« 発症10日目(入院7日目) | トップページ | 突発性難聴とは何か »

2016/11/30

発症13日目(入院10日目)

朝、豪雨。雷鳴、雷光。
天気影響か、右耳の耳鳴りがひどい。
サー、というかヒューというような感じが、ずっと響いている。
耳鳴りは、静かなとき(特に寝るときと朝)ほど強調されて至極不快。

朝の診察で、退院後の仕事復帰の話とか今後の生活について聞く。
騒々しいところに行くとか、体を激しく使うのは厳禁、らしい。
できるだけ安静に、とのこと。
退院後、まだ高圧酸素治療が来週まで残っているのでこれを行うこと、経口の薬の投与(構成は今までの点滴と同じ)を2ヶ月続けること、2週おきの通院で検査と診察することになった。
2ヶ月か、年内には治ってくれるのだろうか。

診察後、午前中に点滴。ピンク色の1本だけ。プレドニン40mg。
3箇所目の留置針では点滴の入りが悪かったので、差し替え。
最後の点滴なので留置針じゃなく直接差し込む。
入院費の清算を行い、病院の美味しいお昼ごはんを食べて、この日の午後に退院。

ちなみに、10日間の入院費用は16万円余り(3割負担)。
以前、背骨を折った際の入院費用が月30万超だったので、想定の範囲内。
あと、「高額療養費制度」というのがあるので少しは戻ってくる、らしい。
(清算前に、健保組合に申請書を出し、認定書というものを発行してもらえば、清算時に一定額が控除される。だけど、入院中に短期間でそんな手続きできるかよ。もちっとマシな制度設計できんかね。)

お金がかかるだろうな、と思った「高圧酸素治療」は、救急と非救急で価格が10倍も異なる。
自分の場合、2回分は救急扱い、残りは非救急になっていた。

帰宅して体重量ったら、3kgマイナス。
自分の場合、この幅は誤差範囲かも。

自宅は静か過ぎるくらい静かだ。。。

入院と違って、全て自己管理なので、食事と生活のリズムだけは気をつけようと考えた。

入院中に読んだ本

浅田次郎『勇気凛々ルリの色』(講談社文庫)
週刊現代に掲載されているエッセイをまとめたもの。時代が1994年~1995年なので、当時の時代背景がにじみ出ている。浅田さんの文章はホントに面白くて、心が響く。

宮城谷昌光『風は山河より』(1)、(2)(新潮文庫)
宮城谷さんが、古代中国ではなく郷土の歴史を描いた小説。自分にとっては、「松平清康」と言う人は昔から非常に興味をそそられていた人だったので、宮城谷さんを通して見た「松平清康」像は非常に見ごたえがあった。自分が想像していた人となりと、少し違ってはいた。2巻の途中であえない生涯を遂げる。ここまでの主人公は野田の織部正こと、菅沼定則といってよかろう。全6巻らしいので、続きはブックオフで探しながらゆっくり味わい読みたい。

|

« 発症10日目(入院7日目) | トップページ | 突発性難聴とは何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発症13日目(入院10日目):

« 発症10日目(入院7日目) | トップページ | 突発性難聴とは何か »