« 福モに行けない・・・ | トップページ | 御料車 »

2013/12/23

アメリカの好調ぶり

20日に発表があったアメリカの第3・四半期の米国内総生産(GDP)確報値は前期比年率で4.1%増となり、改定値の3.6%増からは大きく上方修正されています。
加えて第2・四半期の2.5%からも大きな伸びを示し、米経済が強くなっていることが明らかになっています。

これを受けてダウは最高値を更新。

一方で為替は104円台を行ったり来たりですが、これは先日開催されたFOMCで金融緩和の縮小方向が示されたときに大きく円安方向に振れているので織り込み済み、というところでしょう。

従来なら経済指標が良い数値を示すと、金融緩和縮小に対する警戒から株価は下がっていましたが、そういった警戒や疑心暗鬼のフェーズは乗り越えたようです。

為替の動きはよくわかりませんが、足踏み状態はそれほど長く続かいないかもしれません。

|

« 福モに行けない・・・ | トップページ | 御料車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの好調ぶり:

« 福モに行けない・・・ | トップページ | 御料車 »