« スバルWRXコンセプト | トップページ | 日経平均爆騰 »

2013/04/04

黒田バズーカ

日銀総裁が黒田君に代わり、初めての金融政策決定会合がありました。
そこでは市場がサプライズした決定がされたようです。
株価は上がり、国債は買われて金利は史上最低を記録し、為替は円が売られました。
さて、その中身は、

  • 2%の物価目標を2年程度で実現することを念頭
  • 金融政策の目標を金利からお金の量に変える量的、質的緩和を導入
  • 「マネタリーベース」と呼ばれる日銀が供給するお金の量を目標に政策を運営 国債などを買い入れて2年間で2倍に拡大
    長期国債の毎月の購入額は7兆円強への増額。
  • 株式を組み込んだETF=上場投資信託の保有額も年間1兆円増やし、2年間で2倍以上にする
  • 平成22年に導入した「資産買い入れ基金」は廃止する。また、日銀の国債保有残高に上限を設けた「銀行券ルール」についても、一時的に停止

市場には随分思い切った政策、という評価が多いようです。
資産バブルを起こさなければデフレは止められない、という見方がありました。
黒田君や安倍がそう思っているかどうかはわかりませんが、もしそう思っているなら今回の規模は大胆とはいえないでしょうね。
政策の方向性自体は従来とさほど変わらないように思います。
規模だけを「少し」積み増したというレベルです。
それは当たり前で、中央銀行のやれることはつまるところ限界があります。

白川君はあくまでバランス重視でした。日銀の限界を前面に押し出して、デフレ解決には「時」しかない、という姿勢だったように思います。
それを生ぬるい、とい見る人もいたようですが・・・。
黒田君のやり方は短期決戦型だと思いますが、それにしては戦力に欠けている感がするのです。
市場との対話、という面では評価されているようですが、市場の先にある市民の実際の生活は見えていないと思いますね。

|

« スバルWRXコンセプト | トップページ | 日経平均爆騰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田バズーカ:

« スバルWRXコンセプト | トップページ | 日経平均爆騰 »