« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月に作成された記事

2012/09/20

3行、で、ココロを、ツタエル

我ながら熱くなりすぎた、と反省。

 

 

こういうの、なんかとってもいいカンジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奸賊

昨日、中国と日本の関係について書いたんですが、事のきっかけが石原慎太郎だったことを思い出しました。
 
以前から尖閣をめぐる衝突はありました。
もしくは、小泉元首相などの靖国神社参拝に端を発する日中間のトラブルがありました。
その度毎に反日デモがありましたが、しかしここまでの盛り上がりは見ませんでした。
石原氏が都による島の購入の件を(突然)持ち出し、政府の無策を公の場でなじり、その結果国が島の購入を決めた経緯は誰もが知るところです。
「尖閣国有化」という出来事がなければ今回の大陸側の反応はありませんでした。
石原氏が今回の騒動の大元凶であったことは間違いない。

煽り立てたマスコミ(特に読売・産経)も共犯と言えなくもありませんが、石原氏の起こしたうかつすぎる児戯が多くの人を不幸にしているすべてと言っていい。
国が石原氏に代わって買い取ることを決めた時に、彼があっさり引き下がったのを見て何か納得のいかない「もやもや」したものを感じました。
彼の意図は尖閣のポジションを明確にすることだったのでしょう。
もちろん、その先の騒擾(今回の事件)も彼の予想の範囲かもしれません。

しかし、今回の規模は予想していたかどうか?
さらに、これから先の幕の引き方までは見えていない。
そんな頭はそもそも持ち合わせていない、いわば子供が大人に対して悪さをするようなものなのでしょう。
騒ぎを起きるのが彼にとっては痛快なだけ。
政治家と名乗るには忌むべき悪癖の持ち主にすぎない。
思えば尖閣は、日本と中国にとってお互いに決定を先送りし棚上げした状態が続いていた、パンドラの箱のようなもの。
この箱を開けた、今回の騒動を意図的に仕掛けた石原氏は政治の世界や人前から即刻永久退場すべき。

つか、ここまでこじらせた張本人の癖に一言も発しないとはなんと姑息な奸賊か。

今回のきっかけについて、朝日は社説で扱っていた。
J-CASTでも
「反日デモ、日本企業に被害続出 「賠償請求は石原都知事へ」の声も」
http://www.j-cast.com/2012/09/18146771.html

他のマスコミも冷静に今回の経緯について検証すべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/19

日本人には、先人の勤勉な血が流れている。

マレーシアの元首相、マハティールの言葉

「日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。

なぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。

一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。

そして、若者は何を目指せばいいのか。

日本人には、先人の勤勉な血が流れている。

自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい。」

 
 
現在の彼は、今の日本に対して失望を感じつつあるという話を聞きました。
それはそれとして、上の言葉は今から10年ほど前のもの。
そのころとまったく変わらない姿勢を続けているんだから、致し方なし。
これからでもいいから、せめてこのメッセージに応じる政治家を、私たちは選ばなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニホンとツォングォ

最近、ニュースで中国の政府高官の名前の中国語読み表記をしているのを時折見かけます。
毛沢東はマオツォートンとか、胡錦濤はフーチンタオ、温家宝はウェン・チアパオ、習近平はシーチンピンなど。
子供のころ、韓国のキンダイチュウやキンニッセイがキムデヂュンやキムウィルソンと同一人物だということに、今一慣れなくて戸惑った思いがありました。
外国や国内問わず、相手の名前を相手の国の言葉や読み方で呼ぶのは「礼儀」だと思います。
なので、最近の傾向は良いことだと思います。

それはともかく。

尖閣諸島の件で大陸と日本の関係が非常事態になっています。
以前このブログでは「求大同、存小異」について書きました。
その時の気持ちはいまだにあります。
 
ただ、大陸でひどい目にあわされた日本人の話を聞くと激しい憤りを感じるのも事実です。
大陸の日系企業が打ち壊されたり燃やされたり、デパートや飲食店などが襲われて、休業や閉鎖に追い込まれ大変な被害にあっているようです。
企業やお店は閉鎖して撤退したり、しばらく休業にならざるを得ないでしょうね。
そうなれば、そこで働いている現地の人は職を失うでしょう。そのことにも憤りを感じます。
自分も(全く予定はありませんが、仮定として)中国に旅行に行こうという気にはなれません。
一部の人の過激な行動、では済まされないほど今回の騒擾は規模や裾野が広いのではないかと感じました。
  
そこに、その破壊や略奪に、義はあるのですか?
 

日本と言う国や国民は、なぜ隣の国々の人々にそれほど恨まれなければいけないのか?

昔、子供の頃にアメリカと日本の間の貿易摩擦が起こり、テレビの映像でアメリカ人(基本的にすべて白人)が日本製の車や家電製品をハンマーで破壊したり火をつけたりする風景を見ました。
それからずいぶん経って後にアメリカに行く機会があり、あの国の(特に白人保守層の)人々の底辺にある非白人種への差別感を感じた時になんとなく、この人たちと打ち解けあうのは途方もない時間がかかるだろうし、難しいことだろうな、という理解をしました。
翻って、日本人は液晶でもDRAMでも外国(韓国とか台湾とか)製品に押されていますが、そのような破壊行動をした人を見たことがありません。
安い価格で入ってくる中国産の食品を燃やしているところなんて見た事がない。

同じアジアの人々の中でこういった諍いが(しかも今は一方的に)起こるのは残念でならず、暗澹とした気持ちになりました。
日本人も相手の燃えさかる炎に照らされて、いずれその血に火がつくときがこないとは言い切れません。
ひょっとしたら、日本にいる中国の人々にもなんらかの被害が起きているかもしれません。
そんなことは決してあるべきではない。同じ日本人として決して許さない。
 
この先のエスカレートを考えると恐ろしいです。

 
周恩来先生、教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/18

例大祭

先週末、熊本市内はお祭りがありました。
毎年9月第2~3週目の週末に行われる秋の例大祭と呼ばれるものです。
馬追い祭り、とかいいます。
市内の藤崎八幡宮に向かって、各地区から飾りをまとった馬とそれを追う勢子さんたちが練り歩きます。

 
先週末は颱風サンバの影響で雨が降ってましたけど、祭りは行われてて自分も見に行きました。
雨だったのでカメラ持っていかなかったため、画像はなしです。
お祭りは良いもんですな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/17

颱風「三巴」(サンバ:16号)@2012 その2

 

9月16日18時30分の気象衛星ひまわりの画像↓

120916_1830_satellite_image

9月17日 1時30分の気象衛星ひまわりの画像↓

120917_0130_satellite_image

9月17日20時30分の気象衛星ひまわりの画像↓

120917_2030_satellite_image

颱風サンバ、あっという間に過ぎていきました。
熊本ではあまり颱風に伴うような激しい雨は無かったです。
風も多少はありましたが、颱風はどこか遠くの高知沖にでもあるような感じでしたね。
ただ、今朝の会社の行きがけに見た街の風景は小枝や葉っぱなどが散乱してて、なんとなく嵐が過ぎ去った街の風景でした。
それにしても、9月に入って毎週週末は天気が良くないです。むー。

 
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/16

ソニーネタ

ネットのニュースによると、ソニーとオリンパスが資本業務提携で合意する見込みらしい。
NHKニュースWEBより「オリンパス ソニーと提携で最終調整」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120914/k10015032201000.html

ソニーのイメージセンサーは、オリンパスのデジタル一眼カメラのOM-D E-M5に使われています。
これから一層の協力関係が築かれるのか、オリンパスのカメラ事業の方向性がどうなるか、興味深いです。
さらにオリンパスが世界的に大きなシェアをもつ内視鏡用のイメージセンサーにソニー製の物が使われるようになれば、今以上の性能向上も見こめるのではないでしょうか?

オリンパス、と言う会社は企業統治の面でごたごたが続いてました。
これまで、社内のモラル(士気)の低下もあったかもしれません。
今回の資本提携はオリンパスのほうにメリットが大きく、ソニーにとっては賭けの要素が大きい印象があります。
それだけに、ソニーのオリンパスに対する要求は大きなものにならざるを得ないでしょう。
 
オリンパスはこれまで、非常に魅力的なカメラを世に出してきていました。
この文化がなくなるのは惜しい。
オリンパスデジカメスタッフの、スキューバダイビング向けに対する熱意は並々ならないものがあります。
他のカメラメーカーにはない、ユニークな面です。
また、内視鏡に関しても同様。

できれば、オリンパスそのものは残るような手立てで、ソニ・オリ連合の世界進出が成功することを望みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/15

颱風「三巴」(サンバ:16号)@2012

秋颱風サンバが近づいてます。
かなり強烈な強さをもつこの颱風。
前回の颱風ボラヴェンから時間が経っているので、この大きさに育ったんでしょうね。
今年は太平洋高気圧の勢力強かった割には、颱風の発生が少ない気がします。
数が少ない分、強さで勝負なんでしょうか?いわゆる少数精鋭型?

秋の台風は毎度のことです。二百十日、二百二十日は9月~10月のことです。
自然界ではリズムのようなものですが、
人の世界にあっては秋の実りの収穫に影響するので一見メリットは見えませんけど、どうなんでしょうか。

このまま、颱風被害が少なくいけば今年のお米は全国的に豊作じゃないですかね。
すでに畑の作物は豊作すぎて、収穫・出荷制限のような手だてが行われているとか。
農家の方は大変ですが、凶作が何年も続くなんて状況に比べればまだ良い方じゃないでしょうか。
ともかくも、颱風の影響が少なければいいです。

ちなみにこのサンバ、という名前。
マカオにある歴史的な教会建物の名前から来ているらしいです。
サンパウロ教会跡、のサンパウロがサンバになったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/12

Sonyが・・・

今日、怒涛のカメラなど映像機器関連商品発表~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/11

ふらふら病

Pomfiさんのところでパラオの話をしているうちに、すごくパラオに行きたくなりました。

自分の場合、パラオに行きたい、という気持ちの70%は海外ダイビングへの欲求です。
旅に出たい、という欲求が残りの30%くらい。
あー、行きたい。
昨年長い海外出張があり、父親の入院もあって長いこと海に潜っていません。
純粋な「長期旅行」というイベントも長いことしていません。大概毎年どこかしらに行ってたんですが。
近場で潜ろうと思えばできたのですが、妙なサイクルにはまってダイビングから遠ざかっています。
あぁ、潜りたい。
9月後半くらいからが日本のダイビングシーズンかなーと思うので、この秋には近場を狙ってみます。

120826_tensui_skyline

(2012.8.26 天スカから眺める有明の海、雲仙、普賢岳 byNEX5N E16mm ワイコン使用⇒12mm F 9.0 ISO100 1/1000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/10

りっちこんぽた

先週末のお話。

天気予報では雨の週末になるとのお告げでしたが、外れました。
不意の夕立にある程度注意すれば、洗濯日和、干し物日和な週末でした。(っても、夕立なかったケド)

天気が良ければ行きたい場所があったのですが、まったく期待していなかったので夜更かし⇒昼過ぎまで就寝という不摂生な生活を送った週末でした。

午後、プールに行きましたがまだまだ人(子供)が多いですなー。
まったり泳ぎたい場合は夕方以降でないと望むようには泳げないです。

先々週、行きつけのパン屋が開店~周年(数字は忘れた)でイベントをすることは知ってました。
プールの帰りに寄ってみようかなーと車からお店の方を見ると、駐車場に交通整理のおさーんハッケソ。
人の混んでいるパン屋なんてムリムリ、ってスルーしました。
翌週の先週末は平和な駐車場の風景に戻っていました。よかったです。
人が多いの苦手です。

 

120908_gari_rich_cornpota01

(2012.9.8 ガリガリ君リッチコンポタージュ byNEX5N E 16mm  F 2.8 ISO500 1/60)

120908_gari_rich_cornpota03

(2012.9.10 ガリガリ君リッチコンポタージュ byNEX5N E 18-55mm 55mm F 5.6 ISO2000 1/100)

行きつけの温泉施設からの帰り道、セブンに寄ったら話題?の「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」が、ぽつーんと一個だけ残っておりました。
百人一首の札とりよろしく、たたきつけて取り去るようにゲットーッ!
家に帰ってほてった体を冷やすべく食しましたが、意外に普通に、ウマーでした。
 
なんつーのかなー・・・
仮に、冷製コーンポタージュなるスープがあったとしよう。
これを、甘さ控えめ生クリームベースで作って冷やしたらこんなアイスになりました、って感じです。なかなか味を伝えるのはむずい。
リピートしたい、と思っても人気絶大な割に供給量が少なくて現在販売停止らしいです。
来年、定番になっているといいのあー。

120908_gari_rich_cornpota02

中にコーン粒が入っています。

(2012.9.8 ガリガリ君リッチコンポタージュ byNEX5N E 16mm  F 2.8 ISO320 1/60)

120908_gari_rich_cornpota04

カロリーはソーダ味70kcalに比べると高めの124kcal。井村屋のあずきバーと同じ位かな?

(2012.9.10 ガリガリ君リッチコンポタージュ byNEX5N E 18-55mm 55mm F 8.0 ISO3200 1/60)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

マスコミの責任

菅君のブログ「今日の一言」に「マスコミの責任」というのがあります。
いちいちもっともな内容だと思いました。

まぁ、こういったブログとかツイッター、2チャンネルが浸透していて、マスコミの正義とやらが

どうやら胡散臭そうだ、と言う認識が広まっているのも事実ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夏 原発再稼働は必要だったか?

結果論だが、不要だった。

反省点として、大飯原発の再稼働に踏み切った国や関電の需要見通しは過大だった。
国や関電の責任者は、相応の責任を取るべきだろう。
(安全面で必要な対応を取らず、リスクを抱えたまま再稼動を決めたことに対して)
そして大飯は安全面の整備が完了するまで、即刻停止すべき。けじめが必要。

今夏、記録的な猛暑だった。それでも原発は不要だった。
原発ほどの発電能力は猛暑であっても不要であり、それだけの余裕があると言うことが分かった。
必要な予備電力や、関電の経営問題に関わるような体制は時間をかければ整備可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/05

窓辺の魚の風鈴

まだまだ秋の風を感じるのは早いですな

今日は朝からどんより曇りではあったものの、雲の高さは高かったので雨は降らないだろうと踏んで洗濯物を干して出かけたのですが、熊本地方はお昼ごろに激しい雷雲に見舞われました。
雷と雨がすごかった。
午後になるとぱったり止んでました。

写真の風鈴はパラオで買ったものです。
いつ買ったかな。

上に大きい魚、下に小さい魚が吊らされてて、くるくる回る姿は微笑ましい。
魚はカクレクマノミ(ニモ)な感じですが、スパインチーク・アネモネフィッシュかも。

120825_windchime_fishunder_in_the_s

(2012.8.25 窓辺の魚の風鈴 byNEX5N E 16mmワイコン使用⇒12mm F 5.0 ISO1600 1/4000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/04

死者の踊り

9月です。
お盆はとうに過ぎました。
残暑がそこそこあるのはうれしい限りです。
ま、もう少し涼しくなってもらってもいいんだけど?

仕事上で、夏休みの宿題的な事案の片付く目途が立ったのでほっとしています。

 

 さて、アップルとサムスンの対立が世上を騒がしていますね。
特許がらみの争いを世界各国で繰り広げており、アメリカではアップルの勝訴となり賠償金が7~800億円くらい?になった模様。
まったくもって無駄な争いです。
 
時に、アップルの独裁者ジョブズ君が生前、グーグルの開発したアンドロイドを指して「核戦争を起こしてでも破壊する」と言ったとか言わなかったとか。
この発言は変人ジョブズ君の「たわごと」の一種。
まともに受け取るのはどうかしてます。

 
7月のイギリスでの裁判ではアップルの訴えが却下されましたが、この時の判決理由は非常に「うまい!」と思いました。

 判決理由:「Galaxy TabにはiPadの特徴である、控えめで徹底したシンプルさがなく、消費者がiPadと混同するほどcool じゃない」

カッコいいとか悪いとか、これは人それぞれの好みの問題ですが、裁判官はそんなことを引き合いに出さねばならぬほど、この訴訟は愚かなものだと言いたかったんではないかと思いました。
(これらはイギリス流のジョークもしくは皮肉ではないかと思います。
アップルがデザインを盗んだといってサムスンを訴えたけど、アップルに対しては「盗まれるようなデザインかよ?」(=訴え却下)と言いたかったろうし、サムスンには「盗んだところでたいしたデザインじゃねーなー」と言いたかったんじゃないかと思います。)

ジョブズ君は良くも悪くも影響力がある人だとは思うけどね。もうこの世にはいない人だし。
お互い頭を冷やしな。

 

 

 

 

120825_windchime_fishunderjpg

(2012.8.25 窓辺の魚の風鈴(下) byNEX5N E 16mmワイコン使用⇒12mm F 5.0 ISO1600 1/1600)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/03

ところてん

もう9月ですねー

まだまだ夏は終わらんぞー、と叫びたいところです。終わって欲しくないっす。

さて、夏、といえば。

心太、と書いて「ところてん」と読みます。
ところてん、とキーボードを打って文字変換すると「心太」と変換されます。
所さんの目がテン、を略したものではありませんよ。

ところてん、の原材料は海草です。
同じものを使って、ゼリーも出来ます(ゼラチン由来とは違う)。
寒天、ともいいますかね。

昔、ダイビングの催しで、海に潜って海藻・海草について海中講義を受けた後に陸に上がって、その海藻を使って牛乳でミルクゼリーとかコーヒーでコーヒーゼリーとかを作って食べたことがあります。

下はその時の写真
たしかブログにも書いたような・・・
http://pon-blue.way-nifty.com/sora/2006/06/post_4692.html

060611_seaweed_at_arari_of_izu (2006.6.11 海藻・海草 bySea&Sea DX-5000G(リコーのcaplioGX)  F 2.5 ISO161 1/32)

060611_ager_2

(2006.6.11 海藻・海草で作った寒天ゼリー bySea&Sea DX-5000G(リコーのcaplioGX)  F 2.5 ISO161 1/32)

なんでこんなことを思い出したかと言えば、最近のマイブームが心太だから。
やっぱ夏よね

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/02

日本と大韓民国 (もしくは竹島戦争)

竹島の件で急激に関係が悪化しています。
ある意味では、戦争状態にあるといっていい。(自分たちは本当に恐い場所に居る、気がします)
竹島そのものは、今年誕生した新しい島ではないのに、なぜ両国の関係がこんな風になってしまったのか。

発端は、韓国大統領の竹島訪問にあったという報道があります。
その後のお天ちゃんに対する発言も、火に油を注ぐ結果につながっています。

五輪でも韓国サッカー選手の行動が大きな反響を呼びました。
自分は日本人なので、
韓国大統領の行動は行き過ぎていて、子供じみている、と思いますし、韓国サッカー選手の行動も幼稚すぎる、と思いました。

シリアの選手もオリンピックに出ていましたが、政治的な活動や表現はしていません。
状態の緊迫度からすれば、彼らほど自国の窮状を世界に訴えたい気持ちが高まっていた選手達もなかろうと思いました。

歴史的に見て、領土問題は簡単に片付く問題ではありません。
単なる島とはいえ、近代で言えば1982年のフォークランド紛争のように武力に訴える例の方が多いです。

ひるがえって、日本は竹島に関して武力解決を図ることができるかと考えた場合、公式(というか政府レベル)では不可能です。
あくまで法的、対話などによる解決を探るしかありません。
今回のような表だった争いは不毛以外の何物でもない。
百害あって一利なし、です。
むしろ、竹島を韓国の実効支配に置いたままの方が利があるように思えます。
ちょうど、択捉島などをめぐる日露間の関係のように。

 

竹島は日本の領土、と叫ぶ輩がいます。
(韓国にはその反対を主張する輩がいます。)
それが正しい、正しくないの判断を下すのは、日韓の間では100年たっても1000年たっても恐らく難しい。
歴史的にはどうだった、なんて論拠はお互い有利になる歴史的事実を並べるだけで、不毛です。
北海道や択捉など=アイヌモシリをアイヌの人々が返せと言っても、今となっては現実的でないのと一緒です
現状は韓国が実効支配している事実は変わりません。
領土問題というのは非常にセンシティブで難しい。

そんな状況で、ことさら事を荒立てようとする、もしくはナショナリズムを高揚させようとする、韓国の大統領による訪問や、韓国サッカー選手のやり方は、その行動は幼稚なだけです。
なぜそうあたふたとした行動をとるのか、理解に苦しみます。
世界的に同情や共感を得るような行動ではないことだけは確かです。
むしろ後者はひんしゅくを買っています。

韓国の人々には、「そんな行動は誰の得にもなりませんよ?」と諭すにとどめておくべきです。
人によってはそれを「弱腰」と蔑む向きもあります。
そんな(いかにも正義面したうさんくさい強硬な)人々が、歴史上どれほど多くの無関係な人々の命を奪ってきたか。
そういった状態を招いておいて、本人たちは正義面をする、あるいは事後に無関係を装う、もしくは自裁によって自らの不明から逃れようとする。
世の中の悪、とはこういった偏った価値観に縛られた人々が他の人を巻き込んで起こす行動を指すのではないかと、思うことがあります。
これらの人々は日本にもいますし、韓国にもいます。
(特に、どっかの都の知事の愚かな発言や行動は老人の「たわごと」としか思えません。)

そんなわけで、自分は今以上の関係悪化が加熱することは望みません。
韓国ドラマとか、韓流スターとか、あまり見ないし知りませんが最も近い国同士の日本と韓国は仲良くすべきです。(中国も。)
前にも書きましたが、「存小異、求大同」の精神が大切です。

 

 

1200825_windchime_fish

(2012.8.25 窓辺の魚の風鈴 byNEX5N E 16mmワイコン使用⇒12mm F 5.0 ISO1600 1/4000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »