« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月に作成された記事

2013/11/30

もはや見ることはできない?

意外と残ってるかも?

SOHO LASCOの画像

●近日点通過前

Soho_lasco_c3_01

中心の白い○が太陽です。

太陽と反対側に尾があります。

●近日点通過後

Soho_lasco_c3_02
尾の向きと太陽の位置関係がいまいちわかりません。彗星は太陽の向こう側にあるんですかね。

●さらに時間が進んで。。。

Soho_lasco_c3_03
日本時間の11月30日2:30AMです。

今は太陽に近すぎて地球から見えませんが、12月2日以降は見えるようになるかもです。

たぶん暗くなっているんじゃないでしょうか。見えるようになってからのお楽しみですね。

ちなみにこの衛星(SOHO)、10年以上前からがんばってますね。

すげーな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/29

もはや見ることはできない

No longer visible

そう、NASAの科学者は言った。

 

 

というのが、お昼のニュースでした。

SOHOのデータをつなぎ合わせた動画見ると確かにこれまでのような明るさの物体はなくなっていましたね。(下)
この画像の中心の白い枠は太陽部分になります。
近日点を通過した後、再びカメラの視野に彗星が見えたときは、まるで幽霊か霞のような感じになっていますね。

このカメラの感度で、太陽に近づく際の明るさと比較すると大幅に減光しているので、太陽から徐々に離れて地球から見えやすい位置に出てきても、明るさや大きさはほとんど期待できないといってもいいでしょうね。残念。

ただ、天文ファンにとってはそれぐらいでは楽しみの一部が失われたに過ぎませんよ。(負け惜しみw)

 

 

彗星の核の大部分が蒸発したか、崩壊したか。

実は太陽に近づく一週間前くらいから、「アイソン彗星が増光したのでは?」という観測者の話がありました。

今年はじめは、大彗星になるかも、と騒がれていたものの、太陽に近づくにつれて予想ほど明るくなってなかったんですよね。

それが11月後半から少し明るくなってきた、なんて話がありました。

今回の近日点通過時の衝撃的な出来事の予兆は、実はその頃からあったのかもしれません。

むしろ予想外のことがおきたことで、妄想は広がりますwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/28

11月29日3時29分(日本時間)

アイソン彗星が太陽に最も近づく時刻。

その後は太陽から遠ざかる。(当たり前だけど)

SOHO(太陽観測衛星) LASCO C2 カメラにちょうど映り始めました。(右下 画像中の時刻は世界標準時 日本時間では11/28 22:25)

201311282300_soho_lasco_c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リベの株式分割

寒い~。

会社からの帰宅時、冷たい雨が降ってて気温は4℃でした。ウヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

為替が少しだけ動いていますね。
昨晩、1ドル=102円台につけてます。今もその辺をうろうろしている感じです。
ニュースによれば、ドイツの政権が保革連合を結んだので、政治の安定化が期待・好感された模様。
なれあい、と見るかどうかは今後次第。


11/27にリベレステが1:100の株式分割しました。
ついこの間、長谷工が500:1の株式合併したのとは対照的です。
リベは毎年の配当が高く、株価も安定的なので(逆に言えば上昇してない)このまま不動産市況の活況が続く限りは持っていたいです。
数年前、不動産市況が悪い時もここの株価は安定してました。
でも今回の分割で流動性があがると安定性が犠牲になるのかもしれませんなー。

一方、長谷工は市況の活況ぶりと株価低迷の反動で現在は上昇傾向です。
ひょっとするとオリンピック前までは伸びていくかもしれません。(妄想)
復配もささやかれています。まぁ、株式合併は復配しやすい状況にするための「仕掛け」のようなものだと思っています。
(だから、復配そのものが会社の復活と結びつかない)よほどの配当額でなければ、従来の株主は不満が出るでしょう。
が、現代の一般株主はネットでいつでも顔ぶれが変われる浮草のような株主が多いので、長谷工(会社側)もそこまで配慮はしないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/27

パナソニックの半導体工場

ニュースで、イスラエルのタワージャズに売却、のような文字が躍っていました。

その記事がほんとかどうか知りませんが、タワージャズって、イメージセンサーも大きく扱っている会社のようです。そのほかアナログ半導体のシェアも高い模様。

パナソニックは自社製イメージセンサーで、デジカメやM43を商品化し、少し前まではオリンパスにもセンサー部分を供給していました。

オリンパスがソニーと提携して、大口のセンサー供給先がなくなった(もしくは減少した)ことは多少影響する、もしくは、したのかもしれませんね。

あくまで想像ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/26

冷たい日々

昨日、月曜日は朝から雨。気温は比較的高めで12℃くらい(@8:00AM)

今日、曇りがちななかに青空が見え隠れする朝。少し寒さを感じて8℃(@8:00AM)

週間天気予報を見ると、明日以降の最低気温が

4℃、3℃、1℃

となっておる。

週末にかけて冷たい日々が続きそうです。雪になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/25

3回目の給油

先日、3回目の給油をしました。

総走行距離(ODO)は1188km。

131123_meter03
2回目給油時のODOは585kmだったので、走行距離は603km(トリップメーターは602.8km)
じつは点滅し始めてからどの程度行けるんかなー、という興味がありました。
トリップメーターが530kmくらいでゆっくり点滅をはじめたので、この時点で残り6Lということになります。

P+のタンク容量は30Lですから、24Lで530km走ったことになります。

燃費は22km/L

このときの残量の半分=3Lを使えば600kmまで行けるかなー、という計算をしました。

んで、ぎりぎりまで粘って走行距離が600kmを超えたのでGSへ。

131123_meter01
残量計はずっと早い点滅。

航続可能(距離)表示はずっと 0km(w

この時点でメータの平均燃費表示は

131123_meter02
24.4km/Lでした。

そして(満タン)給油量がなんと25.41L

そこから計算された実燃費は23.7km/L

メータ表示値より少し下回ってました。

前回の25.8km/Lに比べて下がりました。前回は大宰府往復という長距離運転があったけど、今回はほとんど通勤だけでしたからね。

今月、もう給油することはないでしょうから、今月分をまとめました。

2013年11月
日付 2013/11/2 2013/11/9 2013/11/23
走行距離(km) -- 575.5 602.8
ODO
累計距離(km)
9 585 1188
給油量(L) 21.01 22.3 25.41
燃費(km/L) -- 25.81  23.72 
ガソリン単価 ¥156 ¥155 ¥150
ガソリン代 ¥3,278 ¥3,457 ¥3,812
累積Cost ¥3,278 ¥6,735 ¥10,547
月毎 走行距離
(km)
1178.3
月毎 ガソリン代
(円)
10547 
月毎 平均燃費
(km/L)
24.8 

 

ちなみに、2004年12月24日納車だった前車インプレッサは当月の12月どうだったかというと、

2004年12月 最終
日付 2004/12/24 2004/12/30 2013/10/12
走行距離(km) -- 468.3 448.2
ODO
累計距離(km)
20520 20969 131381
購入後
累計距離(km)
0 449 110861
給油量(L) 40.01 46 42.3
燃費(km/L) -- 10.18  10.60 
ガソリン単価 ¥126 ¥115 ¥165
ガソリン代 ¥5,293 ¥5,290 ¥6,980
累積Cost ¥5,293 ¥10,583 ¥1,654,289
月毎 走行距離
(km)
468.3
月毎 ガソリン代
(円)
10583 
月毎 平均燃費
(km/L)
10.2 

 

インプレッサ君は一週間分のデータなのであくまで参考ですが、とりあえずP+ちゃんのガソリン代はインプレッサ君の半分以下でいけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/24

さぁ、飛び出せ!

Map

ロイターの記事に、「宇宙にゴールドラッシュ到来か、「水確保」が課題に」というものがありました。

経済記事のひとつですが、宇宙開発が、既にそんなステージにある、ということを強く感じさせる記事です。

この記事によれば、
アメリカには小惑星での資源採掘を狙うベンチャー企業というものがあるそうな。
しかも2016年に小型の衛星を打ち上げて調査に乗り出すらしい。
小惑星に含まれる水素と酸素(つまりは表題の「水」)を使ってロケットの燃料を再補給できるようにすることが最優先の課題ということ。
いわば補給基地建設が喫緊の課題になっているようです。
これって、15世紀から始まった大航海時代でも同じなんですよね。
まずは補給・中継基地を探し、その先にある貿易相手をさがす、もしくは未知の大陸を探す、というプロセスは宇宙というフロンティアでも共通するようです。

こういう分野にもベンチャー(冒険家)があって、それを後押しする投資家(パトロン)が居て、という図式は昔も今も変わりません。
さて、日本にはこういう分野のベンチャーや投資家は存在しえるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/20

冷えますねえ

朝晩がめっきり寒くなり、来週は11月最終週。
ただ、近所の銀杏はまだそれほど色づいていません。
この寒さで色づきが本格的になるんですかね。
県庁前の銀杏並木の話をよく聞きますがまだ見たことがないなあ。
阿蘇のほうでは雪が積もったらしい、と聞きました。
一足飛びに冬になりそうな気配。
ちょうどいい季節っていうのは短いのかもしれません。自分は暑い夏が戻ってくれればいいのですが(w

*昨年の11月のブログを振り返ると、11月最終週末、熊本市平野部は紅葉の見ごろでした。

2012年11月の拙ブログ

急な温度の変化で風邪引きさんも増加中。気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽自動車の燃費競争

昨日、スズキからアルトエコの新型が発表されました。

あまりにも静かな発表で、ネットのニュースでも触れているところは少ないです。

今回の発表で、アルトエコの燃費は

35km/L

自分が乗っているP+(元はダイハツ)のカタログ値は追い越されてしまいました。
35kってすごいですねー。

でもアルトエコって今年の3月にMCやって燃費をあげたばかりなんですよね。
スバルのスポーツ車などは「年次改良」といって、毎年小変更があったりするものでした。
それが軽自動車で、レースに出るスポーツ車のベース車でもない車の、1年経たないうちの改良って例がありません。

この競争熱は激しすぎる。

スズキのサイトに行って見たんですが、外装は全く変わってません。

価格は前のモデルより安くなっているものもありますね。(相変わらず2グレード*2WDと4WDの4モデルですが、どれも6~7万円安くなっています。すげー!)

んー、中身も何が変わったのか、ほとんどわからん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/17

寒いのは苦手です

今日はしし座流星群の極大日ですが、あいにく熊本は雲が多いです。

それに月が煌々と照っているので晴れてても厳しい感じです。

さて、流星ではなく彗星。

今年最大のメインイベントが、今まさに太陽に近づいて明るさを増している「アイソン彗星」です。

明け方の東の空にあるのですが、自分はまだ見ていません。

最近、バーストしたのか急に明るさが増した、と言う話を聞きます。

ウォー、ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!。ジョジョ風)

写真も撮りたいですねー

加えて、「ラブジョイ彗星」も東の空にあるようです。

この時期の明け方は辛いなー(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/15

ピーヒャラ~♪ エプソンPM780Cがんばれ

街に出ると年末感満載です。
コンビニでも年賀状販売が始まってました。はえー
2014年の干支は午=馬ですな。

今年は巳=蛇でした。
へびっぽい年だったんだろうか・・・

レッドスネーク、かもーん!ぴ~ひゃら~♪・・・な~んて。
え?知ってますか、知らない?

さて、今年もエプソンPM780Cが動けるのかどうか。
今年は早めに作ろうと考えています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/13

決断しよ!

今日、ニュースで、

『 小泉純一郎元首相は12日、東京都内の日本記者クラブで講演し、安倍晋三首相に対して脱原発を政治決断するよう迫った。「首相が決断すればできる。判断力、洞察力の問題だ。かじを切ってもらいたい」と述べた。』

と言う記事がありました。

 

晋三くんよ、洞察力があるなら早くしよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/12

風の行方(2013/11/12)

131112_nikkei225chart

上のグラフは東京証券取引所の株式相場の指標である「日経平均」の半年間の推移を示したものです。

山があったり谷があったり。

この山と山を結ぶ線と谷と谷を結ぶ線が交差している感じです。

交差した先に上に行く(株価が上がる)のか、下に行く(株価が下がる)のか、株式にかかわっている人はなんとなく、目を血走らせて?見守っています(たぶん)。

自分は上に放れていく(株価が上がる)と予想しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航続可能(距離)

131103_meter
P+のメーターには、その時点での走行可能な距離を「航続可能(距離)」として表示する機能がある、というのは以前書きました。
航続って、普通は車には使わない表現です。
飛行機とか船舶ではよく使われています。

この車はもともとはダイハツが製造しています。
ダイハツの大分・中津工場生まれです。
自分と同じ大分出身、ってことで愛着あります。(え?
ダイハツは、その会社の歴史を紐解いても飛行機とか船舶にはダイレクトにつながりそうにありません。
よっぽどスバルのほうが「中島飛行機」につながるし、今でもスバル=富士重工は航空機の翼を作らせたら世界屈指のノウハウを持った会社です。

ではスバルのP+だけこの「航続可能(距離)」と言う表現にしているか、といえばそんなことはなく、ダイハツの元車はもちろん、トヨタに出しているOEM車も同じ表示のようです。
さて、この表記にしようと決めたダイハツの中の人はどんな気持ちで決めたんでしょうかね。
すごく興味があります。

先日の給油で書かなかったんですが
576km走って給油しましたが、満タンで22Lしか入りませんでした。
給油ノズルを差し込んでオートストップするまでしか入れていません。(一回目も同様)
P+のタンク容量は30Lです。あと8Lも入るかどうかわかりませんが、少なくとも2~3L、冒険的に言えば5Lは余裕があったんじゃないかと思います。
燃料タンクは容量ぎりぎり使える、なんてことは多分ありません。
前回の燃費が25.8km/Lでしたので、あの時点(残量表示点滅速い、航続可能距離0km)でも、ミニマムで50km、マックスで125kmの航続可能距離があったことになります。
ということはですよ、満タンで600km、もしくは700kmは走るって事になります。(まぁ700kmはよほどの場合と思われます(^-^;)
昔乗っていたおんぼろのチャンプ(ヤマハ製スクーター)の燃費が20km/L、ホンダのVT250ゼルビスが30~35km/Lでした。
それら2輪車に匹敵する燃費とは、恐るべし第3のエコカー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/11

颱風「海燕」(ハイエン:30号)2013

ニュースでご存知の方も多いと思いますが、 この颱風はフィリピン中部を駆け抜けて大きな被害をもたらしています。
フィリピンを抜けた後、南シナ海を横断し中国・海南島西部を掠めてトンキン湾からベトナム上陸コースでハノイに向かっています。

20131110_typhoon
10日18時の時点でも955hPaで強い勢力を保っており、今後進路方向にあるベトナムや中国の南部に大きな被害が出ないことを祈るのみです。

フィリピンの被害は甚大で、毎日新聞によると1万人以上の人々が亡くなった可能性を報道しています。
あまりの数の多さに絶句してしまいました。

いかに天災とはいえ、受け入れがたいものがあります。
 

レイテ島やボホール、セブあたりの島々が直撃を受けていて、マクタンでは1日中停電だった、という話を聞きました。
自分は、何かしらできることをしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/10

2回目の給油(初めての燃費計算)

P+のメーターが「はよう、給油せんの?」とせがんでおりました。(大分弁)

ガソリン残量目盛りが一つになり、左横のガソリンポンプ(?)の絵と共にゆっくり点滅から早い点滅に変わるのが、そのサイン。

すでに総走行距離(ODO)は585km。一回目の給油時のODOは9kmだったので、走行距離は576km(トリップメーターは575.5km)
インプレッサのときは420kmを超えるとそろそろやばい、って感じだったのでずいぶん違うねえ。

131109_meter02
P+は「航続可能」(距離)表示があり、ガソリン残量と過去の走行燃費状態から予想した、走行可能距離を算出するのでした。

昔乗っていたアルデオにもありました。

そのときは「走行可能」と言う表示。(下のような感じ。センターメーター)

041223_ardeo_meter2
P+の「航続可能」は下のような感じ。

131109_meter01
0km!

もう走れません、って感じです。

ちなみに取説には「残量6Lで点滅し、さらに少なくなると早い点滅に変わります」とある。

上の写真の時点では「早い点滅」でした(w

アルデオの写真を見ると気が付くのですが、P+には残念ながらアルデオのような「瞬間燃費」の表示がなく、平均燃費だけになります。

瞬間燃費の表示があったほうが燃費を伸ばす運転=エコ運転もしやすいと思うのです。

加えて、P+にはタコメーターがないのでこれまたエコ運転が難しい。
現在P+は慣らし運転中ですが、納車時に営業氏が3000回転以下でお願いします、ってボケを華麗に決めてくれました。どうせいっちゅうねん。ってか、サービスでタコ入れてくれませんかね(w

社外品メーターがあるので、そのうち取り付けちゃうかもしれません。

さて、一回目給油時にリセット忘れた平均燃費計ですが、給油時には25.1km/hでした。

実際にガソリンを入れてみると、(満タン)

22.3L

入りました。インプレッサの時は45Lくらい入っていましたので半分です!

給油時間みじけー。あっ、ちゅう間やん。

価格もインプレッサのときの半分以下(インプ君はハイオクやったしね)

131109_gas
そういうわけで第一回目の燃費は、

25.8km/L

でした。すげー。インプレッサの2.7倍くらい・・・。カタログ比77.2%は予想以上です。

まぁ、大宰府までの下道往復(片道100km)があった分、伸びているかもしれませんね。

いずれ慣らし運転が終わったら高速道路も走ってみようと思います。

給油後・・・

直後は航続可能距離は0kmでしたが、少し走ると

131109_meter03

642kmかよー

どういう計算してんだよー、って突っ込みどころ。

忘れずに、

131109_meter04
平均燃費計をリセットしました。

その後すぐに家にたどり着いたら2kmしか走っていませんが、航続可能距離が7km減。

131109_meter05
GSから家まで、丘を登って降りてまた登るという、燃費にはきつい環境だからでしょうか。

2km走った際の燃費は、

131109_meter06_2
19.1km/hでした。 こんなもんなんでしょうね。

とにもかくにも、ガソリン代が安く済みそうでなによりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/09

今日うぐいすの 初音きかせよ

真っ赤なP+の慣らし運転を兼ねて、九州国立博物館(以下、国博〈コクハク〉)に行きました。
今、「尾張徳川家」のおたから、展示中です。
正式には

特別展『御三家筆頭 尾張 徳川家の至宝』

です。

001
実はあまり興味なかったんですが、「こいつだけは見ておかないと」と言うものがありました。
それは、

「初音の調度」

「源氏物語絵巻」

今までにも何度か紹介していますが、源氏物語とその絵巻には関心がありまして、諏訪湖のサンリツ服部美術館とか、国博でも以前展示があったものを見に来ています。

美術館に行ってきました(2007年7月8日)

GWの最中(2008年5月4日)

国宝云々よりも、
源氏物語の内容と、その絵巻の中身(絵そのもの、デザインや全体から受ける雰囲気、つーかオーラ?)
に個人的に感じる物、受ける物があるんです。

今回、その絵巻そのものの展示があります。(なんせ、現存する絵巻は尾張徳川美術館と東京五島美術館にしかない)
なんでも尾張徳川家に嫁入りした3代将軍家光の娘(長女・千代姫)の嫁入り時の宝だったとか。
また、同じく嫁入り道具だった「初音の調度」も源氏物語にゆかりのあるもの。
自分の祖母の名前が「初音」さんだったから、というのは関係あるんでしょうかねえ。
ただ、その存在を知ったのは祖母名つながりではあります。

11月頭の3連休の中日に行ったんですが、あいにくの雨模様。
車で行ったんですが、なんと駐車場が満車で1時間待ちと言われました。
時間がちょうどお昼頃だったので一旦引き返して、道沿いにある「小麦冶 筑紫野原店」でお昼ごはん。
小エビ天うどん ¥330

131103_kyuhaku01
うまかったです。九州のうどんは讃岐のようなコシはないけど、汁も含めてうまいよねえ。
ちなみに「かけうどん」は170円。
食べた後にコンビニでビニ傘を買っていくとまだ1時間待ち。並んで順番が来るのを待ちました。

131103_kyuhaku02
下の駐車場に止められたのは40分後くらい。
雨の降る中、てくてくと博物館に向かいました。
雨模様ではありましたが、お客さんいっぱいです。

いよいよ尾張徳川家のお宝です。
いきなり正面に水牛角の兜で威圧している甲冑がありました。
狸ジジイこと、家康の鎧兜だったようで、尾張家初代が拝領したもの。
兜や鎧のほぼ全面に熊の毛が植毛されているので、その名も「熊毛植黒糸威具足」
水牛角の兜はさすがに家康の老体には無理があったんじゃないかなーって思いますが、威圧感はばっちりです。

005
最初のフロアには、この鎧兜の他、数多くの刀剣が飾ってあります。
一番印象に残ったのは「村正」
そのおどろおどろしい刃の模様は印象的です。
世に言う「妖刀」とはこのことか、と思わなくもないですが、妖刀伝説は後世の創作のようです。
現に、徳川家の宝として残され、自分の目の前に「村正」がある、と言うことだけでも「妖刀」が作り話である証拠でしょう。
しかしこの模様を見たら、えもいわれぬ怪しさを感じます。

013
さて、次のフロアにはこれまた予想外の名物・逸品たちが待っていました。
何も言いません。いろいろ展示されてますが、

古瀬戸肩衝茶入 銘 横田
白天目
油滴天目
織部茶碗

これらを見てもらえれば、わかります。この4品が私のお勧めです。
織部茶碗は今まで見たことがなかったので、非常にいい機会でした。
織部の自由さと味わい深さがなんともいえません・・・
それと、

古銅砧形花生 銘 杵のをれ

という花入れ、まあ花瓶ですな。があります。
この名物の歴史的な経緯、というか持ち主の変遷が面白いです。

023
その後はザーッと流して、源氏物語の場所へ。
あ、違った。「至宝」のフロアへ。
ついに「初音の調度」の実物を見ました。

042
が、
実は正直、(こんなものなのかー)と内心思っちゃいました。
「葦手書き」と言われる、絵の中のパーツに文字をしのばせる技法を知るいい機会ではありました。
金ぴかの道具って、いまいち気持ちが乗らないんですよねえ(理由はそれだけか?って気もしないではありませんが)
国宝なので、まぁ気が向いたら見てください(え?)
蒔絵史上の最高傑作だそうです。確かに美しいです。

おまけに残念なことが。
自分が行った11月3日は、源氏物語絵巻の本物は展示されておらず、模写本でした。うがー

047
10月12日〜10月27日の期間に
源氏物語絵巻 横笛
が展示されていたようで、自分が行った日にはこの絵の模写本がありました。
11月12日〜11月24日の期間には
源氏物語絵巻 竹河(二)
が展示されるようです。絵巻中最も華やか、と言われる場面です。ぜひお見逃しなく(涙☆

052
061

狩野探幽の屏風絵「四季花鳥図屏風」↓

073
いいですなー探幽。
雪舟のような雰囲気があります。まさに本当の印象派。
(洋の印象派は19世紀中ごろ。一方雪舟や探幽は16~17世紀。
洋の印象派は19世紀のパリ万博の日本画が発端ではないか、とも言われてます。
だから印象派の画風は日本人の価値観に受け入れやすいでしょうね)
ちなみに、入り口付近にある狸じじい(家康)の絵。あれも探幽作です。

いろいろ、「とほほ」な面もありましたが、総括すると、

来て見て良かった徳川お宝☆

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

写真は

「九州国立博物館」

ご覧のスポンサーからの提供でお送りいたしました。
(*転載とかしないでね。)

特別展『御三家筆頭 尾張 徳川家の至宝』
九州国立博物館で2013年12月8日まで絶賛開催中!
ぜひ、お見逃しなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/08

今日人間ドックでした

なかなか取れない金曜の予約が取れて、本当なら早起きしていくつもりだったんですが昨日の仕事が遅くなって、帰宅したのが時間的には今日(!)。

当然のことながら?寝過ごして、市内の渋滞にもはまって、受付時間ぎりぎりで病院に着きました。
なので人間ドック終了した時間が夕方4時ごろ・・・トホホ。

前回よりも体重が9kgも減って、お医者さんにはかなりほめられました。

だけど、コレステロールの値が多いんですよねえー(悪玉が推奨値を超えている)

毎年多いので体質かもしれません。

来年に向けてこのままもう少し体重減らすつもりです。

そのときの値がどうなるか、かなあ。(お医者さんには没問題、って言われてます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/06

レガシィツーリングワゴンがなくなるそうです

昨日、レヴォーグの話をしといてなんですが。

スバルがレガシィツーリングワゴンを2015年にディスコンするらしいです。
購入できるのは2014年まで、と言うことになります。
スバルの、というよりも世界の自動車の歴史に一時代を築いた車がその役目を終えます。
そういった決断が出来る会社だったんですね、スバルは。見直しました。
もちろん、その判断が良かったか、悪かったかは、その後のスバルを見ていかないと分かりません。
でも、インパクトのある決断(インパクトがあるからこそ「決断」という)が出来るか出来ないか、会社の将来を考えるうえで重要な要素だと思います。
スバルには攻めの姿勢を続けてほしいと思います。

ちなみに、セダンタイプのB4やSUVタイプのアウトバックと言う形で「レガシィ」は残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/05

レヴォーグ

いよいよ11月。今年もあと2ヶ月となりましたねえ。
週末にホームセンターに行ったら、年賀状とか来年のカレンダー手帳の売り場がドーンとできてました。
カーネル爺さんもサンタの服を着せられていたし。

Subaru_levorg
さて、東京モーターショー関連の情報があちこちで見られるようになりました。(東モは11月から)
スバルはコンセプトカーとして、1.6L/2.0L直噴ターボエンジンを積んだスポーツワゴンを出すようです。
ディーラーさんでも、レガシィとインプレッサの中間の車格をもった車を来年発売するらしい、という噂を耳にしました。
このレヴォーグの事だろうと思います。
レオーネ、レガシィ、に続くスバルの柱になるのでしょうか。
スバルのサイトではティザー広告が出ています。
(上の絵の本物はカウントダウンが載っています。
http://www.subaru.jp/levorg/sp/

以前からスバルのテンロクターボの噂は有りましたが、期待のWRX搭載ではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発事故はなかった、と言う世界

福島には住めない場所はない。人の行けない場所なんてない。

民主党は、原子力政策を決める会議で「2030年代に原発ゼロ」を大きな柱とし、原発新増設を認めず、運転期間を40年とすることも決めた。
加えてこれまで、国のエネルギー政策を決める際に外されていた脱原発派を3分の1入れた委員会で、エネルギー基本計画の策定を始めていた。

安倍政権はこれを白紙にした。
従来の自民党がそうであったように脱原発派を排除した、原発推進派の経済産業省(役人)の審議会でエネルギー基本計画を決めようとしている。

原発はコントロールできていると安倍は世界に向けて言った。

原発事故はなかった。
あったかもしれないが、過去のことだ。今は昔と同じように管理できている。

安倍氏はそういっている。
少なくとも、国民の多くが選んだ結果がこれ、なのだ。

情報を操作し、自分の意に沿わないものは世の中から抹殺しようとする。
安倍氏はおかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/04

P+、納車されました

131102_p
3連休の初日に納車となりました。

じつは納車前日、携帯の留守電に営業氏のコメントが入ってて、「実はパーツの一部が届いていないので、ご相談を・・・」と言うもの。
むー、なかなかすんなりとは行かせてもらえないようだ(苦笑

自分の仕事が立て込んでて、この留守電に気がついたのが夜の9時過ぎ。
結局、営業氏の言い分を聞いたのは納車日のお店で、でした。
「この車の売れ行きが好調で、パーツ(の生産が追いつかず?)欠品してて・・・」ということらしい。
いろいろ言いたいことはあったのだけど、ないものはないし、納車日変更することも頭の隅をよぎったんですがそれはやめました。
一通り、納車手続きと説明を聞き、ETCのセットアップ料はしっかり徴収され(苦笑)、最後に店長さんと工場長さん(この度異動でこちらのお店に来られたとのこと)がご挨拶に見えられました。いやはや、恐縮です。

車を受け取った時の走行距離は6km。
ガソリン満タンではないので、まずはGSへ向かいました。到着した時点でODOは9km。
ディーラーを出るときから「給油してくれ~」のランプが点滅していましたのでレギュラーガソリンを入れます。(ハイオクじゃあ、ありません)
インプレッサの時は給油口が右側だったんですが、今度の車は左側です。
おまけに、この車のフューエルキャップ、ひも付き!
昔、同じような車があった気がしますが、思い出せません。
給油中、ブラーンとぶら下がっていて、なんか嫌だねえ。
そして、スタンドのノズルが途中までしか突っ込めません。
この車の給油口はやや狭いつくりになっています。
代ツァーのミラパルコも、ノズルが根元まで入らなかったなあ。
ダイハツ車はそんなものなのかな。

さて、満タンで21.01(L)入りました。
給油警告点滅でタンク内には9L入っていることになります(この車の燃料タンクは30Lです)
本当なら、フロントパネルの平均燃費を示す表示をここでリセットするべきだったんですが、この時はそのことを知りませんでした。(自動でリセットされるのかなぁ、なんてぼんやり考えていましたorz)
受け取ったときから平均燃費の表示は
10km/L
を表示中です。

一旦家に帰り、カメラを持って少しドライブしました。
出発前にメーターを撮影
ODO:26km
平均燃費:10.1km/h

131102_meter01

131102_meter02
行き先はいつもの場所。
この車にはアイドリングストップ(ダイハツ名、エコアイドル)が付いています。
これが可能になると表示が点灯するのですが、車を受け取った直後は点灯していませんでした。
車を走らせること30kmくらいでようやく点灯。
回生エネルギーでバッテリーにある程度充電されないと表示しない、と言うようなことをダイハツの営業氏に聞いたことがあるんですが、新車の場合はバッテリー満充電じゃないんでしょうか?
不思議です。

さて、いつもの場所に到着して新車撮影。
あいにく曇り空でした。
いつもの場所から帰宅した時点でのメーター表示は、
ODO:68km
平均燃費:17.5km/h

131102_meter03

131102_meter04
ナビのほうでもエコ運転情報が出ます。何故、鹿?

131102_meter05
ナビはアイドリングストップを感知しないので、平均燃費表示値は参考値になります。

その後、いつものようにプールに行ったり温泉に行ったりしました。
アクセルとブレーキ、CVTのかかり方、なんかの様子を見ながらの走行。
加えてフロントパネルの表示や、ナビをいじりながら走ってました。(危ない)

初日でODOは100km超えました。普段もこんな感じです(笑
10km/hだった平均燃費も20km/hくらいまで伸びてました。(写真撮るの忘れました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/02

フィリピンダイビング/2013年6月 その3(マリーナモールなど)

2013年6月のフィリピンセブ島ダイビング旅行の記録です。
3回に分けてお届けしていますが今回が最終回です。

(1ペソ当たり 2.43円で計算しています。)

比セブの3日間は日中ずっとダイビング三昧でした。
ダイビングを終えた後、夕方ホテルに送ってもらった後は何もすることがありません。

基本的には飯食って寝るだけ。

初日のみご一緒にした日本人(お住まいは京都らしい)の方はセブ市内にホテルを取っており、ダイビングしない日に植民地時代の遺跡を歩いて行った、と話していました。
セブ市に行けば、マーケットやコンビニもあるようなのでダイビング以外にも楽しめる要素はありそうです。

マクタン島内の自分が泊まったホテル(ホテルセサリオ)から、日本で言うところの「スーパー」は歩いて20~30分くらいのところにあります。
フィリピン・セブでの公共交通手段はタクシーか、ジープニーのようです。
自転車で、前に人を載せる台が付いたものも見かけました。(なんていうのか知らない)
街中のジープニーはとにかく派手。同じデザインの車なんざ、ありゃしない。
このジープニー、超・乗って見たかったんですけど、コミュニケーションの自信がないのでやめました。(小心者なので)

130531_jeepney

(2013.5.31 お客さんいっぱいのジープニー(Jeepney) byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO3200 1/40)

130601_jeepney

(2013.6.1 真っ赤なジープニー byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO100 1/320)

130601_jeepney2

(2013.6.1 紫ジープニー byNEX5N E16F2.8 F6.3 ISO100 1/160)130601_jeepney3

(2013.6.1 黄色のボンネットジープニー byNEX5N E16F2.8 F4.0 ISO100 1/60)

Cebu_jeepney04

(2013.6.1 黄色のジープニー byNEX5N E16F2.8 F3.3 ISO100 1/320)

前から見ると、デコトラ風。

 

 

街中のジープニーには乗りません・乗れませんでしたが、ダイビングサービスの送迎で似たような車に乗りました。
この車は残念ながら(?)、車の色は白でダイビングショップの名前ロゴをつけただけのチョー地味系です(笑
その車のメーカーはスズキで普通トラック風ですが、明らかに荷台の大きさが日本のそれよりもやや長い。
おそらく荷台だけ長いのではなく、ホイールベースからしてなげー。
そして、長い荷台内部には両脇に長いベンチシート。床や壁はトラックの荷台そのまま。
帰国後、Wikiで調べると、多くの人を乗せるために改造しているようです。
乗合いの小型バスですかね。
後ろに乗った人が下りる時の精算は、同時に乗りあった前方に座っているお客さんを経由して運転手に渡されるとか、聞きました。
その辺のマナー感覚というかルールは、なんかすごいです。
一応、日本のバス停のように乗り場のようなものがありますが、降りるときはそのような場所でなくても降りてるし、その時に乗り込む人もいるので、あくまで目安なんでしょうね。

Cebu_jeepney01

(2013.6.1 ダイビングショップのスズキジープニーの車内 byFinePix F200EXR F9.0 ISO200 1/75)
実は、外から写した写真が一枚もない。。。orz

Cebu_jeepney02_2

(2013.6.1 ダイビングショップのスズキジープニー byFinePix F200EXR F3.3 ISO200 1/240)
セブは左ハンドルです。

Cebu_jeepney03

(2013.6.1 ダイビングショップのスズキジープニー byFinePix F200EXR F5.1 ISO400 1/150)
ドライバーの手元を見ると、ハンドルに「SUZUKI」の文字。
タコメータがなく、速度計のMAXが120km/hです・・・
セブはそれで十分です。
この右手の右側にマニュアルエアコンがあります。台湾と違って暖房もあるようです。意味ないですが。でもそもそも冷房暖房を切り替えるレバーがなかったよ・・・(w

Cebu_01

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F9.0 ISO200 1/180)
セブには自転車を使った交通機関もあります。これはサイドカータイプ。

Cebu_02

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F9.0 ISO100 1/140)
こちらは自転車ではなく、バイクのサイドカータイプ。

Cebu_03

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F9.0 ISO400 1/250)
3人乗りなんざ当たり前。4人乗りも見かけました。

Cebu_04

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F3.3 ISO400 1/350)
店の前に柵があって、開店していると思うけど、警戒がものものしいお店。(割と普通)

Cebu_05_5

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F9.0 ISO200 1/240)
ガードレールがきれいなんですよね。(そこか!)

Cebu_06

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F3.3 ISO200 1/350)
ヤギもいれば犬もいて、ここにはつながれていない放浪中(放牧?)の牛もいるぜ(w

Cebu_07

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F9.0 ISO400 1/250)

Cebu_08

(2013.6.1 ダイビングショップジープニーの車窓から byFinePix F200EXR F9.0 ISO400 1/220)

ホテルからスーパーまで、ジープニーを使わなかったので歩いていきました。
マクタン・ラプラプ市の夜の一人歩き。治安は全く問題ないと思います。
夜10時くらいでも、てくてく歩いている独り歩きの女性や子供連れを見かけました。
Tシャツ短パンでサンダル履きだけど、カメラ(デジ一)を抱えているところだけ怪しい日本人姿の自分でしたが、おっかない、と思うようなところは一切ありませんでした。
ま、自己責任ということで。

マクタン・ラプラプ市のセブ市側の市街地域には、ショッピングセンターと呼ばれる商業地域が何か所かあるようですが、自分はもっぱらマリーナモールに行ってました。
(ホテルセサリオから徒歩20~30分。)
モール敷地内の両替所は、モール内スーパーの中と、外と2か所あります。
空港、ホテルと、このマリーナモールの両替所で比べた場合、レートはモール内の両替所が一番良かったです。特にスーパーの外にある両替小屋の方がレートが良いです。

ホテル:0.380 (1ペソ=2.63円)

セイブモア(スーパー内):0.406(1ペソ=2.46円)

マリーナモール(セイブモア外):0.412(1ペソ=2.43円)

(1万円を両替すると、ホテルでは3800ペソ、マリーナモールの両替店では4120ペソということになる)

マリーナモールの周りにはレストランやコーヒーショップ(スタバ)、マッサージ、のお店がありました。
ダイビング最終日にはモール近くのイタ飯屋さんでショップの人たちと、この時ご一緒したお客さんと食事をしましたが、かなりおいしかったです。
ガイドのYUIちゃんに聞いて行ったマッサージのお店もマリーナモールから歩いて5分くらいのところにあり(スタバのはすかい)、お店に入るとかなり混んでいました。
この時は、待っているお客さんに日本人はあまりいませんでした。
受付のカウンターに表示されているマッサージメニューには、60分で200ペソ=486円と書いてあり、おっそろしく安かったです。
最安のメニューが150ペソだったんですが、これは現地の人のみ、と言われたので、上のメニューをやってもらいました。
もっと早めに知っていれば初日から通ったのに、と思うほどマッサージの具合も気持ち良かったです。

130531_save_more

(2013.5.31 マリーナモール入り口付近 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO800 1/60)

130531_marina_mall01_2

(2013.5.31 マリーナモール内 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO2500 1/60)

130531_marina_mall02

(2013.5.31 マリーナモール内の両替店 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO2500 1/60)

130531_philippines_money_2

(2013.5.31 フィリピンの紙幣 byNEX5N E16F2.8 F3.2 ISO2500 1/60)

Curency_2

(2013.5.31 ホテルの両替レート byFinePix F200EXR F3.3 ISO800 1/90)
日本円は0.38 1円あたり0.38ペソ、ということ。すなわち、1ペソが2.63円。

130531_savemore_currency
(2013.5.31 Savemore内の両替屋のレート byNEX5N E16F2.8 F9.0 ISO3200 1/50)
日本円は0.406 1円あたり0.406ペソ、ということ。すなわち、1ペソが2.46円。

130531_marina_mall_currency
(2013.5.31 マリーナモール内の両替屋のレート byNEX5N E16F2.8 F9.0 ISO3200 1/40)
日本円は0.412 1円あたり0.412ペソ、ということ。すなわち、1ペソが2.43円。

130602_nuat_thai

(2013.6.2 マクタンのマッサージ店。ヌエタイ。 byNEX5N E16F2.8 F4.0 ISO100 1/60)
地元のおばさん、若いねーちゃん、欧米系の観光客(♀)など、客層はさまざま。(と言いつつ、男は俺だけ?)でも安くて気持ちよかったデス。

130602_la_tegola

(2013.6.2 マリーナモール付近のイタ飯や byNEX5N E16F2.8 F4.0 ISO3200 1/60)
元がスペイン植民地だったからだろうか、ここのイタ飯はすごく旨かった。雰囲気もよかった。欧米系の人がやっているお店のようです。

 

 

ホテル~マリーナモールの道沿い
マクタンの現地の人が買い物をする場合、モール内のショッピングセンターに買い物に行く人もいれば、道沿いでやっているお店で買い物する人がいます。
このあたりは収入の違いとかもあるのかなあ。
大きな幹線道路(片側3車線)から、枝道に入ると舗装されてなく、昭和30~40年代の日本の田舎町の風景です。
道沿いで魚屋や焼き鳥屋(マクタンの名物なのかと思うくらい、焼き鳥やがいっぱいあった)があり、野菜などは路上販売していました。
自分が泊まったホテル付近にはコンビニっぽいお店はありませんでした。
お店っぽい感じにみえる建物はあるのですが、買うときは窓越しに注文して受け取る、と言うスタイルのお店。
夜になると防犯の為か鉄格子越しに注文するような感じ。
これを見ると、当地の治安ってどうなのかなと感じます。
ちょっと旅行に来ただけではわからない部分もあるのかもしれません。
(比べている日本の治安の良さ、が世界水準に比べて非常識レベル、ということもあるかもです)

130601_mactan01

(2013.6.1 マクタンの街角 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO100 1/1000)

130601_mactan03

(2013.6.1 焼き鳥屋さん? byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO100 1/500)
鳥の丸焼き。串がくるくる回って焼いてました。すごくおいしそうな香りがしました。
1つ160ペソ(=400円)ってことですかね。安いですね。・・・でも買いませんでした。
一人では食べきれないよ。

130601_mactan07

(2013.6.1 焼き鳥屋さん byNEX5N E16F2.8 F6.3 ISO100 1/160)

お店の中で焼いている姿より、こうして道路端で露天焼きしている店(店?)のほうが多かったです。単にBBQやっているようにも見えますが。
看板にBARBER SHOPとありますが?(床屋?)

130602_mactan09

(2013.6.2 焼き鳥屋さん byNEX5N E16F2.8 F4.0 ISO2000 1/60)
とにかく、焼き鳥屋さんばっかりありました。(w

130602_mactan10

(2013.6.2 青果店? byNEX5N E16F2.8 F4.0 ISO6400 1/60)

ホテルからモールまでの道はマクタンでは最も大きな道で、片側3車線中央分離帯付、というゴージャスさです。
交通量は夕方になるとジープニーだらけですが、夜は閑散。
信号はほとんどなく、セブ島への橋につながる交差点とモール付近の交差点に見かけました。
そこには歩道用の信号もありましたが、点灯してない・・・。意味ないじゃん。
現地の人は道を横断しなくていいかと言えば決してそんなことは無く。
ではどうしているかと言えば、「気合」で渡っていました。
自分も「気合」で渡っていました(笑
交通量の多い夕方とかの、気合の入り具合ったらな(ry
自分が経験したアジア諸国では、道路では車優先で、このフィリピンでもそれは例外ではありません。
もちろんどの国でもドライバーが、多少気を使ってくれるところはアジア的ではないかなーと思いますが、とはいえ日本の歩行者優先は珍しい光景ですね。

130601_mactan05

(2013.6.1 片側3車線 byNEX5N E16F2.8 F7.1 ISO100 1/200)

130601_mactan06

(2013.6.1 片側3車線 byNEX5N E16F2.8 F6.3 ISO100 1/160)
トヨタ車多し。

130601_mactan08

(2013.6.1 片側3車線を渡る人々 byNEX5N E16F2.8 F5.6 ISO100 1/125)
横断歩道はまれにあります。(w 信号はほとんどありません。

130601_mactan04

(2013.6.1 信号 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO100 1/500)
信号はあっても、この通り。点いてないっっ。いみねー
・・・と言うわけで、セブの人は車が近づく「気」を感じて、渡るかどうかの判断をしています。(半分嘘)

130601_mactan02

(2013.6.1 広告 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO100 1/4000)
左はハイアールの広告と、右は何でしょうかね。家を買ってBMW X11を勝ち取れ、みたいな感じですか?投資勧誘ですかねー。アヤシイ・・・

130601_mactan022

(2013.6.1 民家 byNEX5N E16F2.8 F6.3 ISO100 1/160)
威勢のいい広告の下は、普通の生活があります。自分はこっちがほっとします。

130531_gas_station_at_lapu_lapu

(2013.5.31 マクタンのGS byNEX5N E16F2.8 F7.1 ISO100 1/200)
お約束の異国ガソリンスタンド情報。
一番上がレギュラー軽油。プレミアム軽油、レギュラーガソリン、準プレミアムガソリン、プレミアムガソリンの順です。(と思います)
レギュラーガソリンが129.4円、レギュラー軽油が102.3円って、島価格と考えれば安いのかも知れません。
フィリピンに重化学工業がどれほどあるか知りませんが、日本ほどはないでしょうし、その運送手段も船を使うしかないはずです。となれば、経費はかなりのはず。
最近の世界的な原油高を考えると、セブ・マクタンのガソリン・軽油事情は悪くないのかもしれません。ただ。これを使える人がどれだけいるか、って言う話になりますね。
だから、ジープニーが重宝され、バイクに3人乗り4人乗りするわけで・・・

フィリピンの土産にはドライマンゴーを買いました。
セブはマンゴーの産地として世界的にも有名です。
以前、台湾で食べたコンビニのドライマンゴー。
手軽に買えて、そこそこうまい、でおなじみな、この7Dのドライマンゴーはメイドインフィリピンです。
もっと言えば、メイドインセブ。
台湾生活で知った生&ドライ マンゴーのうまさは、自分の人生にかなり響いてしまいました。
人生後半に差し掛かってますが、知ってよかったマンゴー。
マンゴーサイコー(w

130603_philippines_air_meal2

(2013.6.3 マニラ→福岡便の朝食かな。 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO640 1/60)
フィリピン航空の機内食は侮れないな。旨いです。

130603_philippines_air

(2013.6.3 マニラ→福岡便 飛び立つ前。 byNEX5N E16F2.8 F5.6 ISO100 1/1250)

130603_udon

(2013.6.3 福岡空港国際線ターミナル1階の丸福食堂。 byNEX5N E16F2.8 F2.8 ISO640 1/60)

ごぼ天うどんです。日本に帰ったら丸福食堂じゃろー。 これ絶対定番じゃち思うんやけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/01

代ツァー

11月になったのでトップ画像変えました。インプレッサ君の思い出です。

今週あたりから金木犀の香りがするようなって来ました。
秋ですなあ。
朝晩もさみくなってきたし。

131027_cosmos01
(2013.10.27 コスモス byNEX5N E 18-55mm 55mm F5.6 ISO100 1/1250)

131027_cosmos02

(2013.10.27 コスモス byNEX5N E 18-55mm 37mm F6.3 ISO100 1/500)


先週末の日曜日は例年のように近所の河原にコスモスを見に行きました。
毎年この河原ではコスモスがたくさん咲いて、ピンク色の絨毯のようです。

ついでに代ツァーの写真も撮りました。
インプレッサを買い取ってもらった買取店の代車です。
この期に及んで、ディーラーさんは代車を渋りました。。。
ダイハツさんでも月末厳しい、と言われていたので、近頃のディーラーさんはそんなものかもしれません。
まぁ、多少付き合いがあっても、そんな程度と思えば割り切りしやすいです。

 
代ツァーはダイハツ・ミラです。1996年式のミラ・モデルノ・パルコ(L500S)
走行距離(ODO)は12万キロオーバー。インプレッサよりも走行距離短い。
エンジンは660㏄直列3気筒。
7500回転で最高55馬力を発生させる、高回転型エンジン。
4速AT。
車重が軽い(680kg)ので、エンジン回すとモリモリとパワーが出ます。
うちんちは結構急坂のある丘の上にあるのですが、2速に落とせばぐいぐい登っていきます。(むしろ、2速に落とさないと登りは厳しいw)
サスは「ふわふわ」です。
車の形状は典型的な2ボックスです。
自分が最初に所有したスターレットのシルエットに似ています。
タコメーターがない、サスがやわらかい、運転席にドリンクホルダーがない、が不満。

タイヤはトーヨー145/70R12

1週間350kmほど走って残り1/4目盛りでガソリン補充、19.3l入りました。カタログ燃費18.6km。(満タン法)
計算すると18.1km/Lになります。フューエルコックが重い金属製だったんでびっくりしました。

パルコ、と言う名前の通り、『旧セゾングループのパルコとのコラボで造られた女性仕様車(Wikiより)』ということらしい。
まぁ、その割にはエンジン元気で車重軽くて、すっごく走ります。
できればMT車に乗りたかったです。(今更。。。

20131027_mira_parco_front_3
(2013.10.27 Mira Parco byNEX5N E 18-55mm 20mm F13 ISO100 1/125)

20131027_mira_parco_back
(2013.10.27 Mira Parco byNEX5N E 18-55mm 55mm F13 ISO125 1/100)

20131027_mira_parco_side
(2013.10.27 Mira Parco byNEX5N E 18-55mm 18mm F13 ISO100 1/160)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »