« 温故知新 『日本発掘展』から | トップページ | 2月は如月 »

2015/01/14

フランスの事件

フランスで、その事件は起こりました。

フランスで風刺画が売りの、それほど発行部数の多くない「シャルリ エブド」と言う週刊誌でイスラム主義者によるヨーロッパ支配が広がっていくと言う近未来を、批判的に描いた小説が掲載されていたそうです。
イスラム主義者、ひいてはイスラム世界への危機意識をあおる内容だったらしく、イスラムに関係ない批評家からですら批難されていた模様。

ま、もちろんイスラムの過激派は猛反発し、行動に移すでしょうね。
そして出版社での銃撃事件。
12人が亡くなったとのこと。

いくらなんでもやりすぎです。

世界中から言論の自由に対する挑発として、イスラム主義者への反発がありました。
パリでは世界中の元首や外相が集まってデモ行進をしたと言うニュースがありました。

そして、その「シャルリ エブド」。最新号ではイスラム教の信者にとってはもっとも大事な、イスラム教の預言者ムハンマドをモデルに風刺画を掲載したそうです。

正直ね、この出版社はあほじゃないかとあきれました。調べてみたら過去にもイスラム教世界に対してかなり、悪態ついています。
2006年、ムハンマドをモデルにした風刺画を載せて、フランスの当時のシラク大統領に批判されていますし、
2011年、これまたムハンマドを使って皮肉った内容を扱っておりオフィスに火炎瓶が投げ込まれています。

いや、もちろん銃撃も火炎瓶も絶対許しちゃいかんと思います。
だけどね、その原因作っているほうにも問題があるように思える。むしろそうやってイスラム教世界への憎悪を掻き立てている扇動家、と言う風にも見える。

フランスって昔はクルセーダー(十字軍)の中心的国家でした。この十字軍はキリストを旗印にしながら、イスラムの人を殺せば天国に近づく、と言う馬鹿げた狂信者たちの集まりでした。「シャルリ エブド」もそういったキリスト狂信者の出版社なんじゃないか?って思ったりします。(どうも実際にはそうではなく、無宗教及び言論の自由に対する狂信者たちの集団、らしい)

私はこの件に関して、幾分かはイスラム世界への同情を禁じえません。無論、今回の銃撃事件実行犯にではなく、欧米中心の世界から十把一絡げに嫌悪されそうなイスラム教の世界にすむ人々に対して、深く同情します。彼らが一番の被害者のような気がしてなりません。

|

« 温故知新 『日本発掘展』から | トップページ | 2月は如月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスの事件:

« 温故知新 『日本発掘展』から | トップページ | 2月は如月 »