« 訃報:徳大寺有恒さん | トップページ | 急なことですが、 »

2014/11/17

今年のRJC カーオブザイヤーはスズキの「ハスラー」(2015)

2015年のRJC カーオブザイヤーはスズキの「ハスラー」でした。

Rjc_coty_2015

自分はダイハツの「コペン」推しだったんですけどね。最優秀を決める前にノミネートされる「6ベスト」には入りましたが、最優秀賞は残念ながら逃しました。

2015年 RJC カーオブザイヤー 6ベスト

ダイハツ工業『コペン』
富士重工業『レヴォーグ』
本田技研工業『N-WGN』
マツダ『デミオ』
三菱自動車工業『ek スペース』/日産自動車『ディズ ルークス』
日産自動車『スカイライン』
スズキ『ハスラー』

(6位が同数になったため7車種が最終選出会にノミノート)

まぁ、ハスラーなら仕方ないね。
スズキは新しい車の価値観を開拓、提案して見事にユーザーに受けましたね。かなり売れているようです。街中でも目立つし、今年出たばかりというのに良く見かけますよね。

以下、受賞理由をRJCのサイトより引用

『 ライトな感覚の軽自動車SUVとしての新しいジャンルを開拓した。動力性能ばかりでなくボディカラーなどの色に対する配慮も行き届いている。しかも街乗りにも充分な快適性を備えている。広い意味でユーザーに夢を与えてくれるクルマである。家族でも、一人でもペアでも楽しめる。その懐の深さと新鮮さを高く評価した。 』

輸入車の最優秀賞はメルセデスベンツの「Cクラス」。

テクノロジー オブザイヤー は日産の「ダイレクト アダプティブ ステアリング」という技術。

特別賞は「日本の軽自動車」でしたよ。

(受賞者は、一般社団法人 日本自動車工業会 軽自動車特別委員会となってます。)

最後に、最近ネットで出回っている12月に発売されるらしいスズキの新型アルトのデザイン

New_altorumor
自分はアリだと思う。もし、スバル「プレオプラス」(ダイハツ「ミライース」のOEM)買う前にこれが出てたら悩んでたかもw
現行アルトのデザインが自分的には「アレ」なので、まったく買う気が起きなかった
さてさて、低燃費競争という意味では、「ミライース」に対抗して、設計が古い「アルト」に後付でエコカー仕様にした「アルトエコ」を出しています。
対抗している、といっても販売数がダンチなので対抗になってない、という話もありますが。今回のフルモデルチェンジはようやく1からエコカー設計を施した形で対抗できますね。
40km/L超え、行きますかね~~

New_altorumor2
New_altorumor3_3
バックドアの色を変えてツートンも選べるらしい。

テールランプが下すぎる気もします。

さらに、うわさでは年明けに「アルトワークス」っぽいモデルも出るらしい。

ま、あくまで「ウワサ」ですが。

|

« 訃報:徳大寺有恒さん | トップページ | 急なことですが、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のRJC カーオブザイヤーはスズキの「ハスラー」(2015):

« 訃報:徳大寺有恒さん | トップページ | 急なことですが、 »