« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月に作成された記事

2014/06/29

11回目の給油(冷や汗)

梅雨というのに、熊本は今までのところ空梅雨に近い日々が続いています。

さりとて晴れた日が多いかというと、そうでもなく曇りの日が多いですね。

さて今日給油しました。もうすぐワンタンク走行距離800kmに届きそうだったのですが。

今すんでいるところはちょっとした丘の上で、どこかに出かける場合は一回坂を下る必要があります。

もちろん、帰宅するときは坂を上る必要があります。

今日プールから帰りにこの坂でガス欠になりかけました。

アクセル踏んでも回転があがらない感じ。あぁ、バイクや前のインプレッサでも覚えのある、この感じ・・・。

この自宅付近の坂は結構きつい勾配なのです。

恐らくこの勾配を登る際にタンク内のガソリンが偏り、供給ポンプ吸い込み口のガソリンがなくなったためガソリンを送ることができなくなったんでしょう。

やべー

冷や汗ものでした。

ひとまず帰宅。

その後坂を下ってガソリンスタンドまでは難なくいけました。

点滅開始から150km超えていました。もうすぐワンタンク800kmだったのですが・・・

無理は禁物ですね。メーター表示されている平均燃費は29.6km/Lでした。

2014年6月
日付 2014/6/4 2014/6/29
走行距離(km) 714 787.5
ODO 5675 6462
累計距離(km)
給油量(L) 26.19 27.22
燃費(km/L) 27.26 28.93
ガソリン単価 ¥162 ¥164
ガソリン代 ¥4,243 ¥4,464
累積Cost ¥38,387 42,851
月毎走行距離 1501.5
(km)
月毎ガソリン代 8707
(円)
月毎平均燃費 28.1
(km/L)

 

6/4の給油は前回載せてます。この時、次回給油は7月頭かなーと予想してましたが、前回給油後、玉名の菖蒲祭りに行ったので給油タイミングが早くなりました。

この期間の平均最低気温は20.1度。
暑く、蒸し蒸ししてきたのクーラー使った日は2~3日くらいじゃないかな。ただ、雨が少なかったので燃費が伸びたんでしょうね。

[今回分かった事]
満タン給油で27.2L給油。(ノズル差し込んで、自動で止まった時の量)
点滅開始は残量6Lのサイン。平均燃費計29km/Lならあと174kmくらい走れる計算。しかし点滅開始後155kmくらいのとき、自宅付近の急坂道でガス欠になりかける。この時、計算が正しければあと650ccくらいはタンクに残っているはず。
(実際にタンクに入ったガソリンは27.2L。予想との差は2.15L。)

少なくとも車についている平均燃費計はかなり正しい値を示す。
点滅開始(6L)から5L分くらい走ったら給油するべき。この時の計算では、平均燃費計をあてにして良い。
実際のタンク残量はどうあれ、坂道などタンク内ガソリンの偏りなどを考えると、点滅開始後の計算残量1L未満では自宅に帰れない恐れあり(苦笑

教訓:点滅開始後残量1Lで給油。(平均燃費計から給油するべきタイミングを計っていい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/12

菖蒲まつり

140607_tamanairis01

(2014.6.7 玉名・菖蒲祭り byNEX5N SEL24F18Z F4.5 ISO100 1/320)

熊本市の北に玉名市があります。
菊池川の河口に位置し、
古くは菊池川を利用して菊池近辺で取れた良質なお米の中継・集積地点であり、玉名の港を通じて上方へ出荷されていました。
この玉名で今の時期になると菖蒲祭りが開かれています。
週末そこへ行ってきました。

140607_tamanairis04

(2014.6.7 玉名・菖蒲祭り byNEX5N SEL24F18Z F9.0 ISO160 1/60)

140607_tamanairis03_2
(2014.6.7 玉名・菖蒲祭り byNEX5N SEL24F18Z F9.0 ISO100 1/80)

菖蒲とあやめの区別もつきませんが、菖蒲湯くらいは知っています。菖蒲=尚武、とつながるので縁起のいい植物、ということも聞いたことがあります。

だからでしょうね、5月によく見かける「のぼり」がいっぱい並んでました。

140607_tamanairis06

(2014.6.7 玉名・菖蒲祭り byNEX5N SEL24F18Z F9.0 ISO100 1/500)

140607_tamanairis02

(2014.6.7 玉名・菖蒲祭り byNEX5N SEL24F18Z F22.0 ISO100 1/100)

ついでにセンサークリーニングのできばえチェック。

F値を22まで絞っても、へんなごみが写ってません!グッジョブSony!!

菖蒲を愛でる機会はなかなかなかったし、久しぶりにお祭り見物できたのでよかったです。

出店もあったし、生くまモンも見れました(笑

帰り際、土手で見た蛇~~

青大将ですかね。久しぶりに見たよ。

140607_tamanairis05
(2014.6.7 玉名・菖蒲祭り byNEX5N SEL24F18Z F2.8 ISO100 1/800)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/06/06

もうすぐ戻ってくるようです

センサーのクリーニングをするため、メーカーへ出したのですが、

140605_sony_station
昨日、メーカから出荷されたそうです。早いなぁ、と思ったけどセンサークリーニングはたいして時間がかからないんですね。

土日には手元に戻ってきそうです。センサークリーニングは一週間くらい、と思って置けばよさそう。費用支払いの通知がないけど、請求書同封で戻ってくるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/05

10回目の給油(4回目以降10回目まで)

前回P+の燃費を書いたのは車を買って3回目に給油をした昨年11月末でした。

3回目の給油

継続して載せようと思っていましたが、そこから半年経ってしまいました。

この間に2ヶ月のアメリカ出張とか、中国出張があったので意外と走行距離は進みませんでした。

5月に6ヶ月点検していますが、6000kmも行ってません。6月に入って通算10回目の給油をした時点で総走行距離は約5700kmです。

ひとまず4回目以降の給油実績を振り返ります。

4回目は昨年12月の初旬、アメリカ出張直前でした。

2013年12月
日付 2013/12/7
走行距離(km) 587
ODO
累計距離(km)
1775
給油量(L) 24.55
燃費(km/L) 23.91 
ガソリン単価 ¥153
ガソリン代 ¥3,756
累積Cost ¥14,303

この週の後にタイヤの空気圧を調べたらずいぶん落ちていたので、一ヶ月点検時に空気圧を調整しました。

タイヤ空気圧

ですがその直後アメリカへ長期出張。

帰国後走り回って5回目の給油をしたのが2月の半ば。

2014年2月
日付 2014/2/15
走行距離(km) 586.2
ODO
累計距離(km)
2361
給油量(L) 25.99
燃費(km/L) 22.55 
ガソリン単価 ¥149
ガソリン代 ¥3,873
累積Cost ¥18,176

燃費が落ちました。

タイヤの空気圧は帰国後に調べてそれほど落ちていなかったんですが、あえて試しに入れなおして3.0kg(推奨値が 前後2.6kg)にしていたにもかかわらず。

気になったのは気温です。

この期間の平均最低気温は2.8度でした。

エンジンが冷えていると熱効率が悪くなり、燃費に悪影響ですし、この車はCVTなのでこれが冷えていても動力伝達効率が悪くなるため、燃費に悪影響を及ぼします。

私は車を通勤で主に乗り回しますが、通勤時間帯というのは朝早く、夜は遅いため日中の気温分布でも低い気温時しか乗らないことになります。車の燃費にとっては過酷な環境といえるでしょう。
とはいえ、熊本ですからねえ。東北や北海道じゃないんだから。どこまで影響があるのかは今後モニターして行こうと思いました。

そしてこの次に給油したのは3月です。3月は2回給油しているので6回目7回目を並べます。

2014年3月
日付 2014/3/1 2014/3/24
走行距離(km) 582.1 653.2
ODO
累計距離(km)
2943 3596
給油量(L) 24.53 26.11
燃費(km/L) 23.73  25.02 
ガソリン単価 ¥149 ¥151
ガソリン代 ¥3,655 ¥3,943
累積Cost ¥21,831 ¥25,774
月毎 走行距離
(km)
1235.3
月毎 ガソリン代
(円)
7598
月毎 平均燃費
(km/L)
24.8 

実は5回目給油後に島原半島にドライブに行っています。
3月頭の6回目の給油時の結果にはこの影響が反映されて燃費が伸びると思ったんですがあまり伸びませんでした。この期間の平均最低気温は3.7度でした。タイヤの空気圧は3.0kgのままです。

そしてその後ほぼ一ヶ月間特に遠出せずほぼ通勤と週末のプール通いや図書館通いで車を乗り回した後、3月末に7回目給油しましたが、燃費は少し改善しました。この期間の平均最低気温は7.2度でした。気温が上がり始めてきており、その影響が出てきたのか、それとも運転のコツをつかめてきたのか。タイヤの空気圧は3.0kgのままです。

そして4月の半ばに8回目の給油

2014年4月
日付 2014/4/15
走行距離(km) 662
ODO
累計距離(km)
4257 
給油量(L) 26.39
燃費(km/L) 25.09 
ガソリン単価 ¥159
ガソリン代 ¥4,196
累積Cost ¥29,970

この期間の平均最低気温は9.7度でした。ずいぶん温度が上がってきた割には燃費は前回とほぼ同じ程度。この期間以降、車停止時から走り始める際のアクセル踏み込み具合に注意しはじめています。タイヤの空気圧はこの頃もまだ3.0kgをキープ。

この期間中、週末のプールや図書館に向かう際に渋滞がひどかったことも影響があったかもしれません。

そして5月GW後に9回目の給油。

2014年5月
日付 2014/5/9
走行距離(km) 704
ODO
累計距離(km)
4961 
給油量(L) 26.42
燃費(km/L) 26.65 
ガソリン単価 ¥158
ガソリン代 ¥4,174
累積Cost ¥34,144

ついにまさかの1回給油で走行距離700km!
以前、航続可能(距離) という記事で走行距離700kmはよほどのことだろう、と書いたんですが実現してしまいました。

この期間の平均最低気温は12.5度。GWは特に遠乗りしませんでした。GW時の市内渋滞は前の期間と同程度でしたが、渋滞にはまっている時間は前回給油時に比べれば多かったと思います。それでも燃費は改善していますので気温の影響かもしれませんね。

そして先日10回目の給油をしてきました。

2014年6月
日付 2014/6/4
走行距離(km) 714
ODO
累計距離(km)
5675 
給油量(L) 26.19
燃費(km/L) 27.26 
ガソリン単価 ¥162
ガソリン代 ¥4,243
累積Cost ¥38,387

この期間の平均最低気温は16.8度。タイヤの空気圧は少し下がって2.6-2.8kgでした。

ここでも走行距離700km超え。

なんか普通にすげーと思います。燃費も27km/Lを超えました。気温が上がった影響は大きいですね。ただ、雨の日は燃費が伸びないような感じがします。梅雨に入り始めの頃でそれほど雨の中を走ることが無かったことも燃費改善に効果があったと思います。

P+はガソリン残量計が最後のひと目盛りになると点滅をはじめるのですが、これはタンクに残っているガソリンは残り6L、ということのお知らせでもあります。

8回目以降は点滅を始めて100km走ったら給油しようと思って入れていますが、今回給油量がそれほど増えませんでした。タンク容量は30Lなので、3.8L(1ガロン)分はまだ走れたんですよね。燃費から計算するとあと100km走れたことになります。(さすがにこれは、今の通勤モードでは無理でしょう。)

P+のカタログ燃費が33.4km/Lなので、現時点ではカタログ燃費の8割くらいで走れていることになります。片道15kmの通勤路でこのくらい走ってくれれば、素晴らしい性能と思います。

今週になっていっそうガソリン代が上がりました。気温は今以上伸びるかどうかわかりませんが雨の日が増えると思うので、今回の記録がベストに近い結果ではないでしょうか。

次回給油は7月頭になると予想されます。
タイヤの空気圧は今週末調整しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/03

ミラーレスカメラのセンサー汚れと清掃

バラの写真を撮った時にセンサー汚れが気になりました。
絞り(F値)を絞る(数値が大きくなる)と非常に目立ちます。
F値14の場合

140612_f14
区ルックして拡大するとわかりますが、右上部の大きいごみはもちろんですが全体的に黒い水玉模様が写っています。

F値5の場合

140612_f5
晴天の風景画像でFが5、っていうのもありませんが、そこまで絞ればごみも目立たなくなります。

ブロアーで吹いてみたんですが、汚れが取れる気配がありません。
このブロア-はかれこれ25年使っています。
ミラーレスカメラと言うのはその構造上、一番大事なセンサー部分は常にむき出し状態です。レンズ交換時には丸見えになっています。
一眼レフタイプだと、ミラー部がセンサーの前にあるため、レンズ交換時はセンサーはミラーの奥になり、直接見ることはありません。ミラーが汚れることはあるかもしれませんが。
ブロア-で落ちないセンサーの汚れはふき取るしかありません。
素人が最も繊細で重要なセンサー部に力が加わる作業をしてもいいものかどうか。
ペンタックスからセンサークリーニングキットが販売されているようです。
また、このキットを使って清掃してみた人のブログ記事も見かけました。
自分でいろいろやるのは好きですが、このセンサークリーニングに関しては自信がありません。
そういう場合はメーカーのサービスセンターに持って行ってクリーニングしてもらう、と言うのが一般的です。
自分の場合、ソニーですが、ソニーのサービスセンターは日本で4か所しかありません。
東京・秋葉原、大阪・日本橋、名古屋、那覇
です。
ついこの間まで、福岡にもあったんですが、今年の2月に閉鎖されてしまいました。

140603_sony_stationhttp://www.sony.jp/support/info/sinfo131203.html

効率を考えれば、客の多い大都市近郊にしか恩恵が受けられないシステムは少しの労力で大きな効果を得られるでしょうから、わからんではありません。
でも不便ですねえ。
ただ、ソニーのサイトで調べていくと自動的に不具合の起きた商品を自宅まで引き取りに行ってサービスセンターに送ってくれるシステムが出来上がっています。
商品を買った際に登録をしておけば、商品の番号を入力すれば自宅へ引き取ってもらう際の住所などの情報入力の手間も省けます。
自分はこのシステムを使ってみることにしました。
センサーの清掃で5000円くらいかかるかもよ(NEX 5Nの場合)、
と言う表示が出てきます。往復の送料も入っているんでしょうね。

140603_sony_cleaning01
140603_sony_cleaning02_2
5000円+税、ってあります。5400円って往復の送料がかなり入っていると思いますけど、高いなあ

140603_sony_cleaning03
MySonyClub会員ならログインすればお客様情報は自動で埋めることができます。

すべて入力すると、運送業者の引き取りスケジュールを決める画面になります。日付と時間帯で決められます。
自分ちには日通航空さんが来ました。引渡しの際には16mmのレンズをつけ、メモリーは削除フォーマット、電池はフル充電の電池を取り付けてお渡ししました。

センサーがきれいになって戻ってきてほしいです。
どのくらいで戻ってくるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/01

レット・イット・ゴー

6月になりました。Topの画像を変えています。LapazのPalm Treeです。
確か4月もLapazのPalmだったような・・・(気のせいかな?)

さて先日タブレットPCのNexus7を勢いの任せて「買っちゃった」んですが、この話は後日じっくりします。
以前のブログに書いてますが、ぽちっとした数日後には手に入れてました。

今日は映画の話です。
といっても、映画の本編を実際に見たわけではありません。
今、巷で人気沸騰の「アナと雪の女王」
ま、今頃ネタにするのもどうかと思いますが。
   
 
ディズニー映画です。思いっきり子供向けの映画でしょう?
さすがに40過ぎのおっさんが一人で見に行くには抵抗があるんですよ。
まあ、これまであまりディズニーアニメには興味がなかったんです。
「ニモ」ですら見に行かなかった。見に行きたい、という興味もわかなかった。
それが、この「アナと雪の女王」はなぜか見たいと思っちゃったんですね。
理由は、劇中歌。

「Let it go」

ようつべに、ディズニー公式をはじめ、いくつも劇中歌の動画があがっているので一度見てください。なによりもイディナ・メンゼルが歌うオリジナル(英語版)をぜひお勧めします。
自分はこの動画に登場して歌っている女の子が誰か、最初知りませんでした。
でも歌詞の内容とか、彼女の動作とかいちいち心に刺さってきたんです

前半は彼女自身の境遇を振り返っています。
抑圧され、自らの秘密を隠すようにいわれ、人前ではいい子で振舞っていた彼女。だけど、おそらくその秘密(たぶん魔法が使えること)は隠せないものとなって、恐らく彼女は一人孤独にも雪山に向かったんでしょう

そして「Let it go」
この言葉は「ほおっておけ」とか「あきらめる、忘れる」とか「そのままにしておけ」「もういいやんかーそのままにしちょき」的な感じの言葉です。
あることがらを(本来の状態を変えず)先に進ませる、ということなんでしょう。
この歌の場合、彼女が彼女自身の特殊な能力がゆえに世間への手前自らを偽って生きてきた。もうそんな偽った自分に決別し、
本当の自分の姿で生きていこう、
が、「Let it go」なのだと思います。

そして後半はそれまでの自分や世間との決別、彼女自身が手に入れた自由な世界への喜びが歌に表現されています。

ただ、歌の中で何度か出てくる
Let the storm rage on

The cold never bothered me anyway!
は、なんというか、彼女の孤独な心のありようが出ています。

自由、なのだけど、孤独。
喜びにあふれている一方で、その喜びを分かち合う存在がいない、むしろそんな他者はこの世には居ないし誰も近づいてきてほしくない、と言う身の回りに対する拒絶。
そんな切ない状況がこの歌の中にはあります。

松たか子が歌う日本語版はいまいちなんです。この切ない部分はあまり日本語では表現されてない気がします。
「Let it go」を、「ありのままの~」とした部分はなんとなく理解しますけど。

劇中歌「Let it go」の一シーン
この辺り前後の10数秒、ティアラを投げ捨て髪を下ろし、新しい(氷の?)ドレスを身にまとう彼女の一連動きはゾクゾクっとします。

140601_frozen_2

子供たちも「レリゴー♪」って歌っているらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »