経済・政治・国際

2016/03/17

マイナス金利、効果見えず

マイナス金利については過去に3回ほど載せました

マイナス金利(1/31)
マイナス金利の余波(2/5)
マイナス金利の件(2/23)

よほどのことがない限り、この件に関することは恐らく今回が最後になりそうです。

日本の金融機関が日銀に預けている当座預金。金融機関はこの預金に応じた金利を日銀から受け取っています。
マイナス金利は、この預けた金額に応じてマイナスの金利、手数料のようなものを払うことになります。
ですが当座預金の全額にマイナス金利が付くわけではなく、ごく一部です。
日銀は預かった当座預金を3段階にわけ、プラス金利(0.1%)、金利なし、マイナス金利(-0.1%)がかかるようにしています。その分類は毎月発表されます。2月に発表された1月分に引き続き、先日2月分の発表がありました。
結果、2月の当座預金平均額253兆円のうち、23兆円あまりがマイナス金利分です。
平均額もマイナス金利分も、1月とほとんど同じ。

ロイターの報道によれば、日銀の思惑はこのようだったらしいです。
マイナス0.1%の金利がかかる預金を多く持つ金融機関がこの一部を放出する一方、プラスやゼロ金利残高に余裕がある金融機関が、マイナス金利で資金を調達。その資金を運用することで、利益を得る裁定取引が短期金融市場で発生する、というもの。
この裁定取引が進めば、マイナス金利適用の預金額は3兆円くらいまで減る(その分、資金が市場に出回る)と見込んでいたようですが、2月、3月の様子を見る限り、資金が動く気配すらありません。

あきらかに黒田君は失策したようです。
さて、次の一手が欧州の後追い、「マイナス金利幅の拡大」、というような、一種のヒステリーか、あるいは小学生レベルのことであれば、日銀総裁は変えたほうが良いでしょうね。
そもそも中央銀行の手段にも限界があり、見通しが伴わないこれらの手法は傷口が広がるだけです。
景気浮揚、インフレ率を上げる(景気を活性化する)なんて本来は政府の管轄で、日銀はサポートかブレーキくらいの役目が関の山だと思いますねえ。
つくづく、黒田君は運のない人と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/05

トランプ氏

アメリカでは大統領選挙の予備選挙・党員集会が行われています。
今週の火曜日はスーパーチューズデイと呼ばれる集中日でした。
民主党はヒラリー・クリントン氏、共和党はドナルド・トランプ氏が優勢だったようです。
トランプ氏のこれまでの言動を見ていると、およそ政治家にはふさわしくないように思います。
だからでしょうか、予備選挙が始まったころは、彼が有力な大統領候補と見る人はいませんでした。
ですが、スーパーチューズデイが過ぎ、彼の勢いやこれを支持する人々が驚くほど幅広い層にいることが分かり、ひょっとしたら共和党の大統領候補になるのではないか、とささやかれ始めました。

この人をみていると、古代ギリシャの政治家クレオンを想起させます。
仮に、この人が大統領になって具体的な破局を迎えなくても、「終わりの始まり」だった、と後で振り返るようなことになりそうな気がします。

そもそも今のアメリカには「アメリカンドリーム」のようなことが少なくなりつつあります。
日本以上に富の再分配がうまく行っていない国ですが、それでもアメリカンドリームの存在は所得が中層下層の人々に活力を与え、アメリカ全体の代謝を促し社会が硬直化することを抑えていました。
ですが、2001年9月11日のアメリカ同時多発デモとそれに端を発する戦争や、2008年のリーマンショック以降、アメリカは硬直化の一途をたどっている気がします。
社会的な不安と経済的な打撃によって、なにか言い表せない暗闇を抱えているような、そんな雰囲気です。

(それでもかの国は多くの移民によって新陳代謝が促されている面があるので、表向きは活性化しているように見えます。でもこれは諸刃の剣です。)

予備選挙はまだ始まったばかりです。終盤を迎える5月あたりにどんな風景が待っているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/23

マイナス金利の件

日々、日銀の当座預金残高を載せるといいながら、ずいぶん間が開いたりしてますので、ここまでのおさらい。

160222_touzayokin_sokuhou

2月19日の当座預金額は、マイナス金利を導入した1月29日とほぼ同額です。

さて、この当座預金の全てにマイナス金利が付くわけではありません。詳細は日銀のサイトに書いてありますが、当座預金を3階層にわけて、プラス0.1%、0%、-0.1%をつけることになっています。2月16日にその辺の詳しい話が日銀から発表されてます。

業態別(都市銀行とか地方銀行、信託銀行など)の当座預金発表の際に、この階層別の預金残高も発表されることになっています。

1月の分はこれです。

160216_touzayokin_gyoutai
右下に階層別分類があります。(クリックすれば拡大します)

1月の当座預金平均額は253兆円あまりで、このうちマイナス金利がつくのは23兆円です。

といってもマイナス0.1%といえば、2300億円です。これを預けている金融機関が日銀に払うことになります。ひいては金融機関の利用者の負担になりますね。プラス金利のかかる分が206兆円あまりあるのでこちらで相殺するでしょうけど。

モニターの結果、これまでのところ当座預金にあまり動きはありません。
従来は順調に増えていたのだから、むしろその増加の動きが封殺された、のかもしれません。減るのかと思ってたので期待はずれでした。上記のようにマイナス金利がかかる額が当座預金の10%に満たない額なので、まだそれほど影響がない、のかもしれません。
そのくせ為替や株価は、よろよろしてます。
どうなってんでしょうね。

マイナス金利が先行している海外はどの程度の当座預金にマイナス金利がかかっているんでしょうか。
日本の「マイナス金利」は、現時点では黒田君の口先バズーカ?というレベルのような気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/06

電気料金が自由化になったら

表題は仮定形ですが、自由化されるのは2016年4月からです。
おなじみの価格比較サイト、価格.COMには既に日本各県毎に電気料金を比較できるサイトが立ちあがっています。

電気料金比較

160207_electoric_power_fee
自分んちの場合をシミュレーションしてみました。
自宅で選べる電力業者は九州電力を含めて5社。
これまでは一社独占でした。いっきに競争社会に入ったんですね。

自分は一人暮らしで、土日も外に遊び歩いている遊び人のため、あまり自宅にいません。
このため、電気の使用量そのものはそれほど多くありません。
1月分を入力してシミュレートすると、年間3万9千円弱使用している、となりました。

160207_electoric_power_condition01

160207_electoric_power_condition02

160207_electoric_power_fee_sim_1yea
では実際はどうか。
2015年1年間の電気代は4万6312円でした。
年間の推移は以下のとおりです。
季節影響はあまり無いようですが、そもそも自宅にいないからです(苦笑

160207_electoric_power_fee_real_201

シミュレーションは若干少なめに出てます。16%の誤差は多いか少ないか。
では自宅で選べる電力業者で電気代が安いのは、
1位がHTBエナジー

160207_electoric_power_plan01
HTBエナジーの本社所在地はなんとハウステンボスになっています。
ハウステンボスが設立した電力会社だったんですね。九州だけしか営業していないかと思ったら、全国で営業しているようです。
別府に地熱発電所を持っています。
親会社は旅行業者のHISです。

2位がナンワエナジー

160207_electoric_power_plan02
こちらはあまり聞いたことがない会社です。
じつは他の比較サイト「エネチェンジ
では、このナンワエナジーが一番お得という評価でした。
鹿児島の会社で九州地方だけ営業するようです。

3位がジュピターテレコム

160207_electoric_power_plan03
ケーブルテレビの会社ですね。電力の営業は全国かと思ったら、限定的のようです。ケーブルテレビの営業範囲とかかわりがあるかもしれません。
九州では福岡、熊本の2県だけでした。
ケーブルテレビとかインターネットプロバイダも営業しているので、現在これらと契約している、もしくは将来契約の可能性がある場合、セット価格で安くなったりするかもしれません。
・・・と思ったら、契約の場合は「・テレビ・インターネット・電話などとセットになった「電力セット」にご加入頂くこと」という加入条件がありました。

4位がイーレックス、5位が九州電力=現行料金プランでした。

160207_electoric_power_plan04

160207_electoric_power_plan05

あくまでシミュレーションなので、実際には各電力会社の条件とか、解約時の条件などを調べた上で選んだほうがいいでしょう。
初の自由化に伴う営業なので、初めの数ヶ月から半年くらいは様子見したほうがいいかもしれません。
また、2017年4月からはガスも自由化になります。自分んちは都市ガスではないので、あまり関係はありませんが、場合によっては電力ガスが一体になったセット販売もあるかもしれません。
これまでエネルギー業は寡占化状態だったので、利権の温床になっていました。
たとえば、電力の寡占化は「原発ムラ」という怪物を生み出した温床です。原発以外に他にも多くの利権が存在します。
そして国の許認可権ともつながっていて、官僚の利権に密接につながっています。
私は自由化によるエネルギー業者自身の健全化が進んでほしいと思います。(多くの新たな起業と、努力のない企業の淘汰)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/05

マイナス金利の余波

体の調子がよくありません。風邪を引いたようです。
この週末はおとなしく寝ていよう、、、、

メガバンクが定期預金の金利引き下げ、大口の優遇金利(上乗)をなくす、MMFを扱う資産運用会社が新規募集の停止を決める、というようなことが起こっているらしい。
まぁ、そんなものでしょうね。ここまでは想定内。しかもまだ部分的。
予想外なのは、為替。
今、1ドル=117円台。

マイナス金利はその幅に限度がなく、一旦その領域に踏み込めば当局も口先でのかき回しが有効です。
マイナス幅をさらに下げる意思をちらつかせながら市場の様子を伺っているようです。
ですが、そんなに使い勝手のいい手段だったのでしょうか。
お金を銀行に預けても得にならない、と考えた一般の人はタンスの引き出しにしまいこみました。これをタンス預金といいます。
普通の銀行にとって義務になっている、中央銀行に預ける準備金以外のお金は、銀行の中のタンス、、、金庫の中にしまいこむんじゃないですかね。
つまり、マイナス金利にしたところでお金が市中に出回ることは、今のままではありえません。

中央銀行の金融政策もどん詰まりですねえ。

金利下げといえば、プジョー・シトロエングループが、期間限定で金利ゼロ%サービスを始めるようです。(2/20-3/21)

160205zero

こういう動きが広まって、購買意欲が上がればいいですね。そんな単純ではないでしょうけど、出来ることを積み重ねることが大事なんです。
日本国内で、少なくとも購買意欲が強いのは、中国人の旅行客です。
中国は明日は出勤日、明後日からお休み。
今年の春節の元旦は2月8日、月曜日です。
13日までお休みで、2月14日が出勤日となっています。
今年も爆買い客がどっと来るでしょうね。でもいつまでも続くわけではないから、これに頼っても仕方ないでしょう。
日本人自身の購買意欲を高めるためにも、税金の引き下げ(政府のリストラとか、税率見直し)や賃金の切り上げを進めるべきでしょう。
今の政権では、まやかしばかりでいつまでたっても進まないので、早いとこ退場してほしいです。

長崎行きたいなあ。

2/5 日銀当座預金残高速報値:253兆3800億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/03

暗号通貨 Bitcoin

先日、テッククランチにこんな見出しの記事がありました。
「Bitcoinの約束は無に帰したのか?」

この記事によればBitcoinは失敗という帰結にいたったらしいです。

一昨年、日本での取引所だった「マウントゴックス」が民事再生法の申請をしてつぶれました。
大量のBitcoinが何者かによって盗まれた末の破産騒ぎでした。
あれから2年。日本人にとってはまだやっているのか、という感じはします。
この記事の内容も、マウントゴックス騒ぎを知っていれば、何を今更?という感じが満載です。
(比較のため書かれていたNASDAQの売買処理の遅さに興味が沸きました)

暗号通貨、仮想通貨、という仕組みに何かしらの理想を持つ人にとっては、夢の実現に近づけた大いなる実験だったのかもしれません。
しかし、大きな課題とリスクが立ちはだかっていることも事実で、一般人がうかつに近づける世界でないことは確かなようです。

2/3 日銀当座預金残高速報値:253兆8300億円

昨日より3兆円あまり減りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/31

マイナス金利

マイナス金利とか甘利氏辞任とか、週末にかけていろいろありました。

甘利氏辞任の件はいわゆるスキャンダル系と思われます。
思われます、と書いたのはまったく感心がなく、ニュースの見出しすらスルーしていたので大雑把にすら事件の内容を知りません。
安倍が責任取ってやめるというならまだしも、マスコミの弱い攻めの中で、普通の政権ならこの手のスキャンダルは危機ですが、マスコミへの圧力と統制が強い現政権においてはこの程度は簡単にもみ消すでしょう。初動からマスコミの反応が弱く、政権側の統制しか感じなかったので、その時点で関心は薄れました。腐った政権と取り巻きには困ったものです。

さて、マイナス金利ですが、金曜日の市場の反応は意外に限定的であったように思います。
月曜日の市場は大きく伸びることでしょう。マイナス金利とはいかなることか。
簡単に書けば、お金を借りると、利子がもらえる、ということです。本来なら払うべき利子がもらえる、ということです。

逆にお金を預けると一定期間分の利子を「払う」必要が出てきます。

恐らく、今すぐには小口の預金者への影響はないと思います。
直接的には市内の銀行が中央銀行(日銀)に預ける「当座預金」に対する措置です。
マイナス金利が長期化すると、小口の預金者にも影響が出てくるかもしれません。
たとえば、銀行口座を維持するために毎月いくらかの口座維持費がかけられるとか、もっと直接的に、預けているお金に対して一定の金利を徴収されるとか。
ヨーロッパでもこういった逆転現象があるらしく、スイスのある小規模銀行では、顧客の預金が年間0.125%減るとか、デンマークでは、住宅ローンを変動金利で借りている住民が毎月、取引銀行から利子を受け取っているといったことがあるらしいです。

現在の日本ではお金を銀行に預けても金利なんて微々たる物で、ATMの手数料でマイナスになっていることのほうが多く、実質マイナス金利といっても良いのではないかと思ったりします。

欧州もスイスも不景気に対する景気刺激策として金融緩和を行っていて、そのためのマイナス金利です。
不思議なのは、日本です。
日本の政府は景気は回復に向かっているという姿勢です。一方で日銀は更なる金融緩和でマイナス金利を導入。
日銀と政府の歩調があっていません。もっといえば、世間の景気に対する分析が日銀と政府で異なっています。

いくら黒田君がバズーカ?を撃ってもザルになりますね。その間に日本円の価値は下がり続けていますので、近くない将来、日本人にとってうれしくない事態になるような気がします。(天災が起こって、円安が想定外の水準になるとか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/07

中国の景気

年明けから中国上海の株式市場は大荒れです。
中国当局は「こんなこともあろうかと」サーキットブレーカーを用意していたらしいのですが、いきなり初日から運用とは。

國中教授も真っ青!

為替も中国元が急落しています。

Cnyjpy_year_chart20160108

(中国元/円チャート 1年)

んじゃ、実際中国の景気は悪化しているかというと、私の実感で言えば、それはない。

一時期の勢いがなくなっているのは事実です。成長率が以前ほどアホみたいな数字をたたき出すことはもうないでしょうね。
昨年、西安の高層ビルの風景をお見せしたと思いますが、内陸部の西安ですらあの状況です。西安には多少特殊な要因もありますが、それでも経済成長が沿岸部だけではなく、ある程度内陸のほうまで浸透している、ということは急成長も随分なところまで進んだ、ということの証だと思います。

とはいえ、都市部と農村部の格差はまだまだ大変大きいため、この差を埋めるためのお金の循環はまだまだ続くと思います。加えて、お金のめぐりが日本ほどは悪くないので、成長率は鈍化しても景気の悪化はそれほどひどくはないでしょうね。
日本での「爆買い」は多少穏やかになっても、まだしばらく続くんじゃないかなあ。
上の為替の状況しだいかもしれませんが、7~8年前の、1元=12円くらいになっても爆買い現象は続いていくような気がします。
とりあえず、期待値が高かった分のオーバーシュートの反動は、もう一段くらいあるようなきがしますが、国の統制が強いので力づくでもソフトランディングに持っていくんじゃないでしょうか。

こういった状況での中央銀行当局の基本方針やコンセプトはアメリカも日本も欧州も同じで、手法の違いは多少あるにせよ、日本のマスコミは色眼鏡で報道しますね。
自国の場合「バズーカ」と表現する単純さはほほえましいですが。
隣の国の行為をそこまで貶めて何の得があるのだろうと、不思議に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/13

暖かな日に税金の話

今朝は幾分か寒かったんですが、日中は17℃くらいまで気温が上がって暖かかったです。
12月とは思えない、暖かい日が続いていますが、来週半ば以降は平年並みの寒さになりそうです。
嫌だなあ(苦笑

今日までの今月の天気。(Yahooより)
熊本市の12月の気温の平年値は 最高13℃ 最低3℃ です。

151213_weather_hist

先日地震の話を上げましたが、12月9日以降はぱったり止みました。
1回くらいはあったようですが、その程度です。
何かの気まぐれだったのかもしれません。

軽減税率について与党間での合意が見られたらしく、食品は8%のまま据え置きになるようです。
これをもって、財務省や自民税調は敗北とか負け?といった論調があるようです。
搾り取れなくなったから「負け」というのは、そもそも増税の目的とか意味に目隠ししているような気がしてなりません。
軽減税率の話は5%→8%のときの話題だったのでは?
増税ありきは結構だけど、公務員のボーナス増、防衛費増、議員定数は据え置きなど、重要な話が抜けている気がします。
使う分を増やしたら、税金増やしたって意味がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/29

近所のGSが119円(レギュ)

近所のガソリンスタンドでレギュラーが119円の表示でした。
おそらく、お店独自のサービスに入れば116円くらいになりそうな雰囲気です。
週末のWTIが41ドル台で、もう来週にでも30ドル台に戻ろうとする中、まだまだ国内のガソリン価格は下落スピードが緩やかな印象です。
石油元売の統合話もありますし、国内のGSの数が減少し続けているのも事実です。
消費者の立場から言えば、まだまだガソリンや灯油は「高い」のに、政治家はその現状(つまり国民の財布も企業の財布も疲弊している、ってこと)を分かろうとしていません。

私は、小さな政府や富の再分配の強化を言い続けていますが、そういう内容に沿った政党としては民主党支持だったのかもしれません。(といって強く支持したことはないけど)
いまさら公共投資などで大手ゼネコンが儲かっている、なんて話を聞くと憤慨する今日この頃です。どうなっとんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧