« 敵に生きる権利を渡すなかれ | トップページ | ぶうらぶら »

2013/08/07

夏に咲く花、キョウチクトウ

昨日は広島に原爆が落とされた日でした。
自分は原爆をはじめとする核兵器は絶対悪だと思っています。
過去にもそんな話をしています。

平和で核兵器のない世界を目指すために
http://pon-blue.way-nifty.com/sora/2009/08/post-f6f1.html

今年、広島市長が同じようなことを話されたそうです。
みな同じ思いなんだと思います。
オバマ君が核兵器廃絶を唱えています。
多くのアメリカ人は核兵器は「必要」と考えていて、「必要悪」と考えている人すらそれほど多くありません。
「絶対悪」、と考えている人はどれだけいることか。
地上の核兵器廃絶は今は幼い理想なのかもしれませんが、声を上げ続けなければその成長・達成は叶いません。

キョウチクトウ、と言う花があります。
夏に咲く花、です。
夾竹桃、という字を書きます。
子供のころ住んでいた家の近くには夾竹桃がありました。
ピンク色の綺麗な花を咲かせます。

広島にピカ(原爆)が落ちて、多くに人が無残な死に方をし、生き残った人もそれまでの空襲後ではなかった被害に苦しみました。原爆後遺症というものです。
さらには、直接ピカにやられていない健康な人が外部から広島入りして救助活動しているうちに放射能にやられバタバタと倒れていきました。
人は、「これは今までの爆弾と違う」ことを感じました。
さらには、「広島には草木が生えない」と言う人さえ現れました。

そんな中、一番最初に花を咲かせたのが夾竹桃だったそうです。
小学校のころにおぼえた歌で「夾竹桃の歌」があります。

 

 

「夾竹桃の歌」
夏に咲く花 夾竹桃 戦争終えた その日から
母と子供の おもいをこめて 広島の 野にもえている
空に太陽が 輝くかぎり
告げよう世界に 原爆反対を

夏に咲く花 夾竹桃 武器をすてた あの日から
若者たちの 願いにみちて 長崎の丘に もえている
空に太陽が 輝くかぎり
告げよう世界に 原爆反対を


 

 

今でも夏になると強く思い出される歌です。

ちなみに、夾竹桃は環境耐性が非常に強い代わりに毒性の強い植物でも有名。
まるで腐海の植物のようだ・・・

|

« 敵に生きる権利を渡すなかれ | トップページ | ぶうらぶら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏に咲く花、キョウチクトウ:

« 敵に生きる権利を渡すなかれ | トップページ | ぶうらぶら »