« 続・ガソリン消費 | トップページ | とりあえず決めたこと »

2013/10/05

面白くない世の中

『はだしのゲン:英訳者の講演中止 東京の中学』

こんな見出しのニュースがありました。

東京都内区立中学の校長が「はだしのゲン」の英訳者の米国人翻訳家に講演を依頼したものの、直前になって講演の中止を告げたと言うもの。急にキャンセルになったことも合わせて翻訳家さんは憤っているようです。

校長の赤荻千恵子さんはおそらく誰かから圧力を受けたんでしょう。

少し前に、松江市教育委員会による言論統制、と言う問題があったばかりです。

世の中を見ていると、こういった内容が、何気なく「普通の」ニュースになっている気がします。

しかし本質は、ひどく恐ろしい事件です。

報道(マスコミ)の人には、こういうことは躊躇なく激しく報道し、圧力の源になっている闇を追求する使命があるはずですけど。いずれ自分たちに降りかかる、と言う想像がないのか、間抜けなのか。

|

« 続・ガソリン消費 | トップページ | とりあえず決めたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面白くない世の中:

« 続・ガソリン消費 | トップページ | とりあえず決めたこと »