« 涼しい夜に虫の声 | トップページ | 颱風「南川」(ナムセーウン:12号)2016 その1 »

2016/09/01

ツバメが帰る支度をしているようだ

9月です。
今年も残り4ヶ月やぞぉ・・・
月変わり恒例のTop画像を変えました。
散歩ドライブに行く道すがらにある神社です。

昔はトライXで写真撮ったりしてました。今ではデジタル処理で簡単にモノトーンに出来ます。
ただ、モノトーンの階調を思うような感じにあわせようと思うと難しい。

すっかり夜は涼しくなりました。昼も、食後に散歩できるくらい風が涼しいです。
ツバメが帰り支度か、ひゅんひゅん飛んで腹ごしらえしているようです。
今夏、日本で生まれた雛は酷暑の中でも立派に成長したんでしょう。また来年戻っておいで。

南に戻る支度をしているツバメがいれば、逆に南からやってくる大風がいます。

つい先日、迷走颱風「獅子山」が東日本、東北、北海道に大きな被害を与えました。
次の颱風「南川」(ナムセーウン、12号)も意外と短時間で勢力を強めそうです。それだけ、日本近海の海水温は高いままなのでしょう。黒潮の影響もあるでしょうし。

週末九州を縦断しそうです。まだ稲は青いので、ある程度の風なら倒伏しないで済むかもしれませんが、、、さっさと雨を降らせて飛び去ってくれるといいです。

160901_2300_satellite

160901_2200_ts_namtheun_5d_forcast

昨日、久しぶりに大きな地震がありました。
当時自分は会社にいて、比較的多くの同僚も残っていましたが、みなトラウマを感じて早々に退社していきました。

今朝とお昼ごろにもわりと大きな揺れがあり、まだまだ地下のストレスは解消されていないようです。
もしくは4月の大地震による岩盤破壊の影響で、熊本の地下構造がとても軟弱になっていて、フィリピン海プレートによるストレスが簡単に「地震」になりやすくなっているのかも知れません。

そんなきわどい状況の中央構造線上にある川内原発に関し、新しい鹿児島知事が原発の即時停止及び点検要請を九州電力にしたようですが、これは軽く拒否される見通しらしい、というのがどうにも理解しがたいです。

|

« 涼しい夜に虫の声 | トップページ | 颱風「南川」(ナムセーウン:12号)2016 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバメが帰る支度をしているようだ:

« 涼しい夜に虫の声 | トップページ | 颱風「南川」(ナムセーウン:12号)2016 その1 »