« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月に作成された記事

2012/11/28

今、そこにある危機!!(2012年初冬)

今朝の冷え込みはきつかった。
車のフロントガラスに霜がおりちょった。
寒いの苦手やけん、生存の危機を感じるなぁ。
このままいったら孤独死やんか?

 
先々週末(11/18)、福岡にブリティッシュのエジプトへ行きましたん。
この話は別項でします。
ちなみにもう終わっているよ。

121118egyptian01

(2012.11.18 福岡市美術館にて byNEX5N E 18-55mm 24mm F 10.0 ISO1250 1/60)

先週末は3連休やったんよね。
特に何も予定もなく。あっちゅうまに過ぎ去ったよ。

近所の公園で小さくない秋の中、散歩してみました。

121125autumn_at_koshi_01

(2012.11.25 近所の公園の秋 陽光 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 4.0 ISO500 1/60)
光の加減が難しいです。もっとやわらかく写したいんやけど。うまくいかんわ。

121125autumn_at_koshi_02

(2012.11.25 近所の公園の秋 散歩道 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 4.0 ISO200 1/60)
落ち葉が綺麗にはわかれてますね。管理人の方ご苦労様です。

121125autumn_at_koshi_03

(2012.11.25 近所の公園の秋 紅葉(もみじ) byNEX5N E 18-55mm 18mm F 4.0 ISO200 1/60)
紅葉がきれいに色づいていました。今年の色づきは大変美しいと思います。

121125autumn_at_koshi_04

(2012.11.25 近所の公園の秋 紅葉(もみじ) byNEX5N E 18-55mm 55mm F 5.6 ISO800 1/100)

121125autumn_at_koshi_05_2

(2012.11.25 近所の公園の秋 紅葉(もみじ) byNEX5N E 18-55mm 55mm F 5.6 ISO1250 1/100)
背景が枯れ木メインだと、もうすぐ散りそう。

121125autumn_at_koshi_06

(2012.11.25 近所の公園の秋 紅葉(もみじ) byNEX5N E 18-55mm 55mm F 7.1 ISO1600 1/100)
背景が青くてまだ色づいていない木だと、紅葉になったばかりでまだ続きそうな感じがしませんか?

121125autumn_at_koshi_07

(2012.11.25 近所の公園の秋 空枝 byNEX5N E 18-55mm 39mm F 8.0 ISO100 1/100)
空と枯れ枝。略して空枝(からえだ)。え?

121125autumn_at_koshi_08

(2012.11.25 近所の公園の秋 黄葉 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 8.0 ISO1600 1/100)
おなじもみじのように見えるんだけど、こっちは黄色。黄色も鮮やかやね。

121125autumn_at_koshi_09

(2012.11.25 近所の公園の秋 黄葉 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 8.0 ISO1600 1/100)

121125autumn_at_koshi_10

(2012.11.25 近所の公園の秋 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 8.0 ISO2000 1/100)
もみじは黄色から赤になるのかな?それとも逆?

121125autumn_at_koshi_11

(2012.11.25 近所の公園の秋 蛇口 byNEX5N E 18-55mm 19mm F 3.5 ISO800 1/60)
蛇口がたまたまありました。うまいぐあいにひねってありました。
決して、決して、わざとじゃありません。

121125autumn_at_koshi_12

(2012.11.25 近所の公園の秋 落ち葉 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 3.5 ISO640 1/60)
落ち葉をあつめて芋を焼こう、というような妄想が働きます。今年の芋はなんだか美味しいよ。

121125autumn_at_koshi_13

(2012.11.25 近所の公園の秋 落ち葉 byNEX5N E 18-55mm 26mm F 4.0 ISO800 1/60)
チルトモニターがついているので落ち葉付近からのアングルも楽に撮れます。
背景の選択がダメダメでなっちょらん。。。orz

121125autumn_at_koshi_14

(2012.11.25 近所の公園の秋緑 byNEX5N E 18-55mm 19mm F 4.0 ISO2500 1/60)
九州の秋は色鮮やかな紅葉と、色鮮やかな広葉常緑樹が混在していてカラフルです。
九州ならではの秋色、っち思うンやけどね。

121125autumn_at_koshi_15

(2012.11.25 インプレッサと月 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 5.6 ISO400 1/100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/27

タイヤ替えます。

ロックナットソケット、未だ見つからず・・・
車検近いです。無駄にあたふたしています。
 
タイヤの溝は微妙な感じです。いけそうないけなさそうな。感じ。
まだ前回交換から14000km程度しか走っていませんが。
今履いているのはダンロップのルマンLM703です。
いわゆるコンフォートタイヤなので、さすがにグリップはYHのNeovaやDのディレッツア程はありません。
ですが通常走行では特に問題はないですね。
あとは使用者の心の持ちようだけです(w
 
そういえば一度だけ、今年の7月に雨の降り始めの下り坂のワインディングで、すこーしだけテールスライドした、くらい。
速度は30km以下でしたけど、くだりのちょいきつめのカーブ。
ハンドリングがきつかったか。ほんのちょびっとだけですが。
 
ルマンLM703、さすがにコンフォートタイヤです。
静粛性はダンチで良かったです。
確かタイヤの内側に吸音スポンジを貼ってあるとか。
燃費に対する効果もあったような気がしますが、運転の影響が大きいので微妙かな。
14000kmで交換、と言うところがちょっと引っかかるよねえ。いや、スリップは出てないんだが・・・
 
今回交換はディレッツアに戻そうかな、と考え中。
これまでも何度か履いてますが、グリップはそこそこ良いので安心度が高いです。
ルマンLM703は、今はルマン4(LM704)と言うものになっているようです。
 
前回8万ちょいで買っているので今回も同じ位かな。
オートウェイを使うと言う手もあるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/26

ロックナットソケット紛失事件

そろそろ車検なのでロックナットソケットを確認しようとした、まさにその時!

Σ(゚д゚;)

・・・見つかんねー 

やっべー!
 
最後に使ったのは・・・
今年の夏前に自分でタイヤのローテーションした時にはあった。
その時か!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/25

Yahooの記事や構成、加えてコメントの偏りへの疑問

Yahooニュース欄にコメントやTwitterの欄があったりなかったりする。

その偏りに不自然さを感じていたが、加えてコメント内容に対する共感度合いの偏りといったらひどい。このアクセス数はなんじゃろうか。

このコメント欄にアクセス(及び共感)している人々の像は、

・自民支持(超保守主義?)

・武力崇拝、覇権主義、権威主義

・目的のためなら手段を選ばない

・派手好き、自己顕示欲が強い

・排他的、出るくいを徹底的に叩いて許さない

と言った風に見える。アメリカのネオコンに似ちょる・・・

もちろん、そんな人ばかりではないよ。ただ偏りがひどすぎるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/21

のぼうの城を墨守する

今、映画館で「のぼうの城」というのをやっているようです。
てっきり「野望」を「のぼう」と言い換えたものだと思ってましたが違うみたい。
では何か?は映画館に行って確かめておくんなまし。

さて、この映画の時代背景は戦国時代末期。
豊臣秀吉による関東小田原の北条攻めの際にあった、忍(おし)城攻撃に関わる人々を描いた作品のようです。(ようです、というのはまだ見てないもん)。
主人公はこの忍城で守備側にあった武将、成田長親。
攻撃側の総大将は石田三成。

これ以上は映画の話に触れそうなのでやめときます。
忍城は武蔵の国の北端、上野国との境に近い地にありました。現在の埼玉県行田市付近にあたります。
周りが沼沢地、泥田に囲まれて攻めにくい城ではありますが、平城ですし数を頼めば落としにくい城ではない気がします。
一般に城攻めというのは容易ではなく、これを落とすには守備兵の3倍以上の兵力が必要とされています。
孫子に曰く、
「其の下は城を攻む。攻城の法は已むを得ざるが為めなり。」

城にこもる兵を城外におびき寄せて決戦に持ち込むとか、城内に内応者を作って内部から崩すなどの工夫をしてはじめてようやく「戦」になります。
まともに力攻めするのでは、なかなか勝つことができません。

逆に攻められた側(守る側)から見た場合、籠城策は必ずしも良い手段とは言えません。
孤立して、後詰、と呼ばれる城外からの援軍が望めなければいずれ城(もしくは要塞)は落城する運命にあります。
基本的には城にこもって負けないようにすることは出来ても、勝つというのはない、ということです。

史上、(城を)守ることを突き詰めたのは中国の墨子。
「墨守」といえば、何が何でも守り通すことを意味します。
これを転じて「墨攻」という小説を書いたのは酒見賢一。
墨子は一般的には非攻、兼愛を道として説いていると伝えられていますが、この作者は「守」を逆説的に転じて「攻」として表題にしてあります。
「守」という言葉が持つ受動的なイメージとは異なる積極的な守りの姿勢を墨子・墨家に見、彼らの教える「非攻」というのは単なる「守」=受身の姿勢ではないことを読者に伝えたかたのではないでしょうか。
本当に命がけで守る、ということは受身でいてはならず、積極的な行動あってこその「守り」というような状況がこの「墨攻」には描かれています。

日本と言う国は、武力による外交解決を望まない素晴らしい憲法を奉じており、しかしこれには諜報・外交を重んじる姿勢、最後の最後には墨守する覚悟が必要ですが、武力への幻想から目が覚めない政治家や、何がなんでも領土保全といった柔軟な外交を積極的に放棄しようとする政治家が多いのは、平和ボケのせいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/20

また車検の時期が近づき

熊本平野部にも秋のピークが到来。
近所の銀杏の木も黄色く染まり、落ち葉が鮮やかな絨毯のようです。
冬にむかうのみ。
しかし、寒いね。冬なんて一週間でいいよ。

 

今年末は車検が待っています。
一か月ちょい前ですが先日車検の予約をしました。
前回からの走行距離の伸びは、過去最低。
今までは年に1万km以上はオドメーターの数が増えていましたが、この2年で増えたのは1万4千kmほどでした。
とはいえこの間、台湾に1年ほど滞在しておりことを考えれば妥当な数字。
地方の車の年間走行距離は1万~1万5千km程度が相場じゃないでしょうかね。
でも、中古屋に持っていくと年1万km程度以上は過走行としてマイナス査定要因になります。

車検の時期になると、いつも部屋の中の書類をひっくり返して納税証明書と任意保険の証書を探しています。
車の中に入れておけばいいのですが、いつも忘れちゃうんですよね。
今年から任意保険はWeb証書にしていたので、これを証明するのははがきによる連絡通知になると思うのですが、すっかり忘れてあちこち探しまくりました。
探し当てた時は「あぁ、そういえば。(Web証書にしていたんだ)」と「こんな簡単なやつでいいのかね?」と複雑な感じ。
あとはタイヤ。
溝はまだいける感じがするんだけど、どうかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/19

つらいわ~

寒い。

近所の温泉施設がレジオなんちゃらで休館になってた。

これからの季節、つらいわ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/03

Yahooの記事や構成の疑問

Yahooの記事で、コメントやTwitter欄のある記事と、ない記事の違いは何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »