« 2013年振り返り | トップページ | 妄言、片腹痛い »

2013/12/30

忌まわしい神社

安部君が神社に参拝しました。

神社といってもただの神社ではありません。

かつて日本は無能な指導者のもと悲惨な戦争に巻き込まれました。

この無能な指導者が、この神社では神としてあがめられているのです。(死者はすべて神とされている、というレベルのお話です)

無能な指導者は戦後、戦勝国によって戦争犯罪人として裁かれましたが、多くの日本人にとっても彼らは裁かれて当然の人々です。
なぜなら被害者には多くの日本人も含まれているのですから。

過去の戦争で国内の日本人以上に被害にあったアジアの人々にとって、そんな神社は災厄そのものと言っていいでしょう。

あの神社の存在は、政治的にも道徳的にもタブー(禁忌)にすべきです。

忌まわしい戦争に導いた人々を拝む、というのは道義的におかしいし、非常識なことです。

昭和初期の、悲惨で、道義的にも正当な根拠が一切ないあの戦争に導いた無能な政治家と、平成の現在の、過去についての理解と被害にあった人々への配慮が一切ない無知で無能な現在の首相の姿は重なります。

あの忌まわしい戦争を正当化するのは間違っています。

あの忌まわしい戦争の指導者を崇める神社も間違っています。

過去と同じ過ちを繰り返す前に、今一度あの戦争の教訓と多くの日本人がこうむった被害について考え、合わせて実際に戦場となって被害を受けたアジアの人々の気持ちをよく考えるべきだと思います。

|

« 2013年振り返り | トップページ | 妄言、片腹痛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忌まわしい神社:

« 2013年振り返り | トップページ | 妄言、片腹痛い »