« 国東半島を巡る旅(2015夏) その2 | トップページ | 国東半島を巡る旅(2015夏) その3 »

2015/08/19

真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由

Rokumonsen3_2

一ヶ月前くらいのニュースですが、今度の大河ドラマ「真田丸」の配役が決まったそうです。
こんな感じ。

堺雅人 (真田信繁役)
大泉洋 (真田信幸(信之)役)
木村佳乃(松役)
草刈正雄(真田昌幸役)
高畑淳子(薫役)
草笛光子(とり役)
寺島進(出浦昌相役)
中原丈雄(高梨内記役)
藤井隆(佐助役)
平岳大(武田勝頼役)
段田安則(滝川一益役)
遠藤憲一(上杉景勝役)
吉田羊(小松姫役)
藤岡弘、(本多忠勝役)
高嶋政伸(北条氏政役)
斉藤由貴(阿茶局役)
近藤正臣(本多正信役)
内野聖陽(徳川家康役)

昔、NHKの真田太平記で真田源次郎信繁幸村を演じた草刈正雄が、丹波哲郎さんが演じていた昌幸役をするとはねえ。
因果だねえ。
非常に関心をそそる配役です。
藤岡弘の本多忠勝役も、これはかなりはまっているかもしれません。

一方で、景勝役の遠藤憲一、氏政役の高島政伸、家康役の内野聖陽は完全なミスキャストです。
景勝はとても寡黙で表情を変えない「静」の人ですが、内に秘めたものは養父謙信に似て心の熱い義の人です。
遠藤憲一が演技が下手とか、そういった内面を演じられないとはいいませんが、景勝役に似合いそうなのは内野のほうじゃないかなあ。
彼に景勝役をさせて、彼の元に幸村が人質に取られるほうがさまになっているように思います。

氏政は父氏康ほどの柔軟性や指導力、危機対応能力には欠けるものの、保守的で無難な跡継ぎ。
高島政伸ではやや迫力に不足しています。彼が演じる秀長はよかった。(大河ドラマ「秀吉」)
氏政というより、氏規くらいがいいのかも。

家康は言わずと知れていますが、今回の役回りは真田家にしてやられる一方の立場。
家康役を大泉洋が演じても面白かったのではないでしょうかねえ。とぼけた感じも「狸」っぽいし。
真田太平記では中村梅之介が演じてました。ここは息子の梅雀にさせてみるのも、昌幸役の草刈正雄との比較においても一興。
少なくとも家康の内側に燃えたぎる炎は生涯を通じてありませんが、内野聖陽は内側の熱い炎が見えすぎているので、キャラクターが真逆すぎますね
前述のように景勝役、もしくは後藤基次役か大谷吉継役をやらせたいところ。これまでの役柄から推測すると細川忠興がぴったり。

ここには出ていませんが、真田家や信繁幸村に関わる人物として、
石田三成(私的には三成役は堺雅人がぴったりなんですが)
大谷吉継(信繁の義父)
徳川秀忠(上田城で煮え湯を飲ませられる)
後藤基次(大坂城の戦友)

あたりを誰が演じるのでしょうか。気になりますねえ
・・・っていっても、うちにはテレビがないけん見れんのですが(苦笑

|

« 国東半島を巡る旅(2015夏) その2 | トップページ | 国東半島を巡る旅(2015夏) その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由:

« 国東半島を巡る旅(2015夏) その2 | トップページ | 国東半島を巡る旅(2015夏) その3 »