« 谷尾崎梅林公園(2016.3.06) | トップページ | 技術は陳腐化する。故に常に挑む必要がある。 »

2016/03/22

飯田丸梅園(2016.2.28)

時期がずれてしまいましたが、先月末、熊本城の飯田丸梅園に行きました。
熊本城を見に行くことはあっても、城内の梅園の存在は今年になるまで知りませんでした。
熊本城は桜が有名ですが、梅園の梅は結構見ごたえがあったし、お城と梅の組み合わせも良かったです。

梅独特の枝ぶりとお城の姿は、なかなか絵になります。
それを上手く写真で表現するのが課題ですが、なかなかうまく行きません。
まだまだ修行が足りません><

160228_iida_maru01

(2016.2.28 清正公像 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/160)

お約束の清正公。周囲の木は桜です。もう少ししたら華やかになるね。

160228_iida_maru02

(2016.2.28 長塀 byNEX5N E 18-55mm 19mm F 11 ISO100 1/100)

ながべー。露出がややオーバー。(悔)

160228_iida_maru03

上は熊本城の案内図です。
熊本城の正面は南側です。仮想敵が南方の「十文字」やけんね。
だから表玄関にあたるのは、矢印の櫨方門(はぜかたもん)じゃないだろうか。
今回はその櫨方門から突撃!
竹の丸、石垣に囲まれ曲がりくねった虎口を経て、赤丸の飯田丸を目指す。

160228_iida_maru04

(2016.2.28 櫨方門前 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/100)

櫨方門に至る虎口(ココウ)

160228_iida_maru05

(2016.2.28 櫨方門前虎口内部 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 11 ISO100 1/100)

櫨方門に至る虎口(ココウ)内部

160228_iida_maru06

(2016.2.28 竹の丸 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/125)

櫨方門をくぐると広がっている曲輪(くるわ)が竹の丸。竹の丸から石垣虎口群を登り抜けると、飯田丸。

160228_iida_maru07

(2016.2.28 飯田丸梅園 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 5.6 ISO100 1/640)

160228_iida_maru08

(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 7.1 ISO100 1/400)

160228_iida_maru09

(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 7.1 ISO100 1/400)

160228_iida_maru10

(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 7.1 ISO100 1/400)

160228_iida_maru11

(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 38mm F 13 ISO100 1/160)

160228_iida_maru12

(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 6.3 ISO100 1/320)

160228_iida_maru13

(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 10 ISO100 1/125)

160228_iida_maru14

(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 34mm F 13 ISO100 1/125)

160228_iida_maru15

(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/100)

160228_iida_maru16

(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 8.0 ISO100 1/500)

160228_iida_maru17

(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 6.3 ISO100 1/640)

|

« 谷尾崎梅林公園(2016.3.06) | トップページ | 技術は陳腐化する。故に常に挑む必要がある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田丸梅園(2016.2.28):

« 谷尾崎梅林公園(2016.3.06) | トップページ | 技術は陳腐化する。故に常に挑む必要がある。 »