« 今、そこにある危機!!(2012年初冬) | トップページ | 電柱、折れました »

2012/12/02

中央高速のトンネル天井崩落事件

今朝、中央自動車道の笹子トンネル(上り線)で天井のコンクリートが崩落し、複数の死者が出ているようです。
事件を知ったのは夕方のラジオのニュースでした。
かつて、バイクや自動車、高速バスなどで何度も通ったことがあり、あまりにも身近な話のため、かなりショックです。

笹子トンネルと言えば、トンネルの多い中央道ではかなり長い部類に入るトンネルです。
たしか5kmくらいはあったかと思います。

九州に越してきてトンネルを使う事がめったになくなりました。
そういえば熊本市~福岡市間の九州自動車道にはトンネル箇所はひとつもありませんね。
思い出せば、中央道ってトンネルやワインディングの非常に多い高速道路でした。
上信越道の上信間もかなりひどいけど。(いや、ひどいと言うのは作りのことじゃありません)
山の多い日本に住んでいる以上、トンネルのない道は考えられません。
普段、何気なく通っているトンネルには、ある意味で絶対的な信頼があります。そうでないと使えませんからね。
今回の事故が起きたからといって、明日からトンネル使うのやーめた、とはできないのです。
事件の原因が何であったのか、是非早急に究明し対策して欲しいと思います。

ちなみに、災害が起きる可能性はトンネルだけが高いとは限らず、橋や道路だって同じです。家もそうだね。
さっき熊本市~福岡市間の九州自動車道にはトンネル箇所はひとつもありません、と書きましたが3年前に高速道路横の土砂が崩れて走行中の夫婦が巻き込まれて亡くなられた、と言う事件がありました。(太宰府~福岡IC間)
道路横の山の斜面はコンクリートで保護されていたのですが、梅雨時でかなりの大雨が降っていて土砂崩れの懸念があったにもかかわらず、高速を管理しているNexco西日本が適切な処置をしなかったために起きた悲劇でした。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
また、今も懸命に救出作業をおこなっている現場の方もご苦労様です。頑張ってください。

一部ネットにも掲載がありましたが、今回の中央道の事件は物流面にも大きな影響がありそうです。
しばらくは中央道(少なくとも上り線)は通行止めが続くだろうねえ。1~2週間くらいで復旧するだろうか?
3年前の九州自動車道の土砂崩れの際は暫定復旧まで2週間程度かかっていました。

|

« 今、そこにある危機!!(2012年初冬) | トップページ | 電柱、折れました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央高速のトンネル天井崩落事件:

« 今、そこにある危機!!(2012年初冬) | トップページ | 電柱、折れました »