« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月に作成された記事

2012/12/17

テレ東さん、熊本にも来てよ

昨日の選挙では投票率が低かったらしい。
自民が勝ったというより、民主が負けたと言うほうが正しいようだ。
結果的に自民が圧倒的な勝利ではあるが、圧倒的な支持とはイコールではなかった。
とはいえ、選挙なんてものは結果がすべてである。
選挙に行かなかったことも、間接的には自民を勝たせる要因になっている。
政治家のせいにするのは簡単だが、政治は結局のところ選挙の結果でしかない。
日本では、少なくとも不満があればしかるべき場所に訴える自由と機会は与えられている。
国の政治を決めるのは政治家だが、政治家を決めるのは政治家ではない。
政治に対して(投票しないと言うような)無気力になるというのは、がてんがいかない。

ネットでは、昨日の選挙特番の中ではテレ東の番組が秀逸だったらしいと評判である。
ニコ動とかで一部を見たが、池上さんのアプローチはなかなかいい。
NHKでは絶対やれない内容。(あくまでスタンスの違い)
テレビがないので見れなかったが、テレビがあっても熊本ではテレ東系はネットされておらんのだよね。BSJでもやっておったのかね?
もし、自分がテレビを買うとしたら熊本にテレ東系がネットされたときかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/16

選挙@2012

国政の選挙があった。

自民が大勝しそう。

これまで、特に1980年代以降の自民政権時代を思えば自民に票を入れることなどは、今日でも思いもよらない。だからこその3年前の民主政権だった。(前の選挙では自民にも民主にも入れなかったが。)
長期にわたった自民政権時代の負の遺産を覆すのは少なくとも10年位はかかるだろうと思っていた。
たった3年位で、あの自民が返り咲くとは驚きである。
原発推進、不当な地位協定、憲法改変、根拠のない強硬外交、ばら撒き内政による財政破綻・・・
アンシャンレジームの復活とはね。

大量支持を得た、自民政権には怖れしかない。
これが多くの日本人の意思かと思うとやるせない。

自民に札を入れた人は考えて欲しいと思うが、今は何をか言わんや、だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/09

熊本、初雪2012冬

寒いですね~
今日午後の熊本では、ちっちゃい雪が舞っていました。
空には晴れ間もあったんですがね。

・・・にしても、さみかった。

↓は気象衛星の写真ですが、大陸からの冷たい季節風によってできる筋状の雲がいっぱいあります。
これを見るだけでも寒く感じます。

121210_0100_satellite_image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/03

電柱、折れました

昨日、山梨ではトンネルの天井がまさかの崩落、と言う事件がありました。
一方、こちら熊本では

「電柱がぽっきり折れる」

という摩訶不思議な、しかし危険な事件がありました。
たいして風もなかったのにですよ?

仁王さん通り沿いの電柱だそうですが、結構住宅が密集しとるけん、家にぶつからなくてよかったわー。けが人もなし。停電もなかった模様です。
今日になってようやく復旧。
しかし、恐いねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/02

中央高速のトンネル天井崩落事件

今朝、中央自動車道の笹子トンネル(上り線)で天井のコンクリートが崩落し、複数の死者が出ているようです。
事件を知ったのは夕方のラジオのニュースでした。
かつて、バイクや自動車、高速バスなどで何度も通ったことがあり、あまりにも身近な話のため、かなりショックです。

笹子トンネルと言えば、トンネルの多い中央道ではかなり長い部類に入るトンネルです。
たしか5kmくらいはあったかと思います。

九州に越してきてトンネルを使う事がめったになくなりました。
そういえば熊本市~福岡市間の九州自動車道にはトンネル箇所はひとつもありませんね。
思い出せば、中央道ってトンネルやワインディングの非常に多い高速道路でした。
上信越道の上信間もかなりひどいけど。(いや、ひどいと言うのは作りのことじゃありません)
山の多い日本に住んでいる以上、トンネルのない道は考えられません。
普段、何気なく通っているトンネルには、ある意味で絶対的な信頼があります。そうでないと使えませんからね。
今回の事故が起きたからといって、明日からトンネル使うのやーめた、とはできないのです。
事件の原因が何であったのか、是非早急に究明し対策して欲しいと思います。

ちなみに、災害が起きる可能性はトンネルだけが高いとは限らず、橋や道路だって同じです。家もそうだね。
さっき熊本市~福岡市間の九州自動車道にはトンネル箇所はひとつもありません、と書きましたが3年前に高速道路横の土砂が崩れて走行中の夫婦が巻き込まれて亡くなられた、と言う事件がありました。(太宰府~福岡IC間)
道路横の山の斜面はコンクリートで保護されていたのですが、梅雨時でかなりの大雨が降っていて土砂崩れの懸念があったにもかかわらず、高速を管理しているNexco西日本が適切な処置をしなかったために起きた悲劇でした。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
また、今も懸命に救出作業をおこなっている現場の方もご苦労様です。頑張ってください。

一部ネットにも掲載がありましたが、今回の中央道の事件は物流面にも大きな影響がありそうです。
しばらくは中央道(少なくとも上り線)は通行止めが続くだろうねえ。1~2週間くらいで復旧するだろうか?
3年前の九州自動車道の土砂崩れの際は暫定復旧まで2週間程度かかっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »