« 突発性難聴における、高圧酸素治療 | トップページ | 欧州の震え »

2016/12/06

パスポート残存期間についてのお知らせ

会社から一通のメールが来てました。
件名は、
「パスポート残存期間についてのお知らせ」

実は、今のパスポートは10年間有効のもので、自腹で取得したものです。
その前のは、初海外が初海外出張だったので会社払いで取得したんですが、その後、熊本への転勤や、仕事上海外に行く機会がなくなっていて私的な旅行で海外に行くことのほうが多かったので、自腹で取得しました。

161206_passport
初めて取得したパスポート。(1996年~2006年)
使用済みを示す、穴が空いてます。「VOID」と読める。

パスポート情報は海外出張時に必要なので、会社に届けてあります。
その情報から、自動メールで残存期間についてのリマインドがなされたようです。
残り8ヶ月未満で案内が来るようです。
日本のパスポートの場合、パスポートの有効期間の残存期間が6ヶ月以下だと入国できない国が結構あります。
中国とか、シンガポールとか。
仕事で行きそうな国なので、これはいけませんね。
シンガポールは査証スタンプを押すページの余白が3P以上ないとダメ、って規則がある。細かい。
台湾、韓国は残存期間3ヶ月以下でNG。
アメリカ、イギリス、ドイツは帰国時まで有効であることが必要。(ビザなしで滞在できる日数が上限になりそう。90日とか6ヶ月とか)
仕事以外では、パラオとか、バリ(インドネシア)とか、6ヶ月以上必要

・・・うん、これは早めに更新した方が良さそうだ。
切替申請では有効期限が1年未満になっていればいつでも可能です。

申請時に必要なもの

  • パスポート
  • 旅券発給申請書
  • 戸籍抄本、謄本
  • 写真

受け取り時に必要なもの

  • 手数料
    5年用 … 11,000円(収入印紙9,000円+収入証紙2,000円)
    10年用 … 16,000円(収入印紙14,000円+収入証紙2,000円)
     収入印紙は郵便局、収入証紙は熊本県の場合、区役所区民課で購入可能。

年末だしなあ。
たぶん更新は年明けかなあ。

|

« 突発性難聴における、高圧酸素治療 | トップページ | 欧州の震え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パスポート残存期間についてのお知らせ:

« 突発性難聴における、高圧酸素治療 | トップページ | 欧州の震え »