« 携帯会社に2年間支払う額 | トップページ | 飛脚が格安SIMを運んできた »

2015/06/24

スイスポ(ZC32S)試乗

一ヶ月以上前の車の試乗記です。
時々、車の試乗と言いながらディーラにお茶をしに行くことがあったりします。
ですが今回の試乗は、そういうお茶試乗ではない可能性がありました。

次に乗りたい車

と書いたことがありましたが、うっかりスイスポ載せ忘れてました(*´Д`*)
気を取り直して、試乗記行ってみよ~

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

スイフト・スポーツ(ZC32S)
(2015.5.16試乗)
グレード:―
色:白。
試乗路:平坦な市街路。左回り。
平均速度:30~40km/h
時間:20分
天気、時間帯:晴天。午後3時頃

Suzuki_swift_sport

ラリーの世界では有名な車です。
スバルや三菱、トヨタについでスズキはラリーで有名なメーカーなんです。
昔から気になっていたけど、近場に試乗車がなくて乗ったことがありませんでした、スズキ・スイスポ。
1t少々の軽量な車重に、直4NA 140ps近いパワフルなエンジンを載せてます。
昔、WRCの下位カテゴリー、JWRCで大活躍し、イエローバレット(黄色い弾丸)と呼ばれた車です。
外観はノーマルのスイフトと大きな差はありません。
昔なら色が黄色だと、「お、スイスポ」とすぐに分かりますが、スイフト・スタイルに黄色系のカラーがあるので、蛍光色かどうかで見極める必要が出てきました。
エキゾーストが2本出しになっているのがスポーツです。
典型的な2ボックス、ハッチバックで、私がこの車の難点と感じているうちのひとつである背の高さ(1510mm)も特徴的です。
背が高くフロントウインドウの角度があるので視界は広いし、乗ったときに狭苦しさは一切感じません。
インテリアの質感は200万円以下に抑えた価格なり言ったところでしょうか。
でも昨今、軽でも200万を越える車が出てきました。
それらと比べると、200万でこの質感はややしょぼいのかもしれません。
シートはスポーツを楽しむための車として最低限の仕様になっていますが、座り心地はいまいちでした。
ハンドルにはチルトの他、テレスコまで付いています。
フルオートエアコンやクルコンまで付いていて、コストパフォーマンスは高いかもしれません。が質感は改善の余地ありです。
 
この辺の快適機能を省けば、さらなる軽量化が可能なのではないか、と考えるとスズキの車作りはさすがにすごいです。
走り初めから感じましたが、シフトのストロークが長すぎです。
せっかくの6速MTですが、改善してほしいところです。
スズキの6速MTのRはスバルや三菱と同じリング式です。
エンジンはテンロクNAの気持ちよいふけ上がりです。車の軽量さもあってきびきび走ります。
エンジンも軽量に出来ているのか、前後のバランスがいいのか、足回りのせいか、交差点での曲がり具合も気持ちのいい曲がり方をします。
FFだと、曲がり初めで感じたよりも曲がりの後半でさらにハンドルを切る必要が出てきたりする(アンダー)ものですが、この車はアンダーをあまり感じませんでした。
背の高さで心配したロールもありませんでしたが、試乗コースがそうしたことを確かめられるコースではありませんでした。
市街地平坦路での感想ですが乗り心地は良かったです。タイヤは195/45/17です。
一応見積もりを取ってもらいました。
 
本体価格173万円(6MT)。7速CVTモデルだと180万円。
乗り出しで200万そこそこです。軽自動車のS660が本体価格を200万以上にしていることを考えると、スイスポは破格と言って良いでしょう。
ホンダとスズキは同じ2輪レースの世界で育ってきたメーカーですが、車に対する考え方、客に対する姿勢が対極にあると思いました。
コストパフォーマンスで考えるとイチオシです。
予算が余ったらあと3センチは車高を落としたいので足回り改造に回せます。
他のスイフトと外観は同じなので、特別色の蛍光イエローを選ばなければ、ノーマルスイフトと思われちゃいますね。
私は、そういうの好きです。

他のスイフトシリーズは新しい1.2Lエンジン(K12B)でインジェクションを2本にして、スズキのエネルギー回生方式のエネチャージを載せています。
こちらは1tを切る車体で90馬力程度の元気なエンジンを載せて、しかも燃費が良いです。
私にとっては対象外ですが、こちらの5MT仕様もなかなか魅力的でした。

車種:スイフトスポーツ(ZC32S)
全長×全幅×全高=3890mm×1695mm×1510mm
車両重量:1050kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直列4気筒DOHC
最高出力:100kW(136ps)/6900rpm
最大トルク:160Nm(16.3kg-m)/4400rpm
トランスミッション:6MT
JC08モード燃費:14.8km/L(ハイオク)
車両本体価格:172.8万円

|

« 携帯会社に2年間支払う額 | トップページ | 飛脚が格安SIMを運んできた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイスポ(ZC32S)試乗:

« 携帯会社に2年間支払う額 | トップページ | 飛脚が格安SIMを運んできた »