« 例大祭 | トップページ | 日本人には、先人の勤勉な血が流れている。 »

2012/09/19

ニホンとツォングォ

最近、ニュースで中国の政府高官の名前の中国語読み表記をしているのを時折見かけます。
毛沢東はマオツォートンとか、胡錦濤はフーチンタオ、温家宝はウェン・チアパオ、習近平はシーチンピンなど。
子供のころ、韓国のキンダイチュウやキンニッセイがキムデヂュンやキムウィルソンと同一人物だということに、今一慣れなくて戸惑った思いがありました。
外国や国内問わず、相手の名前を相手の国の言葉や読み方で呼ぶのは「礼儀」だと思います。
なので、最近の傾向は良いことだと思います。

それはともかく。

尖閣諸島の件で大陸と日本の関係が非常事態になっています。
以前このブログでは「求大同、存小異」について書きました。
その時の気持ちはいまだにあります。
 
ただ、大陸でひどい目にあわされた日本人の話を聞くと激しい憤りを感じるのも事実です。
大陸の日系企業が打ち壊されたり燃やされたり、デパートや飲食店などが襲われて、休業や閉鎖に追い込まれ大変な被害にあっているようです。
企業やお店は閉鎖して撤退したり、しばらく休業にならざるを得ないでしょうね。
そうなれば、そこで働いている現地の人は職を失うでしょう。そのことにも憤りを感じます。
自分も(全く予定はありませんが、仮定として)中国に旅行に行こうという気にはなれません。
一部の人の過激な行動、では済まされないほど今回の騒擾は規模や裾野が広いのではないかと感じました。
  
そこに、その破壊や略奪に、義はあるのですか?
 

日本と言う国や国民は、なぜ隣の国々の人々にそれほど恨まれなければいけないのか?

昔、子供の頃にアメリカと日本の間の貿易摩擦が起こり、テレビの映像でアメリカ人(基本的にすべて白人)が日本製の車や家電製品をハンマーで破壊したり火をつけたりする風景を見ました。
それからずいぶん経って後にアメリカに行く機会があり、あの国の(特に白人保守層の)人々の底辺にある非白人種への差別感を感じた時になんとなく、この人たちと打ち解けあうのは途方もない時間がかかるだろうし、難しいことだろうな、という理解をしました。
翻って、日本人は液晶でもDRAMでも外国(韓国とか台湾とか)製品に押されていますが、そのような破壊行動をした人を見たことがありません。
安い価格で入ってくる中国産の食品を燃やしているところなんて見た事がない。

同じアジアの人々の中でこういった諍いが(しかも今は一方的に)起こるのは残念でならず、暗澹とした気持ちになりました。
日本人も相手の燃えさかる炎に照らされて、いずれその血に火がつくときがこないとは言い切れません。
ひょっとしたら、日本にいる中国の人々にもなんらかの被害が起きているかもしれません。
そんなことは決してあるべきではない。同じ日本人として決して許さない。
 
この先のエスカレートを考えると恐ろしいです。

 
周恩来先生、教えてください。

|

« 例大祭 | トップページ | 日本人には、先人の勤勉な血が流れている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニホンとツォングォ:

« 例大祭 | トップページ | 日本人には、先人の勤勉な血が流れている。 »