« アクアが2012年度の新車販売台数で初のトップ | トップページ | 日経平均爆騰その2 »

2013/04/08

風力発電無残

表記のタイトルでニュースがありました。

130408_news_mainichi01

週末、日本各地を襲った春の嵐で風力発電の一基が壊れた、というニュースです。

☆春の嵐くらいで壊れてしまう風力発電なんて頼りなーい。

☆自然の力で発電施設が壊れても住む場所を追われることはないし、安全だよね

さてこのニュースの表記のタイトルから推測して前者を印象付けたい、という意図なんじゃないかなーと思ったんですが、311を経験した日本人の結論は後者ですよね。

発電施設の事故の結果が「無残」な状況で、福島第一原発以上のものは歴史上チェルノブイリ以外にはなく、どちらにも共通するのは原発だということ。

人類がこれからどうしていくべきか、答えは明らか過ぎるほどだと思うんです。

|

« アクアが2012年度の新車販売台数で初のトップ | トップページ | 日経平均爆騰その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風力発電無残:

« アクアが2012年度の新車販売台数で初のトップ | トップページ | 日経平均爆騰その2 »