« 日経平均爆騰その2 | トップページ | ヘッジファンドと格付け機関 »

2013/04/08

ジョージよりもジムに共感を感じることが多いので

ジョージ・ソロスが黒田日銀の決定に関してコメントしていたニュースを見かけました。
(CNBCのインタビュー記事)

自分はジョージよりもジムに共感を感じることが多いのでジムの発言をググって見ました。

○アベノミクスについて
・安倍は、大いにカネをばらまく。
当然ながらインフレが起こるだろう。
安倍はインフレ誘導を目指している。
確かにマーケットはそれを好感し株価が上昇している。
それは事実だが、個人的にはミステイクだという気がしている。
 
・安倍は、急速な円安を良いことだ考えている。
もちろん短期的には利点もあるが、長期的には日本にとって悪影響もある。
輸出産業もしばらくは恩恵にあずかるだろうが、輸入品の物価高からインフレ発生することもあり、市民生活への影響は大きいだろう。
 
・経済環境に早い変化が起こると、誰かが得をしている一方で経済的損害を被っている人間もいるはず
 
・2013年の世界経済の動向は、日本にとって潜在的なリスクと言える。
今年後半には世界経済のつまづきがあるかもしれない
日本は貿易大国であるから、その場合には当然その影響からは逃れられないだろう
 
ここまでは今年1月時点でのお話。
 
 
 
先月(3月)初旬頃は↓こんな感じでした。

○黒田日銀総裁の就任を含むアベノミクスついて
・今のところ、うまくいっているのはたしかだが、物価上昇2%で本当に食い止められるのか。中央銀行が紙幣を刷りまくりインフレになると、ちょっとぐらい大丈夫という気持ちになるもの。
 
・いま日本国債はバブルだ。
はじければ多くの人たちに痛みを強いることになるだろう。
 
・黒田氏は日本国債をいくらでも買うというが、時期がくれば日銀だって資金が底をつく。
市場の方がおカネを持っているからだ。最終的には長期金利は上がる可能性がある。

 

確かに今日本国債はバブル状態かもしれません。
為替の動向も性急で、外圧が重くのしかかってくるのはそう遠くないでしょう。
それらの対応が、彼ら(アベノミクス推進派)の能力を測る上でのリトマス試験紙になる気がします。(ここ二日の反応を予測していたかどうか)
それより先に半島に漂う地政学リスクや鳥インフルの影響が来るかも知れませんね。
きわどいところです。

 

 

|

« 日経平均爆騰その2 | トップページ | ヘッジファンドと格付け機関 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョージよりもジムに共感を感じることが多いので:

« 日経平均爆騰その2 | トップページ | ヘッジファンドと格付け機関 »