« 窓辺の魚の風鈴 | トップページ | マスコミの責任 »

2012/09/09

今夏 原発再稼働は必要だったか?

結果論だが、不要だった。

反省点として、大飯原発の再稼働に踏み切った国や関電の需要見通しは過大だった。
国や関電の責任者は、相応の責任を取るべきだろう。
(安全面で必要な対応を取らず、リスクを抱えたまま再稼動を決めたことに対して)
そして大飯は安全面の整備が完了するまで、即刻停止すべき。けじめが必要。

今夏、記録的な猛暑だった。それでも原発は不要だった。
原発ほどの発電能力は猛暑であっても不要であり、それだけの余裕があると言うことが分かった。
必要な予備電力や、関電の経営問題に関わるような体制は時間をかければ整備可能。

|

« 窓辺の魚の風鈴 | トップページ | マスコミの責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夏 原発再稼働は必要だったか?:

« 窓辺の魚の風鈴 | トップページ | マスコミの責任 »