« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月に作成された記事

2014/09/11

近所のファミマの中が変わってた

今日も天気良かったですな。今週は連続していい天気で気持ちが良いですね。
朝晩は涼しくなっちょるから、秋の気配です。

今日、マツダのデミオの新車が発表されてました。
発売日はエンジンタイプで違っているようです。
前々から雑誌をにぎわしていたので気になってました。
にぎわしていたのはディーゼルエンジン。
1.5Lの「スカイアクティブーD」
6MTで燃費は30km/Lだそうです。(ATだと少し下がる)
小排気量のディーゼルエンジン、という点でも注目ですし、ディーゼルならではのトルクの太さ(25.5kg-m)を持ちつつこの脅威の省燃費。
・・・というのが売りのようです。
自分は今夏、ヨーロッパ旅行でミニのディーゼルを借りて乗ったんですが、その乗り味がね、

まったくダメ。

「ディーゼルエンジンの振動ってこんな感じかー」

「出足わりー」(かなり踏み込まんとダメ)

まぁ、ディーゼルってこんなものよね。
ヨーロッパ(スペイン、ポルトガル)はディーゼル天国、というような社会でした。
あれもこれも野太いエンジン音響かせながら駆け抜けていきます。

日本のディーゼルエンジンはどうなのかなーと思っている矢先にデミオのニュースがあったので、気になっていました。
ディーゼルタイプの発売は年末、12月以降らしいです。
まだ気になっていたら試乗してみたいですね。そのまえに今月末のガソリン車、試乗に行っておくか。

先日、かなり久しぶりにファミマに行きました。
店内のレイアウトが変わっていて、商品棚の配置自体は変わっていないんですが、棚の高さが上がっていました。
置いてある商品の高さも上がるわけですが、これって背の低いひとには不評だと思いますけど、どうでしょう。
自分はどっちかって言うと背の低い方(160cm)で、この棚に威圧感を感じてしまいました。
棚の向こうが見えないので、店内が見渡せません。
ん~、コンビニバイトの経験からすると、防犯上もよろしく無い気がしますが、はたしてこれは何の企みなんでしょうかね。
商品棚の数が増えるので、そろえる商品数は増えるでしょう。
でもそれくらいしかメリットが浮かばない。
何かに似ているなーとおもったんですが、ドンキ的な印象。それは言いすぎか?
でもわざわざ棚の高さをあげてまでして、商品数増やしてもいいことは無いと思うのですが。。。

ほかのファミマも同じなのかどうか、まだ行ったことがないのでわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/10

ヨーロッパでは自由を求めている地域がある、のか?

経済ニュースによれば、イギリスではかなりもめているようです。
何をもめているかといえば
「ブレイブハート」
ではなかった、スコットランド独立問題。

なぜ経済ニュースかといえば、スコットランドが独立した場合の、
独立国スコットランドの通貨問題。スコットランドはポンドを継続使用したい?
北海油田権利の帰属問題。地理的にはスコットランドが近い。
イギリスの債務の分担
そういった種々の問題を抱えた新生イングランドとロンドン、および基軸通貨ポンドの世界的地位の将来

こういったいろんな問題があって、最近ポンドが売られています。
週足チャート

Gbpusd_weekly_chart201409
7月以降、急落中。

でも月足で見るとさして問題になるレベルではないかも?

Gbpusd_monthly_chart201409
歴史的な背景は、映画「ブレイブハート」でイメージだけ感じれば良いんじゃないですかね。

Melgibsonbraveheart
ウィリアム・ウォレス役のメル・ギブソン、いい味出してます。
敵対する狡猾なイングランド王エドワード1世役のパトリック・マクグーハン(故人)もすげーはまってた。
かれの息子エドワード2世の后としてフランスから輿入れしたイザベラ役のソフィー・マルソーも素敵だった。

ちなみに、このイザベラの息子エドワード3世は、後の100年戦争で強力無比なイングランドの長弓兵(この映画でも強さを発揮していた)を率いて不敗の名将といわれたエドワード黒太子(エドワード・ザ・ブラックプリンス)の父。そんなわけで、ソフィー・マルソー演じたイザベラはエドワード黒太子の祖母になる。映画ではウォレスの子かも、なんて匂わせているのでウォレスは祖父になるのか?(もちろん、その辺はフィクション)
100年戦争といえば、エドワード黒太子以後にフランスに現れた「オルレアンの乙女」ことジャンヌ・ダルクですな。こちらはミラ・ジョボビッチか。

話が横道にそれたけど、今月18日に、独立か否かを問う住民投票が行われる予定。
まさに今、クライマックス。

ヨーロッパでは、スコットランドと似たような独立化運動の地域として、(加えて経済的な影響が大きいと予想される)スペインのカタルーニャ問題も連想されているようです。
スペイン国債が値を下げたっていう現実を見て、カタルーニャ問題か?というような連想があるらしい。
カタルーニャは先々月訪れた場所なので、気になりますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/08

颱風「風神」(フェンシェン:14号)2014

熊本では昨日(日曜日)、今日(月曜日)と連続で晴れました。
久しぶりの青空を見た、気がします。
昨日は熊本港までお散歩ドライブしてきたんですが、道すがら空を見ると積乱雲が立ち上っていました。
久しぶりに夏っぽい感じ、でした。
ただ、朝晩はまだ涼しくなります。
張り出している高気圧が海洋性ではなく大陸性だからでしょうねえ。

先日、久しぶりに颱風が発生しました。しかも低気圧が発達して颱風レベルになったのが奄美沖っていう。
この近海ものの颱風はその後日本の南方海上を東進。
日本列島に近づきそうで近づかない、微妙な距離感を保っています。ただ、雲の一部は東海~関東にかけてかかっているので結構降るかもしれませんね。

颱風の名前(アジア名)、気象庁のサイトに行ってみたらフンシェン「風神」となっていました。
14号だから「カルマエギ」じゃないの?と思ったんです。
アジア名の名前は

ハーロン 11号 「夏浪」
ナクリー 12号 「娜基莉」

この次が フンシェン「風神」 になるのです。

あれれ?と思って調べてみたら、13号は日付変更線の向こうで生まれたので「ジェヌヴィーヴ」っていうハリケーン名が付いていたようです。
このため13号にはアジア名が付かず、14号に飛んでいたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故目撃談

先々週末、プールに行く途中で車(軽自動車)が駐車場のフェンスを破壊し、前のめりに飛び出した状態で止まってました。
付近には白黒パンダパトも止まってて、確認作業中。
どういった状況であのようになったのかわかりません。よくある話では、駐車していた車が発車する際にペダルを踏み間違えてアクセルを強く踏んで飛び出し事故になるケースがあります。
最近の軽自動車には、発車時に飛び出さないようなフェイルセーフ機能がついていますが、この車には無かったか、作動しなかったか。
救急車の雰囲気はなかったので乗っていた人に重篤なけが人はいなかったようだけど、年齢層までは分からず。

一週間経ったけど、フェンスには応急処置のロープが張られていました。痛々しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/07

錦織君

ニシコリ君、すごいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/06

次期ロードスター(2015)

今週、マツダの次期ロードスターが発表されてました。
フロントデザインは予想通りの最近のマツダ顔ですが、きついツリ目ではありません。
ワイド・ローの印象を大事にしたかのような目つき。
現行NCのハニワっぽい顔は個人的に拒否反応を感じてましたが今回のはアリです。
魚っぽく見えなくもないけど。見る角度によってはかなり不細工にも見えるけど。
全体的なデザインに心揺さぶられました。私は「イケテル」と思います。
現行NCより100㎏も軽量化させたらしいです。スバラシイ
まじめに軽量化を考えて実行できる会社が日本ではマツダ、三菱、スズキとダイハツくらいしかなくなっています。
(むしろ大手のトヨタ、日産、ホンダ、大手じゃないけどスバルは軽量化にまじめに取り組んでない。その代り、スバルは高剛性、安全性を優先しています。車のあり方に対する考え方の違い、と言えるかもしれません。)
軽量化は地味ですがすごくムズカシイ技術なんです。でも軽量化は車の基本性能向上に一番有効なアイテム、と私は思っています。
エンジン性能(パワー)を上げるとか、車の剛性を上げる、というのは馬鹿でもできる。(後付でも可能、という意味で)
余分な贅肉を大胆に、かつ慎重に減らす努力を、まじめに考えている会社の車に、私は乗りたい。

次期ロードスターは来年発売だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/04

9月といえば半期末

いまさら、ですが9月になりました。
5月決算企業の配当案内が来てたので、先日郵便局に行って換金してきました。
額は諭吉さんが二人程度なのでたいしたことはありません。
配当金と一緒に株主優待でホテルの宿泊割引チケットが届くのですが、場所が遠くて(福島と山梨)行けねー(涙☆

日本のカレンダーで仕事をしている人の多くは、こういった5月決算じゃなく3月決算なため、今月が半期末になるのでいろいろ慌ただしくなりますね。
特にお金、予算関係は〆に向けての調整とか帳尻合わせとかあるんじゃないでしょうか。
うちの会社でも、毎年期末にそういうのがあって余っている予算使い切らなきゃ、って年度末の道路工事ラッシュのような様相。
思えば、高校の時からそんな感じだったな。
当時は先にパーツを購入し、そのレシートを提出して初めて現金が給付されるという恐ろしい仕組みだった。
お金のない高校生が、予算下りるまでの間の現金をどうやって工面するんだよっ!
うちの高校だけなのかね、当時だけなのかね?よくわからん。

予算といえばバジェット(budget)。
会社に入り、物理や化学的な実験をする仕事してますが実験結果のレビュー時に、「熱のバジェットが~」とか「パーティクルを発生させるバジェットが~」とか飛び交ってました。
まぁ、((実験結果や現象)の要因の)見積もり、持ち分、というくらいの意味合いで使われてます。
パラオでタクシーに乗ったらタクシーのオヤジが、「この道と橋は日本のバジェットで作られたらしいよ」と言ってた。
予算=経費、資金というような意味合いだと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/01

12回目の給油

8月の給油状況です。
盆前に1ヵ月半ぶりに給油しました。
前回給油は6月末でした。
その後、休暇で海外に出かけたり、与論に行ったりして車に乗らない時期がひと月弱あったので、久しぶりの給油でした。

この車、乗らない時期というか動かさない時期が長いとバッテリーの電圧が下がってしまうため、アイドリングストップ機能の「エコIdle」が、走り出してしばらく作動しません。
今回は2日間くらい会社の往復では復活しませんでした。3日目にしてようやく「ECO Idle」ランプが点灯。走った距離は100kmくらいか???
加えて、暑い日にたまらずエアコン使ったりしました。いつもは窓半開なんです。
そんなわけで、今回の燃費は26.29km/L

2014年8月
日付 2014/8/11
走行距離(km) 707.5
ODO 7170
累計距離(km)
給油量(L) 26.29
燃費(km/L) 26.9
ガソリン単価 ¥163 
ガソリン代 ¥4,285 
累積Cost ¥47,136 

 

お盆中は大して走っていませんが、現在燃料計の最終目盛りが点滅中(w
あと100kmくらいで給油予定。3日後くらいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正力松太郎はCIAの工作員

9月になりました。
上の画像を首里城の写真に変えています。
この夏、与論に行った時に那覇での乗り換えの時間を利用して、首里城で撮影したものです。

なんか調べ物してたら、WikiPediaの正力松太郎のページに飛んでしまいました。
このひと、読売新聞の社主だった人ですが、CIAの工作員だったんですね。
(アメリカの公文書公開で明確にされているので噂話とかではありません)
まぁ、具体的に何したか知りませんが、この人が原発推進のきっかけになって、そのことに抗議して湯川秀樹が原子力委員を辞任しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »