« 国会事故調の最終報告書 | トップページ | 老人医療費 »

2012/07/10

福井の原発再稼働

福井の原発が再稼働されています。

国会事故調の報告をみれば、報告を待たずに実施された再稼働プロセスには多くの問題があるのは火を見るよりも明らかです。
 
様々な問題をを先送りにしたまま、野田は再稼働を決定。
(津波への対応を優先度高くしつつその対策も数年先、地震対策に至っては?、仮に事故が起きた際の準備も検討中、と言う体たらくで。)

そのことに気づいている国会議員は何人いるのでしょうか。
気づいても行動に起こせないのが日本の国会議員なんでしょうか。
そういった先送りが事故の原因と国会事故調の報告が語っており、現時点では福井(その周辺)は福島と同じ道をたどるリスクがあることを告げています。
人間は同じ失敗を繰り返す、と言いますが、原発(核)の失敗の繰り返しはいずれ人類の滅亡につながります。
「放射能」という目に見えない長命な悪魔に対する恐れや想像力の欠如を目の当たりにするにつれ、原子力に関わる人々の無能さに憤りを感じます。
 
 

|

« 国会事故調の最終報告書 | トップページ | 老人医療費 »

コメント

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012/07/10 22:35

日本語には、時制がない。だから、日本語は、現実を表すための言語である。
日本語は、実況放送・現状報告のための言語であるといえる。

理想は、非現実の内容である。
現実を表す言語を使って非現実の内容を示すことは難しい。
現実構文の中の非現実の内容は、すなわち真っ赤なウソになる。
だから、日本人は、非現実を述べることもなければ、考えることもしない。
すなわち、無哲学・能天気の状態になっているのである。

日本語を使って非現実を伝えようとすると、悪意はなくとも、すくなくとも絵空事にはなる。これは、漫画の世界である。
理想にはならずして、空想になる。だから、日本人は、なかなか真面目な態度にはなれない。
理想は常に想定外になる。

金は手段か、目的か。
理想が目的にならないならば、金はその手段にはなりえない。
我が国においては、金は限りなく究極の目的に近い。
これは、人生の間違いである。政治の間違いにもなっている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012/07/10 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井の原発再稼働:

« 国会事故調の最終報告書 | トップページ | 老人医療費 »