« 国東半島を巡る旅(2016夏) その4 | トップページ | 今年のNHKの大河は期待はずれだったらしい。 »

2016/09/17

颱風「馬勒卡」(マラカス:16号)2016 その1

今日の日中は久しぶりに太陽と青空を見た気がしました。
洗濯がはかどる。

しかし、晴れ間もつかの間。
夜になるとまとまった雨が降り出して、さっきは雷も鳴っていました。
また秋雨前線か。

160917_2230_satellite

秋雨前線君はマスター颱風から離れてはいますが、あきらかに遠隔操作を受けているに違いない、というのがよく分かるひまわり画像です。

160917_2100_ts_malakas_72h_forcast

この結構大きなマスター颱風は、現在南西諸島の北方沖合いを進んでいます。
アジア名はその名も「マラカス」
フィリピン由来で、ずばり、「強い」という意味だそうです。タガログ語の「malakas]
この逆はマヒーナ(mahina=弱い)

少し前までの予報では、この週末~3連休中に九州に来そうでした。
が、颱風の速度が思った以上にゆっくりで、九州到着がずれ込んでおります。
週明け火曜日の夜に上陸しそう、というのが現在の予報です。
刻々とマスター颱風の動きに変化があり、マスターのスケジュール予報が変わります。天気予報は日々チェックしたほうが良いです。

72時間の予報円ですが、なかなかでかい。

|

« 国東半島を巡る旅(2016夏) その4 | トップページ | 今年のNHKの大河は期待はずれだったらしい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 颱風「馬勒卡」(マラカス:16号)2016 その1:

« 国東半島を巡る旅(2016夏) その4 | トップページ | 今年のNHKの大河は期待はずれだったらしい。 »