« 日本の家電メーカーとアメリカの自動車メーカーのガラ化 | トップページ | ブラックスワン »

2013/04/11

黒い白鳥

黒い白鳥(ブラックスワン)、は金融用語で予測不能で大規模な影響をおよぼすリスクのことだそうです。似た用語に、テールリスク、というのもあるそうです。

黒い白鳥(ブラックスワン)とは、マーケットにおいて事前の発生時期や被害範囲予想が不能で、起きた時の衝撃が大きいリスクのことをいいます。

テール(尻尾)リスクとは、普段ならありえないような、発生確率はとても低いが一度起こると巨大な損失をもたらすリスクのことです。

アメリカの911(大規模テロ)とか日本の311(大規模地震)が当てはまると思います。

今、一衣帯水の対岸の半島ではまさにこの状態にあるといっていいでしょう。いや、人によっちゃ、いつ起きてもおかしくない、という人もいるかもしれませんが。
 
 

二日前、4月9日付のWSJにこの言葉が書いてあり、初めて知りました。
昨日の日経CNBC夜のニュース番組「CORE」にJPモルガンのイェスパー・コール氏が出ていましたが、彼も、今まさに起こっている半島の緊張に関して「誰もそのリスクを織り込んでいない」といってました。

第二次朝鮮戦争。ひとたび戦になったら地獄です。
かの国は既に核を所有しています。日本全土はおろか、アメリカ本土まで到達可能なICBMを作る能力も示しています。
このミサイルに核が搭載されて発射ボタンが押されたら。
仮に落ちた場所が日本本土ではなくても風上にある場所での核使用は日本全域に影響を及ぼします。黄色い砂の影響どころの騒ぎではない。
日本海が死の海になることだってありえます。

迎撃するから大丈夫なんて、おつむの中がお花畑になっている人のたわごとです。
アメリカ人は日本のどこかに残骸が落ちることが分かっていても、躊躇無く打ち落とすでしょう。それが彼らの国防観。

何よりも大事なのは戦争を起こさせない地味な努力です。
独裁者の言い分を全部飲め、と言っているのではありません。

|

« 日本の家電メーカーとアメリカの自動車メーカーのガラ化 | トップページ | ブラックスワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒い白鳥:

« 日本の家電メーカーとアメリカの自動車メーカーのガラ化 | トップページ | ブラックスワン »