« 調べてます その6(つづき、アクア) | トップページ | 調べてます その6(つづき、フィット3) »

2013/10/14

国債格付けの謎

今、アメリカが債務危機です。

市場から借りることが出来るお金の上限が決まっており、今限界です。
これ以上、お金を借りることが出来ません。

現在持っている借金のうち、返す期限が近づいているものや、利子を払わなければいけない日に、当の政府が金無しです。

こういう状態が行き着いた先、つまり約束の日にお金が返せない、利子が払えないことを世間では、「債務不履行(デフォルト)」と言います。

世間には格付け機関というのがありますが、なぜかアメリカの債券の格付けは、今現在、トップクラスです。

格付け機関から、この格付けを見直す、と言うようなコメントはありません。

今年の春前にも危機がありましたけど、変更なかったように思います。

なんて適当な会社なんだろう、って思いますね。

不真面目にもほどがありますよね。

 

格付け機関(S&P、ムーディーズ、フィッチなど)が、そんな適当な格付けでお金を稼いでるって言うのは、気に入らないなあ。

|

« 調べてます その6(つづき、アクア) | トップページ | 調べてます その6(つづき、フィット3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国債格付けの謎:

« 調べてます その6(つづき、アクア) | トップページ | 調べてます その6(つづき、フィット3) »