物理・宇宙・星・神話

2016/06/12

蜘蛛の糸のコートを着つつ星を眺めるようになる?

本当は、今日大宰府の国博に行って今日が最終日の兵馬俑展を見ようと思ったんですが、いまいち体調が良くないのであきらめました。先週から頭痛がひどいです。

蜘蛛の糸でできた洋服というものが実際に売られる日も遠くありません。
Bolt Threadsという名のスタートアップが蜘蛛が作る繊維を生成し、クラウドファンディングで5000万ドルを調達。
そしてあの、パタゴニアと共同で製品開発を開始したそうです。
蜘蛛の糸で出来たパタゴニア製のコートとか、気になります。

「Gravity(邦題:ゼロ・グラヴィティ)」という映画を見ました。
以前、国際線で機内上映をしていたんですが、見そびれてました。
自分はこの映画の主演をやっているサンドラ・ブロックがあまり好きではありません。
中身に触れるのはやめときますが、2時間はあっという間でした。たいへん興味深く、考えさせられる映画です。
初めの導入部以外はサンドラ・ブロックの独演で進んでいきます。
出演者がほんとに少ない。
この映画を見た後でも、サンドラ・ブロックを好きになることはありませんでしたが、この映画の求めている役を彼女なりに果たしています。
こんなんで、オスカー(アカデミー賞)は取れないよね。(彼女はノミネートはされた。監督とカメラマンはオスカーを取った。)
まぁ、ジョディちゃん(J・フォスター)が適役だったかな、と思わないでもない。
宇宙空間での出来事とか、行動は、宇宙のことを知っていれば荒唐無稽以外の何者でもないんですが、それでも映像は美しく面白かったです。

この映画の冒頭、主人公たちはハッブル宇宙望遠鏡を修理していますが、今は宇宙には別の望遠鏡が大活躍しており、ケプラーもそのひとつです。
そのケプラーの主なミッションは系外惑星の探索や研究ですが、これまでに2000個を超える惑星を発見しています。

「ケプラー宇宙望遠鏡ができるまで、銀河系の中で太陽系外惑星が稀なのかありふれているのか知らなかった。ケプラーや研究コミュニティーのおかげで、現在われわれは惑星の方が恒星よりも多いかもしれないことを知っている」
-NASA本部の天文物理学部門長のPaul Hertz-

2018年には、「トランジット」系外惑星探索衛星が打ち上げられる予定で、ケプラーから得た知見に基づき、20万以上の星の中からさらに地球に近い地球型惑星を探す予定。そして同じ年にハッブル望遠鏡の後継となる ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打ち上げられます。
これは、遠くの惑星の表面に生命が存在する化学的特徴を探せる能力を持つとされています。

少し前になりますが、三重県の伊勢志摩方面でサミットが開かれました。
その際に、アメリカ合衆国のオバマ大統領が広島を訪れたことが大きなニュースになりました。
彼は大統領就任時から核兵器に対してはネガティブで、自国はもとより世界の核兵器をなくしたい、と思っていた(アメリカ大統領としては)珍しい政治家です。
恐らくオバマ氏の個人的な広島への想いは大きなものがあったはずです。そして、アメリカ大統領として広島を訪れることの意味がどういうものになるか、ということを慎重に考えて来たに違いありません。
そういった意味で、自分は彼の勇気に賞賛を送りたいと思います。

アメリカという国に接し、その地に行けば分かりますが、彼の国はえげつないほど自国の国益を最優先に考えます。
「世界の警察」を標榜していた時期ですら、あれはあくまで建前で自国の利益に合わない軍事行為などはしませんでした。
そのアメリカにとって「核兵器」は過去の大戦において戦争を早期に終えさせた「英雄」であり、現代においてはアメリカの力の象徴です。
大多数のアメリカ人がそう思っており、世界で評価されたオバマ氏の発言はややしらけたムードで受け取められています。
今回のメディアの中には、そんなアメリカも少しづつ変わってきている、とする記事もありましたが、そう、まだ「少し」でしかありません。
あの国は自国の利益のために、中東に無用で義のない戦争をしかけ、いまだに混乱を収束できないでいます。
日本も巻き込まれました。
アメリカ、という国そのものが独裁者のような気がしてなりません。

アメリカの謀略
[1] 1953年のイランのクーデターの黒幕。
[2] ベトナム戦争枯葉剤問題
オバマ大統領は日本より先にベトナムに訪問しています。
彼はそこでベトナム戦争について、『戦争はどんな意図があろうとも、苦しみや悲劇をもたらすということを、我々は学んだ』と述べています。
[3] 1961年コンゴ動乱後の独裁国家への加担
[4] 1973年のチリのクーデター。
[5] 1988年イラン航空機655の誤爆
[6] 2003年のイラク侵攻

さて、今年秋にはG20首脳会談が中国杭州であります。南京はすぐそばですね。
(といっても200キロ以上あります。高速鉄道で1時間ちょい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/07

明後日は日食(部分)

水曜日は部分日食が見られます。
最大食分はこんな感じ。

160309_bubun_nissyokus

熊本で20%くらいでしょうね。
何も知らなければ気が付かないかもしれない。
陽の光を小さな穴を通して地面に映すと欠けているのが分かります。
木漏れ日でもわかるかも。
でも、熊本の天気予報はこんな感じ。

160307_kumamoto_7d_forcast

前線が近寄りよんけん、見れんが。
つかその前に、この時間、絶賛仕事中やが。( ´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/01

小惑星 134340番

先日のニュースで
「太陽系に第9番目の惑星が存在?」
というような見出しがありました。クエスチョンマークはスポーツ新聞みたいです。
その存在が予測されただけで、実際にはまだ見つかっていません。
18世紀まで太陽系の惑星は水星から土星までの6個と考えられていました。
第7の惑星、天王星は1781年にイギリスのハーシェルによって発見されました。
海王星は、天王星のふらつく動きからこの軌道の外側に惑星があるのではないかと推測され、フランスのルヴェリエとイギリスのアダムズの軌道計算で予測された位置を観測して見つかっています。
惑星の軌道には一定の法則があるのではないか、と考えた人がいました。
18世紀のドイツの天文学者ティティウスとボーデです。彼らが見つけた法則をティティウス・ボーデの法則と言います。

ニュースによると、この9番目の惑星は質量が地球の約10倍もあり、直径は地球の2~4倍と見積もられています。
そして驚くのは、公転周期が1万~2万年と見られていることです。
9番目の惑星とされた冥王星の公転周期が247年あまりです。
1万年~2万年とされる長大な軌道のどこかに、そんな(比較的)大きな惑星があってもなかなか見つけるのは難しいでしょうね。自分が生きている間に見つかるでしょうかね?
冥王星の発見ですら「奇跡」と呼んでも差し支えないほどの偶然でした。

宇宙、そしてそれに関するニュースに触れるたびに、世間の「常識」というものがなんてちっぽけなものだろう、と思います。
かつて太陽系9番目の惑星と信じていた「冥王星」は、今では惑星の名で呼べなくなり、表題の番号を持つ小惑星が正式な区分です。

昨年から今年の1月にかけて、アメリカの無人惑星探査機「ニューホライズンズ」が接近して詳細なデータを地球に繰り続けています。(最接近は2015年7月)
この貴重なデータ送信は今年いっぱい続く予定だそうです。
複雑な地表をもつこと、地球の水循環のような窒素循環をもつこと、もや状の大気をもつこと、「ニューホライズンズ」から送られてくるデータは驚きの連続でした。
この「ニューホライズンズ」が打ち上げられた2006年の時点では、冥王星は惑星でした。なんとも不思議な話です。

宇宙に限らず、学問の分野すべてにおいてそうなんですが、人類はいまだ知らないことが多いようです。
好奇心を失わず、常識を疑い、つねに最新の情報をキャッチアップすることが大事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/25

来週末の皆既月食

来週末、2015年4月4日土曜日の夕方から夜にかけて月食が見られます。
食の最大は21時ちょうどくらい。今回の食の時間は前回(2014年10月の皆既食は1時間)に比べると短い(12分くらい)です。

仕事でなければ、撮影したいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/11

今日のぐーぐる先生は

こんなTop画像

140811google_perse

8月のこの時期(お盆期間)は大きな天文イベントがあります。
三大流星群の一つ、ペルセウス座流星群がそれ。
ここ数年、ネットのプロモート側の反応が年を追うごとに過大になっているような懸念がありますが気のせいかな。

今年は月の条件が悪いのであまり期待しないほうが良いと思いますね。
なんせ今日は満月で、スーパームーンです。明日も厳密には満月ではないにしろ、大きい月が夜空を照らしているでしょう。嫌がらせかよ(笑
スーパームーンを知らない人はぐーぐる先生に聞いてください。
熊本は雲が多くて星どころか、月すれ見れません。(22時頃)

140811_2230_satellite
気象衛星の画像を見ると、九州中部には雲の帯がありますね(泣

九州だと、九州北岸、宮崎付近。
日本全体では瀬戸内海の一部含む四国、名古屋中心とした中部東海付近、北海道南部はすっきり晴れて大きな月が見えているんじゃないでしょうかね。

明るい流星なら、明日の晩の極大を待たなくても、今晩でも見ることができるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/27

カノープス

140124_cps

わかりづらいかもしれませんが、写真の中央下にポツンと星が写っています。
これ、カノープス(りゅうこつ座の一等星。南極老人星)です。
上にオリオン座、左斜め下に大犬座、シリウスが写っています。
手持ちでISO6400にしてぎりぎり撮影できました。
三脚持ってくればよかった~。(いや、出張なのにそんな重いもの無理。)

オースティンの緯度は日本でいえば屋久島くらいの緯度なので、結構高く上がります。
加えて、地平線が見えるくらい遮るものがないので、手持ち撮影でも画面に収めることができました。

今週も前半に寒波来そうです。明日あたりがピークっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/30

もはや見ることはできない?

意外と残ってるかも?

SOHO LASCOの画像

●近日点通過前

Soho_lasco_c3_01

中心の白い○が太陽です。

太陽と反対側に尾があります。

●近日点通過後

Soho_lasco_c3_02
尾の向きと太陽の位置関係がいまいちわかりません。彗星は太陽の向こう側にあるんですかね。

●さらに時間が進んで。。。

Soho_lasco_c3_03
日本時間の11月30日2:30AMです。

今は太陽に近すぎて地球から見えませんが、12月2日以降は見えるようになるかもです。

たぶん暗くなっているんじゃないでしょうか。見えるようになってからのお楽しみですね。

ちなみにこの衛星(SOHO)、10年以上前からがんばってますね。

すげーな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/29

もはや見ることはできない

No longer visible

そう、NASAの科学者は言った。

 

 

というのが、お昼のニュースでした。

SOHOのデータをつなぎ合わせた動画見ると確かにこれまでのような明るさの物体はなくなっていましたね。(下)
この画像の中心の白い枠は太陽部分になります。
近日点を通過した後、再びカメラの視野に彗星が見えたときは、まるで幽霊か霞のような感じになっていますね。

このカメラの感度で、太陽に近づく際の明るさと比較すると大幅に減光しているので、太陽から徐々に離れて地球から見えやすい位置に出てきても、明るさや大きさはほとんど期待できないといってもいいでしょうね。残念。

ただ、天文ファンにとってはそれぐらいでは楽しみの一部が失われたに過ぎませんよ。(負け惜しみw)

 

 

彗星の核の大部分が蒸発したか、崩壊したか。

実は太陽に近づく一週間前くらいから、「アイソン彗星が増光したのでは?」という観測者の話がありました。

今年はじめは、大彗星になるかも、と騒がれていたものの、太陽に近づくにつれて予想ほど明るくなってなかったんですよね。

それが11月後半から少し明るくなってきた、なんて話がありました。

今回の近日点通過時の衝撃的な出来事の予兆は、実はその頃からあったのかもしれません。

むしろ予想外のことがおきたことで、妄想は広がりますwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/28

11月29日3時29分(日本時間)

アイソン彗星が太陽に最も近づく時刻。

その後は太陽から遠ざかる。(当たり前だけど)

SOHO(太陽観測衛星) LASCO C2 カメラにちょうど映り始めました。(右下 画像中の時刻は世界標準時 日本時間では11/28 22:25)

201311282300_soho_lasco_c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/24

さぁ、飛び出せ!

Map

ロイターの記事に、「宇宙にゴールドラッシュ到来か、「水確保」が課題に」というものがありました。

経済記事のひとつですが、宇宙開発が、既にそんなステージにある、ということを強く感じさせる記事です。

この記事によれば、
アメリカには小惑星での資源採掘を狙うベンチャー企業というものがあるそうな。
しかも2016年に小型の衛星を打ち上げて調査に乗り出すらしい。
小惑星に含まれる水素と酸素(つまりは表題の「水」)を使ってロケットの燃料を再補給できるようにすることが最優先の課題ということ。
いわば補給基地建設が喫緊の課題になっているようです。
これって、15世紀から始まった大航海時代でも同じなんですよね。
まずは補給・中継基地を探し、その先にある貿易相手をさがす、もしくは未知の大陸を探す、というプロセスは宇宙というフロンティアでも共通するようです。

こういう分野にもベンチャー(冒険家)があって、それを後押しする投資家(パトロン)が居て、という図式は昔も今も変わりません。
さて、日本にはこういう分野のベンチャーや投資家は存在しえるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧