映画・テレビ

2016/09/18

今年のNHKの大河は期待はずれだったらしい。

Rokumonsen3

真田家の大河ドラマ、好調らしいですね。自分は視てませんが。
ただ、少し気になる記事があったのです。

最近、犬伏での家族会議の模様がドラマで放映されていたらしいのです。真田家を扱う上ではこの会議は超重要ですからね。数少ない重要な山場の一つと言っていいでしょう。

その後にこれまた山場の第二次上田合戦に続きます。
これはできれば前編後編の二話くらいやったほうがいいでしょうね。(第一次上田合戦も二話くらいやっていい。戦闘準備段階でもう一話追加しても良い。)

んで、関が原。

ま、これは真田家には直接絡まないんで、結果だけでいいでしょう。

・・・。

・・・と誰もが思ったはず。

実際、テレビでもそういう展開だったらしい。それが、なんと「衝撃的」とか「大きな反響」とか、「超高速関ヶ原」「関ヶ原を1分で終わらせた」「大河史に残るぶっ斬り」「何この斬新すぎる大河ドラマは!」とかとか。

いやあのね。

どう考えても真田家にとっての関が原なんて、そんなものでしょう。
加藤清正とか、黒田如水とか、伊達政宗あたりが主人公でも関が原なんて秒殺でいいでしょう。
むしろ、上田合戦が1話で終わったほうに突っ込まんかい。

なんかよく知らんけど、小田原攻めもかなりの話数を裂いたらしく。そっちも突っ込みどころ満載でしょーに。(北条攻めに関して真田家はきっかけに使われたに過ぎないので。)

その流れで行けば、「関が原」もお金かけて(エキストラたくさんいるから金かかる)やるべきでしょう。なんせ真田信繁の岳父が壮絶な「男の死に様」って奴を見せますからね。後の信繁の生き様を語る上で、絶好の伏線になりえますから。

それをしなかったのって、お金関係じゃないの?

真田丸って、聞けば聞くほど視る気が失せます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/01

こんな世界、こわれちゃえばいいのに

「こんな世界、こわれちゃえばいいのに。」と、携帯で打ったと同時に起こった東京湾北部地震。
夏休み、お台場で行われていたロボット展に、弟と一緒に見に来ていた姉が経験した大地震と、それを乗り越えて家族の元に戻るまでにたどる心の成長を描いたアニメが、

「東京マグニチュード8.0」

全部で11話あるうち、昨夜までに9話まで見て、何か言いようのない雰囲気の微妙さを感じていました。
そもそも、8話の展開が変な感じでした。
展開がひねりすぎだろう、という思いと、真里さんの引いた態度がひっかかってました。9話でその思いが強くなりました。え、いや、まさか、そんな?
行きつく先を予想し、いやいやそんなことはないやろうと考え直し、そして、でもまさかと思って凹む。

そして今日、最終話まで見たんです。

「(家族で)一緒に、橋を見たかったんだ」

「(家族のいるところに)かえろう」

マジ泣いた。嗚咽と共に。

今なら、ようつべで全話見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/15

レオナルド・ディカプリオ

先日授賞式があった2015年の「白い」アカデミー賞で、初めてオスカーを取ったレオ様ことレオナルド・ディカプリオ。
今年42才になるってことに驚きまいた。1974年11月11日生まれ。
オレの3つ下、妹と同い年とは。
もっと年下だと思ってました。

レオ様といえば「ギルバート・グレイプ」が鮮烈な印象で、(この人、演技うまいなあ)と思ったんですが、そのあと彼の出演作ってあんまり見てないです。
「タイタニック」見てない。
「クイック&デッド」、「仮面の男」「ギャングオブニューヨーク」見たかな。どれも面白かったし、レオナルド・ディカプリオの演技はどれも良いものだったと記憶しています。「ギャングオブニューヨーク」は良かったですね。
でも、やっぱり「ギルバート・グレイプ」が素晴らしすぎました。
映画の内容もとても素晴らしかったです。お勧めの映画です。
私自身はアカデミー賞自体には何の思い入れもなく、過去の受賞者なんてさっぱり知りませんが、今回受賞した作品、「レヴェナント:蘇えりし者」は機会があれば見てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/20

スターウォーズ ep.7 感想

今日は久しぶりに晴れましたが寒さは相変わらず。日中の最高気温は恐らく3℃程度。
さみー。
週末は最高気温すら氷点下のまま、最低気温はマイナス5~6℃になる、というお告げ 予想です。うひー。どっか温泉にでも行ってこよう・・・出れなくなるか???

さて、先週末に世間で騒がれている?スターウォーズを見に行きました。レイトショー1300円!
実はep.3をしっかりは見てないんですが、まぁいずれどこかでお目にかかることでしょう(w

私にとってスターウォーズは、子供の頃に宇宙のことが好きになって以降に見た、宇宙を舞台にした映画でした。
当時(1980年代)、宇宙の年齢が150億年といわれてました。(2016年現在は観測技術や解析手法の向上で135億年、と言われています。)

 

スターウォーズの冒頭、

a long time ago in a galaxy far far away...

というのが「グッ」と来ましたねえ

今でもなく、近未来でもない。
実は、宇宙が生まれてこのかた150億年経っている、時の流れのどこか(数十億年前かもしんない)、遠く遠くの銀河系のどこかで起きた物語、、、

 

映画を見ている自分たちは、作中の宇宙船のワープ(ハイパードライブ)や空中を走る車、C3POやR2D2などのドロイドなど凄い技術を使っているような映画の中の世界よりもはるか未来にいて、宇宙に出るのがやっとの、たいした事のない世界にいて、この物語を見ている、、、
まさに冒頭の一文で一気に時空のかなたに追いやられてしまいます。
自分はその当時、夜の宇宙を見るたびに、時間と空間、の想像を絶する大きさと拡がりに圧倒され、自らのちっぽけな存在を痛感する一方で、星の光が降り注ぐ中、自分の魂が宇宙空間に溶け込んで漂っているような、なんとも言えない開放感を感じていた時期でした。
(この、はたから見ればぼーっとした時期が小学2~3年から中学2年くらいまで続いてました。)

 

そんな衝撃的な映画をテレビで見たのが恐らく小学校高学年。
あれから実世界で30数年。。。あの当時の3部作の最後から30年後の世界が今回の「スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」の舞台になります。

映画全体を評すると、ある一点を除いて、予想(期待)通りの良い映画でした。
テンポも良かったし、この作品独特の雰囲気も壊さず、配慮の感じられる丁寧に作られた作品です。絶対お勧めします。
前の映画見なくても十分楽しめる映画です。
前作見ていたら200%も300%も楽しめること請け合いです。

ですが、エピソード1とかエピソード4のような一話完結ではありませんでしたね。
ここはジョージ・ルーカスが絡んでいたら少しは変わっていたのかもなあと思うような部分です。悪くはありませんけどね。エピソード2とか5のような、伏線が目立つ作品になってます。
あと一点、倫理的にどうよ?という部分があったので、、、、

この先は、思いっきりネタばれ含みます。
これから見ようと思う人は、ここでさようなら。。。。

続きを読む "スターウォーズ ep.7 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/19

真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由

Rokumonsen3_2

一ヶ月前くらいのニュースですが、今度の大河ドラマ「真田丸」の配役が決まったそうです。
こんな感じ。

堺雅人 (真田信繁役)
大泉洋 (真田信幸(信之)役)
木村佳乃(松役)
草刈正雄(真田昌幸役)
高畑淳子(薫役)
草笛光子(とり役)
寺島進(出浦昌相役)
中原丈雄(高梨内記役)
藤井隆(佐助役)
平岳大(武田勝頼役)
段田安則(滝川一益役)
遠藤憲一(上杉景勝役)
吉田羊(小松姫役)
藤岡弘、(本多忠勝役)
高嶋政伸(北条氏政役)
斉藤由貴(阿茶局役)
近藤正臣(本多正信役)
内野聖陽(徳川家康役)

昔、NHKの真田太平記で真田源次郎信繁幸村を演じた草刈正雄が、丹波哲郎さんが演じていた昌幸役をするとはねえ。
因果だねえ。
非常に関心をそそる配役です。
藤岡弘の本多忠勝役も、これはかなりはまっているかもしれません。

一方で、景勝役の遠藤憲一、氏政役の高島政伸、家康役の内野聖陽は完全なミスキャストです。
景勝はとても寡黙で表情を変えない「静」の人ですが、内に秘めたものは養父謙信に似て心の熱い義の人です。
遠藤憲一が演技が下手とか、そういった内面を演じられないとはいいませんが、景勝役に似合いそうなのは内野のほうじゃないかなあ。
彼に景勝役をさせて、彼の元に幸村が人質に取られるほうがさまになっているように思います。

氏政は父氏康ほどの柔軟性や指導力、危機対応能力には欠けるものの、保守的で無難な跡継ぎ。
高島政伸ではやや迫力に不足しています。彼が演じる秀長はよかった。(大河ドラマ「秀吉」)
氏政というより、氏規くらいがいいのかも。

家康は言わずと知れていますが、今回の役回りは真田家にしてやられる一方の立場。
家康役を大泉洋が演じても面白かったのではないでしょうかねえ。とぼけた感じも「狸」っぽいし。
真田太平記では中村梅之介が演じてました。ここは息子の梅雀にさせてみるのも、昌幸役の草刈正雄との比較においても一興。
少なくとも家康の内側に燃えたぎる炎は生涯を通じてありませんが、内野聖陽は内側の熱い炎が見えすぎているので、キャラクターが真逆すぎますね
前述のように景勝役、もしくは後藤基次役か大谷吉継役をやらせたいところ。これまでの役柄から推測すると細川忠興がぴったり。

ここには出ていませんが、真田家や信繁幸村に関わる人物として、
石田三成(私的には三成役は堺雅人がぴったりなんですが)
大谷吉継(信繁の義父)
徳川秀忠(上田城で煮え湯を飲ませられる)
後藤基次(大坂城の戦友)

あたりを誰が演じるのでしょうか。気になりますねえ
・・・っていっても、うちにはテレビがないけん見れんのですが(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/20

アメリカ行きの飛行機のなかで

現在11月20日の23時くらいです。

今日は午後から一転して暖かくなりました。現在の外の気温は17℃(63 F°)です。でも雨です。週末はずっと雨らしい。まあ、寒いよか、いいです。

今回、熊本から羽田、羽田から成田へ移動して、成田からアメリカ・ヒューストンへの空路でした。
ヒューストンに向かう飛行機はUAでした。前回の出張でもUA利用でしたが、このときの中継地はコロラド・デンバーでした。
ヒューストンは初めての空港ではなく、実は2回目です。
1回目は6~7年前くらいに、ペルー旅行した際の中継地で立ちよりました。
空港内の情報については、さすがにもう忘れかけてましたがイミグレに見覚えがあって、少し思いだしました。

アメリカまでの旅程は11時間半くらいで、この間、映画を4本も見て過ごしました。
UAは座席ひとつひとつにタッチ画面が付いていて中身のエンターテイメントプログラムは充実していると思います。
とはいえ、タッチ画面かどうかとか、プログラムの中身は機体によるのかもしれません。前回はタッチ式じゃありませんでしたし、エンターテイメントの中身は今回ほど充実してなかったような気がします。
ちなみに、映画は全部で200くらいの映画から選べます。ですが、今回乗った機体ではこのうち日本語対応しているのはいくつもありませんでした。

このため、見た映画は日本語吹き替えのある「猿の惑星 新世紀 (原題:Dawn of the Planet of the Apes)」、「ヘラクレス」、「テルマエロマエ2」、「アヴェンジャーズ」です。

それぞれの感想を簡単に書くと

「猿の惑星 新世紀 (原題:Dawn of the Planet of the Apes)」
新世代猿の惑星シリーズの2作目のようです。旧シリーズではあまり描かれていなかった初期の部分、猿達が人類に変わって世界を制していったか、が描かれています。
人類の間でも価値観の違いによる対立があるように、進化して人類のように知識や知恵を手に入れつつあった猿の間にも価値観の相違と対立が生まれ、悲劇的な経緯の中で人類と猿の相克が生まれたという現実的で無理のない描かれ方をされていて、SFというよりヒューマンドラマっぽくて見ていて面白かったです。

「ヘラクレス」
ギリシャ神話好きなので、気になって見ました。ヘラクレスというのは現実的にはこういう感じで、時代を経ると伝説化し神話となって語り継がれることになる、という神話の元ネタ的な設定とストーリーでした。できれば、彼の死(その結果、半神半人の彼が、「神」の座に並ぶことができた)まで描いてほしかった。

「テルマエロマエ2」
これだけ邦画。この作者が一時ポルトガル・リスボンで生活していた(旦那がイタリア人)関係でリスボンの本を出版しており、ヨーロッパ旅行前にリスボン情報を調べていて存在を知ったのです。その流れで見ました。正直見なきゃよかった。面白くなかった。話の展開が雑すぎる。ちなみに自分はローマ帝国史好きです。

「アヴェンジャーズ」
前回の出張時に、このアメコミ(マーベル・コミック)映画シリーズの「Thor: The Dark World(邦題:マイティ・ソー/ダーク・ワールド)」を見てまぁまぁ面白かったので、見ました。
登場人物の名前は北欧神話がモデルになっています。でもその中身はいまいちモデル化されていません。北欧神話つながりで見たらがっかりすると思います。
自分は北欧神話好きです。
・・・じゃなかった、アベンジャーズの話。アベンジャーズはマーベルコミックのヒーローが集まってできた夢のヒーローチームの名前。
映画での構成は、上記マイティ・ソー、キャプテンアメリカ(あまり知らん)、超人ハルク(なんとなく知っている)、アイアンマン(なんとなく見たことある)、ナタリア・ロマノヴァとクリント・バートン(この二人は多分激しく訓練された普通の人なんだと思う。全然知らん)といったところ。
それぞれの背景を知っていれば、より面白いのかもしれないが、そうでなくても十分面白いと思う。悪役のソーの弟ロキがハルクにガンガンガンガン、ってやられるところは爆笑した。(ざっくり擬音での説明すいません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/22

真田といえば六文銭

随分先の話ですが、2016年のNHK大河ドラマの主人公は真田源次郎信繁だそうです。
うはー♪気になる。

脚本は少し前に、NHK大河で「新撰組!」を書いた三谷幸喜。
まぁそこまではOKです。
でも。主人公をやるのがなんと堺雅人、と言われています。
あの新撰組!での山南敬助役がツボでしたね。
あれは素晴らしかったです。山南敬助やるなら堺雅人ですね。
でも・・・

源次郎信繁は堺雅人じゃないやろっっ!
自分の中では草刈正雄的な感じで攻めてほしかった。
では、戦国武将のなかで堺雅人が主人公級を演じるならば、だれが良かろうと小一時間ほど考えたのですが、

長宗我部元親

若い時は「姫若子」(ひめわこ)と呼ばれ、家中のだれもがその将来を危ぶんだものの、なんと土佐の剽悍な一両具足どもを率いての四国統一!(の直前で秀吉に妨げられる・・・)
これしかねえ、と思いました。
織田信長には「鳥なき島の蝙蝠」と揶揄されますけどね。
四国統一寸前までこぎつけたのに、秀吉に土佐一国に封じ込められ、その後秀吉による九州攻めの際に期待の息子弥三郎を亡くしてしまう、という悲運があり一気にダメ男に転落しちゃうんです。
そのギャップを演じられるのは堺雅人でしょう。
長宗我部元親の話は司馬遼太郎氏の作品にもあるし(「夏草の賦」)、決してありえなくないと思うんですけどね。

堺雅人は宮崎出身。宮崎の戦国武将と言えば伊東氏ですが、、、伊東家家中ならば・・・伊東義益?(マイナーだけど、性格温厚、悲運にも、若くして病に倒れる。堺雅人にはうってつけ?)
まぁ、ともあれ、彼が真田信繁、は無い。
(正式発表はまだのようです)

真田といえば六文銭。
真田といえば、やっぱこの原作、ドラマの出来が超絶過ぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/16

テレビドラマの騒動

自分はあまりテレビを見ないので、最近のテレビがどんな感じになっているのかよく知りません。
テレビドラマはずいぶん長いこと見てないです。
アメリカに来て、ネットで日本のニュースを見ると、最近この話題で持ちきりです。
視聴者を代表している気になっているニュース(マスコミ)の記事内容と、現実の視聴者の反応が必ずしも一緒とは限らないので、実際に人々の世間話ではどのように語られているのか今のところわかりません。

分かる範囲で感じたのは、このドラマにはモデルとなる状況があって、しかもそれは「孤児」という言葉だけに集約される対象だけではなさそうだということ。
仮に「孤児」をモデルにするには、背景が多種多様でモデル化するのが難しいでしょうけど。
ドラマの舞台となった施設のモデルが、現実世界では一か所しかないため、容易に特定できること。

歴史上、孤児を扱ったお話しはいくつもありますが、ある特定の施設やその施設でしか発生しない状況をもとに描かれた話は見たことがありません。
なぜそこにスポットを当てたのか。

問題提起をしたかったのか。そういった特殊な状況でも力強く生きている姿通じて視聴者に感動を与えたかったのか。
ドラマの書き手に問題あり、と爆笑問題のエラそうにしている奴が言っている記事を見かけました。
そういうことなのかもしれません。
今回のドラマには子役が出ているし、夜十時台のドラマとはいっても視聴者の中には子供もいてその影響を受けます。
ドラマの演出上、見た人が真似ることは許されない部分というのは当然あるでしょうが、その判断や責任を視聴者に押し付ける、という姿勢は製作者側の責任放棄と言っていいと思います。
野島と言う人の作品は、過去を振り返っても物議を醸す作品が多いんですね。
今回の件でもそういった騒動に酔っているのかもしれないな、とふと思いました。

くわえて、日本テレビの対応も怠慢な印象があります。
「最後まで見てもらえばわかる」という連続テレビドラマの製作者が視聴者に要求する言葉は、これほど責任放棄した言葉も無いでしょう。
当然、そういう強硬な姿勢はある程度の批判も覚悟の上だったでしょう。それがスポンサーすべて降板と言う形になって跳ね返ってきています。
アメリカではドラマなり映画には視聴する人の資格(年齢)を制限するものがあります。
製作者の言論表現の自由を保証するには、日本にもそういうものが必要になってくるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/12

そうだ、この世界は残酷なんだ

130531_world

(2013.5.31 セブ・マクタン島 byFinePix F200EXR F 9.0 ISO100 1/600)

前にも書きましたが、「進撃の巨人」の秀逸さは尋常ではありません。

表題は、劇中ヒロインのミカサ・アッカーマンのセリフです。

彼女は目の前で両親をならず者に殺され、自身も人身売買のために拉致されます。

母親の殺されるさまを思い出しながら、そんな残酷な光景は普段の生活の中にもあったはずなのに今まで見ない振りをしていた、と気づく場面です。

普段の残酷な光景とは、畑の中で虫が虫を捕食している場面や、父親が狩りをして得た獲物の姿などです。

人は人でいる以上、殺生をせずに生きることは出来ません。

地上の多くの生物はそういうものです。

それは、人の感傷でいえば、「残酷」以外の何者でもありません。

生きるために残酷にもなれる生物の中で、人は生きるために必要でなくても残酷になる。

 

人間にとって、そう、この世界はとても、とても「残酷」。

そう感じない人は、劇中のミカサのように、見て見ぬフリをしているだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/08

久しぶりのテレビ。

年末年始は親のいる群馬に行ってました。
普段見られないテレビジョンなるもの(笑)を視聴してきました。
印象に残ったのは、NHK「紅白」、フジテレビ「ほこ×たて」、日テレ「笑点」、日テレ「おもしろ荘」(つか、ぐるナイ?)

昨年末の紅白は見ごたえありましたね。
久しぶりのプリプリも良かった。
石川さゆりはバックの般若の絵が荒木飛呂彦だったらしいけど、ちょっと期待ハズレ。歌(天城越え)は良かった。
ゴールデンボンバーは、まぁ良かった。
和田アキ子はリハでは泣いてしまったらしいけど本番では堪えて歌いきった。えらい。
MISIAがナミブ砂漠からの中継で歌っていたが、その風景の映像の美しさは感動した。
北島のサブちゃん、口パクのずれがひどい。この人、日本を代表する演歌歌手じゃないか。そこまでして出なくても?と思うほどひどい。サブちゃんを嫌いじゃないだけにすごーく残念。

圧巻だったのは美輪明宏の「ヨイトマケの唄」だったなあ。
6分くらいの長い唄だが、終わってみるとあっという間だった。かなり引き込まれた。
美輪明宏って77歳なんですよね。いやー本当にすごい。
そして素晴らしい、圧倒的な、心にズシリと来る内容の歌でした。

フジテレビの「ほこ×たて」
年末年始の特番だったかもしれんが、実は一部しか見てない。
その一部が、金属とドリルの対決
福岡の「日本タングステン」という会社が作った超高度の金属を、富山のドリルメーカー「不二越」のその筋では有名らしい技術者が研究を重ねて作ったドリルで穴が開くかどうか、という対決だった。
自分も一応、おそらく、たぶん技術者の端くれなので、こういう技術者のプライドをかけた競い合いは心に響く。
技術とかあまり興味ねえー、と言う人には地味で退屈な内容だと思います。
結果や内容は書かんけど、たぶんこの対決は続くようなので、テレビジョンをお持ちの方で興味のある方は次回の対決の視聴をお勧めします。すげー地味だけど、手に汗握ってハラハラするぜ。
いつかあるかは知りませんが。

「笑点」は年始の特番。
相変わらず面白い。自分が気がついたときには既にやってた番組だし、中身の構成とかはあまり変わっちょらん気がします。
だけど、面白い。これもすごいな、と思う。

日テレ「おもしろ荘」
ぐるナイの一コーナー、をたまたま見かけて、途中まで見た。
お笑いコンビの流れ星はおもしろいやん。何で売れないのか不思議。

この他、ニューイヤー駅伝(群馬の家の近くを走ってる)、箱根駅伝は見てましたね。
これはなんだかんだで毎年見てます。そんなにマラソン好きではないんですけどねえ。

熊本でのテレビのない生活が1年を過ぎました。
久しぶりに見たテレビは面白かったけど、まだ「買う」意欲は沸きませんなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧