« 円安進行中 | トップページ | 福モに行けない・・・ »

2013/12/21

猪瀬氏辞任と官僚の意趣返し

東京都知事の猪瀬氏が辞任を発表したらしい。

自分は正直徳洲会の献金問題について詳しく知りません。
猪瀬氏が徳洲会から5000万借り受けて既に返済した、という事しか知りません。
おそらくこの献金が賄賂になるのではないか、という点に事件性があるのでしょう。
さて、徳洲会とは何か。
どうも病院チェーンのようです。牛丼屋チェーンの吉野家、病院チェーンの徳洲会、という意味です。

かなりマスコミが騒いでいた、という話を聞きます。
確かにネット上でもニュースの見出しにはかなり上がってましたね。
でも、自分には全然興味がなかった。
するといつの間にか猪瀬氏が都知事を辞任するという。
え、そんなに追いつめられてたのか?
そんな風に、今回の発表はびっくりしましたね。

そこで思うのですが、猪瀬氏は官僚ファイター、という印象があります。
国交省とさんざんやりあって、高速の民営化で戦った人、という意味です。
同じように、官僚ファイターだった人がいます。
厚生大臣だったころに薬害エイズで官僚のずるい部分をあぶりだした菅直人氏です。
そして二人の共通点は、マスコミに散々叩かれて国民の敵、のようなレッテルは貼られて現職を退いている(もしくはこれから退く)という点です。

今回の事件は、官僚による操作が相当あると確信しています。
徳洲会の賄賂が猪瀬氏だけに振り向けられたとは思えません。
一地方の首長だけに賄賂なんて誰が信じますかね。
国会議員や管轄省庁の役人にも賄賂は流れていると思うのが当然ですよね。
そういう部分をちゃんと追求すれば、マスコミにも存在意義があると思います。

官僚に踊らされて厄介な政治家を追い込むだけの番犬、がマスコミの存在理由であれば、あきれ果てますね。

いや、それを見ている一般の人も試されていると思うんですよ。

|

« 円安進行中 | トップページ | 福モに行けない・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬氏辞任と官僚の意趣返し:

« 円安進行中 | トップページ | 福モに行けない・・・ »