« 日本人には、先人の勤勉な血が流れている。 | トップページ | 3行、で、ココロを、ツタエル »

2012/09/20

奸賊

昨日、中国と日本の関係について書いたんですが、事のきっかけが石原慎太郎だったことを思い出しました。
 
以前から尖閣をめぐる衝突はありました。
もしくは、小泉元首相などの靖国神社参拝に端を発する日中間のトラブルがありました。
その度毎に反日デモがありましたが、しかしここまでの盛り上がりは見ませんでした。
石原氏が都による島の購入の件を(突然)持ち出し、政府の無策を公の場でなじり、その結果国が島の購入を決めた経緯は誰もが知るところです。
「尖閣国有化」という出来事がなければ今回の大陸側の反応はありませんでした。
石原氏が今回の騒動の大元凶であったことは間違いない。

煽り立てたマスコミ(特に読売・産経)も共犯と言えなくもありませんが、石原氏の起こしたうかつすぎる児戯が多くの人を不幸にしているすべてと言っていい。
国が石原氏に代わって買い取ることを決めた時に、彼があっさり引き下がったのを見て何か納得のいかない「もやもや」したものを感じました。
彼の意図は尖閣のポジションを明確にすることだったのでしょう。
もちろん、その先の騒擾(今回の事件)も彼の予想の範囲かもしれません。

しかし、今回の規模は予想していたかどうか?
さらに、これから先の幕の引き方までは見えていない。
そんな頭はそもそも持ち合わせていない、いわば子供が大人に対して悪さをするようなものなのでしょう。
騒ぎを起きるのが彼にとっては痛快なだけ。
政治家と名乗るには忌むべき悪癖の持ち主にすぎない。
思えば尖閣は、日本と中国にとってお互いに決定を先送りし棚上げした状態が続いていた、パンドラの箱のようなもの。
この箱を開けた、今回の騒動を意図的に仕掛けた石原氏は政治の世界や人前から即刻永久退場すべき。

つか、ここまでこじらせた張本人の癖に一言も発しないとはなんと姑息な奸賊か。

今回のきっかけについて、朝日は社説で扱っていた。
J-CASTでも
「反日デモ、日本企業に被害続出 「賠償請求は石原都知事へ」の声も」
http://www.j-cast.com/2012/09/18146771.html

他のマスコミも冷静に今回の経緯について検証すべき。

|

« 日本人には、先人の勤勉な血が流れている。 | トップページ | 3行、で、ココロを、ツタエル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奸賊:

« 日本人には、先人の勤勉な血が流れている。 | トップページ | 3行、で、ココロを、ツタエル »