« 発症19日目 | トップページ | 突発性難聴における、高圧酸素治療 »

2016/12/04

AI記者

ちょっと前(2週間前くらい)の「エコノミックニュース」に、中部経済新聞の日本初AI記者による新聞記事、のことが書いてありました。
既にアメリカのAP通信社では3ヶ月で3000記事くら作成しているらしいし、英国プレス社もAI導入を検討中らしいです。
そういえば、AIによる小説のニュースもありましたね。

>日経「星新一賞」に、AIによる小説が応募

AIが自然言語をこねくり回して作成するという作業において、なかでも日本語は、なかなか難しい言語だと思います。いずれ、AIは俳句とかを詠める日がくるのでしょうか。

そもそもAIに「個性」というものが存在できるのか?そして、「創造」という作業ができるのか。

ま、実際、ニュース記事や小説を書いているんだから、「創造」していると言えば、言えなくもない。
ただ、結局のところ、「人まね」になるような気がするんだけどな。。。

|

« 発症19日目 | トップページ | 突発性難聴における、高圧酸素治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AI記者:

« 発症19日目 | トップページ | 突発性難聴における、高圧酸素治療 »