にないのにこういった手に終えない道具を嬉々として使いたがる人たちがいる。
誰が見ても意図しているとは思えない尋常ではない爆発に見える映像を見ても、人の制御下にあると信じたがる「専門家」がいる。

身の毛のよだつ話である。

ちなみに上の映像で写っている3号機は、1号機爆発の二日後、3月14日に大爆発した。

110314_fukushima13_exp06

「専門家」が安全ですなんて言っていても、僕はまだ信じられない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/08/24

福島の小児甲状腺がん、発症率

毎日新聞の切抜きです。

140824_fukushima

29万6千人受診した結果です。57人ってめちゃくちゃ多くないですか?

調査を担当した福島県立医大のコメントに(正確には県医師会常任理事の星北斗座長)

「被爆の影響は考えにくい」

とあります。

いや、そう言うの無理でしょ?

未だに続いている原発事故が原因で、子供のがんが大量に発生している、というべきじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)