« ヘッジファンドと格付け機関 | トップページ | 日本の家電メーカーとアメリカの自動車メーカーのガラ化 »

2013/04/10

山梨県がエネルギーの地産地消「2050年めどに実現」を目指す

表題のニュースがでてました。
太陽光、水力を中心としたクリーンエネルギーの供給を11年度の約17億キロワット時から、50年度には3倍の52億キロワット時と飛躍的に増やす、とのこと。

とっても素敵だと思います。実際の達成スピードはもっと速くできると思います。

早いところ規制を緩和して「地熱」の利用も広げれば、さらに加速するはず。

20060819_sunflower01
(2006.8.19 山梨県明野のひまわり by5000G  F 8.1 ISO125 1/380 )

20060819_sunflower02

(2006.8.19 山梨県明野のひまわり by5000G  F 5.2 ISO125 1/870 )
 
 
 

  

|

« ヘッジファンドと格付け機関 | トップページ | 日本の家電メーカーとアメリカの自動車メーカーのガラ化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山梨県がエネルギーの地産地消「2050年めどに実現」を目指す:

« ヘッジファンドと格付け機関 | トップページ | 日本の家電メーカーとアメリカの自動車メーカーのガラ化 »