« パナマ文書 | トップページ | 震度7! »

2016/04/10

ヒトにとって最も危険な動物は

毎日新聞に「ヒトにとって最も危険な動物は?」という見出しがありました。
即座に。「そりゃぁ、ヒトだろう」と思ったんですが、残念ながら答えは「蚊」でした。
記事は海外に渡航する際には蚊対策に注意を喚起する内容でした。
最近、ジカ熱や黄熱病のニュースがありましたし、少し前にはエボラ出血熱の騒ぎがあったばかりです。
「蚊」による死因の最大の病気はマラリアです。
Wikipediaによれば、「全世界ではマラリアに年間1.98億人が感染し、うち58.4万人が死亡している(2013年)」とあります。
たしかに、「蚊」の危険性は昔から高いです。人間と蚊の戦いは長い期間続いています。
そして地球温暖化が蚊の生息範囲を広げている、という風にも考えられます。今後ますます「蚊」のリスクは高まっていくのかもしれません。
自分は仕事でもプライベートでも海外に行くことが多いので、改めて蚊には気をつけようと思います。

160410danger_for_human
ヒトにとって最も危険な動物ランキング2位が「ヒト」でした。
しかし、ヒトがヒトに危害を加えて死に及ぶ数が世界で47.5万人って数が少ないように思います。
この数字は犯罪上の殺人だけなのかもしれません。
(よくアメリカがかかわることの多い)戦争とか、(アメリカのグアンタナモ基地でおこなわれているような)拷問での死者数は入ってないんでしょうか。中東地域での戦争、内戦やテロの犠牲者数も多いと思うのですが。

世界の主な戦争及び大規模武力紛争による犠牲者数

160410
こういう数字を見ていくと、ヒトにとって最も危険な動物はヒト、というのは間違いないと思います。

|

« パナマ文書 | トップページ | 震度7! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒトにとって最も危険な動物は:

« パナマ文書 | トップページ | 震度7! »