« 空と大地と | トップページ | スマホ買い替え、スピードアップの巻 »

2015/06/02

半導体業界の再編

半導体関係で、企業買収のニュースがたて続けにありました。

ひとつはアバゴ・テクノロジーによる、ブロードコムの買収。買収額は約370億ドル(約4兆6000億円)。
もうひとつはインテルによるアルテラ買収。買収額は約167億ドル(約2兆円)。

今年に入って、インフィニオンとインターナショナル・レクティファイアー、サイプレスとスパンション、NXPセミコンダクターズとフリースケール、といった業界再編ニュースが相次ますし、昨年はIBM~GFとか、ソニーの山形買収もありましたね。同じ業界と言う意味では、うちの会社も、その一例になるところでしたが。

業界の再編が進む、というのはその業界自体の全体のパイが縮小している、もしくはそのトレンドが将来予想されている、と言うことです。もっとシンプルに言えば、みんな儲かっていないか、儲け幅が小さくなってる。
決していい話ではありませんね。

半導体のプロセスルールは限界と言われながらも縮小を続け、あと数年後には一桁nmに達しようとしています。
そのサイズ縮小を実現させるために必要な研究開発費は、莫大なものになっています。

今回挙げた再編劇では、すべての企業がそのような最先端のデバイスを製造しているわけではありませんが、半導体関連の開発費用はニッチな分野でさえも巨額になるのでしょう。産業と言うのはどの分野でも成長が求められますが、こと半導体においてはそのスピードが尋常ではないように思えます。このスピードを維持、もしくは加速するための費用と、企業の継続性を天秤にかけて、一企業で対応が難しいと判断されたときに、「再編」と言う言葉が経営者の頭に浮かぶのでしょう。

思えば、自分が会社に入った頃にお客さんだった国内企業の看板は、かなり様変わりしました。
まぁ、そもそもその頃私は半導体が20年以上も続くとは予想していませんでした(w
うちの会社は、たまたま名前が変わりませんでしたが、いずれ近い将来どこかと統合、もしくは買収されて看板が変わるのだろうなと、ぼんやりと予想しています。

|

« 空と大地と | トップページ | スマホ買い替え、スピードアップの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半導体業界の再編:

« 空と大地と | トップページ | スマホ買い替え、スピードアップの巻 »