« 福島の小児甲状腺がん、発症率 | トップページ | 熱病といえば千円札の、あのお方 »

2014/08/26

夏終盤の新車ラッシュ

昨日、25日は新車ラッシュでした
スバルのWRX、WRX S4
スズキのワゴンR
トヨタのランクル70
VWのポロ
新車発表って休日の前とか日曜日じゃないんですね。

上の順番は当然のことながら気になっている順です。
ぶっちゃけ、復刻版ランクル70とポロは興味ありません。

WRX STI/WRX S4はフルモデルチェンジっつか、新発売?
これまではインプレッサの派生版でしたが、今回の変更で正式に「インプレッサ」がつかない、「WRX」という車種になります。
(少し前からすでにインプレッサって呼んでいなかったような・・・)
カローラ・コロナ、が「コロナ」。
スカイライン・GTRが「GTR」になったようなもの。
先行発表されているレヴォーグと共通のシャーシになっています。
顔はレヴォーグそのもの。まぁ、誰が見ても
レヴォーグWRX、と言っても良いくらい(w
エンジンは2.0Lボクサー。
WRX STIの搭載されるエンジンはレヴォーグで採用されている最新のFAタイプではなく、従来のEJ20。(WRX S4に搭載されるエンジンはFAタイプ直噴ターボらしい。)
AT仕様(A line)と6MT仕様があり、これまで通り4ドアセダンタイプと5ドアHBタイプで売り出されます。
デザイン云々よりも年々重くなっている車重の方が気になります。
乾燥重量1480kgって。軽量化したスペックCで1450くらいか?まだないけど。
日本の車メーカーで軽量化に知恵と気合が入っているのはマツダくらいです。
スバルもこの領域で気合を入れてほしい。
WRXで出るかどうか一気に不透明になりましたが、テンロク(1600cc)クラスが出ないですかね。
レヴォーグにはあるんですけどねえ。
形式名称はWRX STIが「CBA-VAB」、WRX S4が「DBA-VAG」
VA型?と呼ぶようになるんですかね。
自分の乗っていたインプレッサWRX Stiは「GDB-B」でした。これはGDBの2代目(2回目の年次改良版)になります。
「GDB」はインプレッサWRXとしては2世代目で、初代が「GC8」でしたね。

スズキのワゴナール(ワゴンR)
軽では初のハイブリッド車が登場しました。いよいよ、というところでしょうか。
軽の強みの軽量な車体にハイブリッドシステムなんて重いシロモノを載せたらかえって燃費悪くなるんじゃねー?と思ってました。
ハイブリッドカーといっても、トヨタの2モーターとも、ホンダの1モーターともシステムが違います。
でもホンダの1モータータイプに近いんですかね。スズキの考える軽カータイプのハイブリッドですね。
モーターはあくまでガソリンエンジンのアシスト機能だけ。
モーター、バッテリーを積んでて車重はハイブリッド無しと比べて10kg増の790kgに抑えています。(2WD車)
800kg以下というのがすごい。
これで燃費は32.4km/L(JC08)
わがP+ちゃんが33.4km/Lに迫る勢い。。。。って、ん?ハイブリッドでそれだけ?やっぱ重さを損なわない程度の小型モーター&小型バッテリーのせい?
先代のワゴナール(もちろんハイブリッド無し)が28.8km/Lだったで、12.5%燃費向上。(新型のハイブリッド無しは30.0km/L)
スズキの燃費スペシャルのアルトエコが、現在35km/Lなので、このシステム積んだら単純に1.125倍で39.4km/Lくらいになるのか。40km/Lには届かないんだな。
軽初のハイブリッドということで注目しましたが、正直それほど衝撃的な内容には見えません。ただ軽カーの今後を考えるうえで面白いチャレンジだと思います。
ハイブリッドタイプになって気になるのは運転への影響度です。回生のための意図しないブレーキング(エンブレのような感覚)がどの程度あるのか、気になるところです。
いずれこのシステムはアルトエコにも積まれるでしょう。ブラッシュアップもされるでしょう。
さて、P+(ダイハツミライース)には、どんなカードが用意されているのだろう。ハイブリッドは無いような気がするなあ。
ボディ樹脂化による更なる軽量化と低価格化、排気量550~500ccにしてスーパーチャージャーとか?

ちなみに、機構上の興味は尽きませんが、ワゴナールのような「ハイト」系軽カーのデザインには全く興味がないので、欲しいという気は全然沸き起こりませーぬ。

|

« 福島の小児甲状腺がん、発症率 | トップページ | 熱病といえば千円札の、あのお方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏終盤の新車ラッシュ:

« 福島の小児甲状腺がん、発症率 | トップページ | 熱病といえば千円札の、あのお方 »